人気ブログランキング |

Iwaki QUEEN


明日(5/20・日)は大人気アコギ2本組デパペペLiveです!

明日(5/20・日)は・・・
アコースティックギター2本で、さわやかなメロディーとアコースティックギターの柔らかな音色で心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する2人組ギターインストゥルメンタルユニット【DEPAPEPE】のワンマンライブ 「ほろり二人旅2018」です!!
この「ほろり二人旅」ではアコースティックギター2本のみであらゆるサウンドの曲を表現します。
ほんとにアコギ2本だけなの?と思わせるDEPAPEPEの演奏技法をお楽しみ下さい!
関西出身の彼らのMCは初めてライブを観覧された方も必ず笑顔にさせてくれる事間違いなし!!
楽しいホットなひと時をお楽しみください!!
d0115919_12444057.jpg
■5/20(日)
■DEPAPEPE ワンマンライブ 「ほろり二人旅2018」
■開場16:30 / 開演17:00
■¥5,400(D別)学割高校生以下当日学生証持参で¥500キャッシュバック

■DEPAPEPE デパペペ■
徳岡慶也と三浦拓也で結成されたアコースティックインストギターデュオ。
アコースティックギター2 本で、唄っているかのようなメロディーを紡ぎだす。
心象風景や喜怒哀楽といった感情、四季折々の情緒を表現する。
日本だけにとどまらず、タイ、インドネシア、韓国、中国といった世界を舞台に活躍。

2012年のインドネシアでのJAZZ FESではDEPAPEPEだけで15,000人以上(2日間)もの観客を動員。
翌2013年にはタイでワンマンライブも開催し3000人もの動員を記録している。

「インストミュージックをポピュラーに!」を掲げ、国境、世代も越えて勢力的に活動中!


# by bar-queen | 2018-05-19 12:45 | Comments(0)


本日(5/5・金・祝)13:30~日本トップギタリスト山本恭司Liveです!

本日(5/5・金・祝)13:30~
世界レベルのギタリスト、あのBOWWOWの山本恭司さんの貴重なソロライヴです!
日本ロック界ギターの貴公子「山本恭司さん」久々の『弾き語り・弾きまくりギター三昧』です!
アコースティック、エレクトリックギターを駆使し、独自の世界を紡ぎあげる贅沢なひとりライヴ『弾き語り・弾きまくりギター三昧』。

d0115919_03171993.jpg
■5/5(土・祝)
■山本恭司 弾き語り・弾きまくりギター三昧
■開場13:00 / 開演13:30
■¥4,000(D別)



■山本恭司
http://www.kyoji-yamamoto.com/
ハードロックバンドBOWWOWのリーダーでリードギター&ボーカル。
豪快で圧倒的なサウンドとギターテクニックによりジャパニーズ・ヘヴィーメタル・ムーブメントの先駆けとなった。
デビュー当時はキッスやエアロスミスとのツアーが大きな話題を呼び、その後ロンドンをベースにヨーロッパで3年以上活動、イギリスでチャートインするなど海外での評価も高い。
また、バンド活動以外にもギター・インストゥルメンタル・アルバムのリリースや矢沢永吉のツアーへの参加、ジャズ・フュージョン系ミュージシャンとも数多く共演するなど、幅広い音楽活躍を行っている。

音楽学校メーザー・ハウスの講師としても活躍。



いつも遠方からのお客様もたくさんお越しになって下さいます。
是非いわきの皆様にも味わって頂きたいです。

その品格のある音、立ち振る舞い、音楽やお客様に対する姿勢…
あまりの素晴らしさに度肝を震わせてしまいました。
ですから一度お越しになった方は毎回必ずお越しになっております。

特に、アコースティックギターで弾き語りをやっている方には
恭司師匠のステージを 是非観ていただきたいと切に願います。
絶対ご自分の中に何かが芽生えるはずです。

もちろん音楽をやっていない方は
もう思いっきり恭司師匠の音に包まれてください。

こんな凄いひと時がいわきで味わえるのですから
是非ともお出かけ頂ければ幸いでございます!

# by bar-queen | 2018-05-05 08:30 | LIVE | Comments(0)


明日(4/29・日)は池田聡オールリクエストLIVEです!

「モノクローム・ヴィーナス」の大ヒットでお馴染みの池田聡さん年に一度の恒例Liveです!
今回はいわき初のオールリクエストLIVEという事で満席状態です。
もしご覧になりたい!!という方は電話して下さい!
お席を無理やり作りますv(^o^)/

d0115919_02104693.jpg
■4/29(日)
■池田聡オールリクエストLIVE
■開場14:30 / 開演15:00
■¥4,000(D別)


■ギター1本で歌う池田さんの歌は、しっとりと、
そして暖かく、時にクールに、
聴く人の心を優しく包み込んでくれます。
本当にステキな時間です。
歌唱力が素晴しいのはもちろんですが、いつも感動するのが、そのギターテクニックです。
弾き語りをやっている方には是非観て頂けると、後の自分がスキルアップする事間違いなし!です。

日曜日ですので、遠方の方もLive終了後 電車で帰れる時間設定にしました。


■池田聡
1986年8月、日本大学理工学部在学中に「モノクローム・ヴィーナス」でデビュー、いきなり50万枚のヒットとなる。

都会的なポップさを持ちながらシンプル且つ深い表現力。澄んだ水が染み渡るようでありながら、胸の奥を刺すような痛みも存在する歌の世界観を持つ。
音楽活動、芝居、執筆、企画の立案等、多様な活動を積極的に行っています。


http://www.satoshi.net/

# by bar-queen | 2018-04-28 12:24 | LIVE | Comments(0)


明日(4/15・日)15:00~深川隆成JAZZ Liveです!

歌で黒人音楽のふるさと アフリカの学校建設支援に収益を寄付する試みを続けているジャズヴォーカリスト深川隆成さんの日本語JAZZ ライヴです。
d0115919_02104900.jpg
■4/15(日)
■深川隆成JAZZ Live
■開場14:30 / 開演15:00
■¥4,000(D別)
■JAZZ歌詞の日本語訳に取り組み、英語と日本語それぞれで歌うことで心に同じ風景を届けるのがモットーです。
そして、ライブで得た収益はアフリカ大陸で一番識字率が低い国の一つと言われていますベナン共和国の教育支援基金に寄付を続けています。
黒人音楽を和訳した歌で楽しみ、それが回りまわって人類創世の地でありながら貧困にあえぐアフリカの子供たちに夢を与えたらと思って活動しています。
オリジナル『桜の季節』CDを発売記念ライヴです!



■深川隆成
https://www4.hp-ez.com/hp/ryuseif/page3
JAZZ歌詞の日本語訳に取り組み、英語と日本語それぞれで歌うことで心に同じ風景を届けるのがモットーです。
そして、ライブで得た収益はアフリカ大陸で一番識字率が低い国の一つと言われていますベナン共和国の教育支援基金に寄付を続けています。
黒人音楽を和訳した歌で楽しみ、それが回りまわって人類創世の地でありながら貧困にあえぐアフリカの子供たちに夢を与えたらと思って活動しています。
3月にオリジナルの『桜の季節』というCDを発売致します。

https://m.youtube.com/watch?time_continue=110&v=u7YnsSNcZQs

https://m.youtube.com/watch?v=Gr7CWtxG--A

星野由美子
茨城県水戸出身の女性ジャズ・ヴォーカリスト/ピアニスト。
98年、六本木のジャズクラブ“Misty”にてプロ活動を開始。
2004年に『時空 -toki-』でCDデビューを果たす。
2007年に第23回日本ジャズヴォーカル賞特別奨励賞を受賞して以降は、首都圏を中心に音楽活動を行なっている。
コンサートやライヴでの演奏のほか、学校での演奏指導や講師なども担当。
2013年12月、約10年ぶりとなる2ndフル・アルバム『Soleil ソレイユ』をリリース。


■sax 大川修広
茨城県笠間市出身。高校の吹奏楽でテナーサックスを担当、その魅力にノックアウトされる。
大学時代より独学でジャズを学び、ストレートアヘッドな演奏を身上としている。
ライブ活動だけでなく、自ら教える教室では中高生や社会人にサックスの魅力を伝えるべく奮闘している。
また、請われて、社会人ビッグバンド Castle of Dream Jazz Orchestra の音楽監督も務める。好きな演奏者は、デクスター・ゴードン


ベーシスト篠宏昌
1962年東京生まれ。深川隆成のLIVEで今まで一番多く共演しているプレーヤー。
JAZZ Worldの日本JAZZボーカル大賞授賞式で毎年演奏陣として参加し、多くのミュージシャンに信頼される安心感のあるベテランのベーシスト。
高校時代にジャズに傾倒してベースを始め、昭和大学に進んで松野茂氏に師事。
大学在学中からライブを始める。
藤原幹典・作曲家谷川賢作の「Jigsaw」、世界的なピアニストであるクリヤマコトの「Cool Jive」等、多くの有名バンドに参加。
「Cool Jive」ではCD「A Night For Dingo」を録音している。

歌伴ベーシストとして日本を代表するプレーヤー。

ドラム 山下一樹
1978年3月23日 茨城県生まれ。高校時代に独学でドラムを始める。
卒業後、山崎比呂志氏に師事する。独立後、プロとしての活動をスタートさせる。
その後、広瀬潤次氏に師事。
繊細で優しい音使いと安定感のあるビートに定評があり、様々な演奏者と県内外問わず年間100本程度のライブ活動を行っている。
また、ドラム講師としても活動しており、茨城音楽専門学校(水戸市)にてドラム科専任講師を務める他、茨城県や千葉県各所での各音楽教室でもドラムの指導を行っている。

# by bar-queen | 2018-04-14 18:00 | LIVE | Comments(0)


本日(4/14・土)14:00~ウクレレ奏者Roy Sakuma Live from HAWAI

本場ハワイから素晴しいウクレレ奏者ロイ・サクマさんが来日します!
ハワイで年間800人の子どもたちにウクレレの魅力を伝え、ウクレレ文化の未来を担う活動をされているロイ・サクマさんの愛と夢があふれるステージをお楽しみ下さい!!

d0115919_02101025.jpg
■4/14(土)
■ウクレレ奏者Roy Sakuma from Hawaii
■開場13:30 / 開演14:00
■¥2,500(D別)


◆ロイ サクマは、ハワイのウクレレ指導にかけては右に出るものが無く、楽器の伝道者という高い評判を得ています。
斬新、人をその気にさせる、温かい、面白い、優しいといった言葉は全て、ロイのためにあるようなもの。
30年以上ウクレレを指導しながら、教師、プロデューサー、プロモーターといった役どころ以上の仕事を果たし、数千人の教え子や島のコミュニティに多大な影響を与えてきました。
アメリカの若者が大きくて、やかましくふんぞり返ったギターに身も心も吸い取られた1960年代、ハワイの小さな楽器は屋根裏にうち捨てられていました。
ロイは楽器の真価に気づいていました。
それから30年以上、スタッフ、インストラクター、支援者といった人々の手を借りて、ロイは教え子にウクレレの楽しさを広め、世界中からアーティストが集まるウクレレ フェスティバルを、毎年開催しています。
ウクレレには長い歴史があります。
ウクレレを演奏する姿は、キマッています。
少年たちは授業の合間に、公園で、モールで即興演奏。
ウクレレの音色は聴衆を包み込みます。
ロイ サクマが数十年前に悟ったように、それがウクレレの魅力なのです。


◆ハワイ第一のウクレレ教室
至る所に、先生と呼ばれる人はいます。
中でもロイ サクマは本当の意味で天分を授かった指導者であり、第一人者としての評判を得ています。
ロイは、誰にでも効果的で楽しいウクレレ演奏の指導法を開発してきました。
そのシステムは、すぐにでもウクレレ奏者になれるほど、早く上達し楽しいものです。
生徒たちは、ピッキング、コード、ストラムといった奏法を組み合わせて、知らないうちに弾けるようになります。
ロイ サクマ ウクレレ スタジオでは、30年以上にわたって、数千人もの生徒にウクレレ演奏を理解し楽しむ機会を提供し続けています。
ロイと妻のキャシーは、1974年以降、教室の元教え子たち25人と共に、スタジオをオアフ島内に4ヵ所まで増やしました。
伝統的ハワイアンからポップス、ロック、クラシック、ジャズに至るまで幅広いジャンルの音楽を取り入れ指導しています。
5歳児から大人まであらゆる年齢層で、個人およびグループ レッスンが受けられます。


◆ロイ・サクマ プロフィール
高校を中退した後、人生を投げ出さずに済んだのはウクレレと歌、そして刺激を与えてくれた師のおかげだと、ロイ サクマは思っている。
1964年、ウクレレの神様、ハーブ オオタ(オオタサン)のヒット曲、「Sushi(鈴懸けの径)」を耳にした瞬間、この人と思いきめ熱烈な生徒になったのだ。
それからは、毎日8~10時間は稽古に没頭、彼のウクレレはボロボロになるほどだった。
16歳で、世界最高のウクレレ演奏家になろうと心に決める。
オオタサンに師事することで、新しい世界への扉を開いたのだ。
まもなく、オオタサンはロイに、日本ツアーの間、自分に代わり教室で教えるように言う。
そうするうちにロイは、演奏ではなく、指導こそが自分の天職だと目覚める。
オオタサンはこの若い愛弟子に独立を奨めたが、ロイは演奏家として師の跡を継いだわけではなかった。
それからの彼は事実、ウクレレ指導に全力を傾ける。
ロイは、1974年、最初のウクレレ教室、ロイ サクマ ウクレレ スタジオを開くまで、オオタサンやカマカ ウクレレに代わって指導を行った。
1970年、市の整備員としてカピオラニ公園の清掃を担当していたロイは、公園で無料コンサートを開催し、ウクレレの魅力、技巧を広めることを夢見る。
市役所の友人で師匠でもある、モローニ メデイロスがこの夢に賛同。
メデイロスの助力と道案内で、ハワイ インターナショナル ウクレレ クラブ、およびシティ&カントリー オブ ホノルルを初コンサートのスポンサーに獲得した。
そしてついに、1971年、ノーギャラでの演奏を快くオーケーした地元のミュージシャンらが集まり、「ウクレレフェスティバル」第1回の幕が上がる。
現在、毎年開催のこのウクレレ フェスティバルは、ウクレレ教室生徒(多くが子供たち)800人の大オーケストラ、さらに遠方から著名ミュージシャンを迎え、数千人の観客を動員する、世界でも有数の大イベントに成長した。
ロイは音楽プロデューサーとしても、ウクレレの魅力を余すところ無く、多くのファンに伝えている。
ロイ サクマ プロダクションは、ウクレレ音楽だけでなく、様々なジャンルの集大成を作り上げている。
http://www.roysakuma.net/japanese/
d0115919_02114067.jpg

# by bar-queen | 2018-04-14 10:08 | LIVE | Comments(0)


4/7(土)14:00~ロサンゼルスからスッゴイ ギタリストがやってきます!

4/7(土)は・・・
ロサンゼルスからスッゴイ ギタリストがやってきます!
タップスラップ ギタリスト!GOH ( 黒沢豪)!
LAからの来日ツアーです!!

言葉では伝えられません!
これを観れば一発です!!!
https://youtu.be/-flU5LVY2AE

https://youtu.be/WUOE0UAIpZY

★TV出演 必見です!!
https://youtu.be/EIzIbqKM4ls

https://youtu.be/lWjA0RqRP4s

d0115919_02100419.jpg
■4/7(土)
■タップスラップ ギタリスト 黒澤 豪 from LA
■開場13:30/開演14:00
■¥3,000(D別)

黒澤 豪 http://www.composelife.com/
ロサンゼルス在住、日本生まれアメリカ育ちの GOH ( 黒沢豪) 。
世界を舞台に独自のアコギ・ロック・ジャズ、音の色彩情景とも言われるサウンドスケープ、
さらに国々で愛される歌や文化をアレンジし続けるオリジナル "tap/slap (タップスラップ)" ギタリスト。
世界各地のさまざまなイベントやフェス(ミュージック、芸術、ダンス、スクール、コミュニティセンターなど)に出演するGohの来日ツアーです!


# by bar-queen | 2018-04-02 02:19 | LIVE | Comments(0)


明日(4/1・日)はハートフルコメディ演劇 ながれぼしVOL.1「君に。」です!

ライブハウスを舞台に、幼馴染の二人が織りなす物語。
テーマは「愛」
2人の人生に重なる青春時代、誰もが感じてきた人間の愛おしさ。
泣いて笑って、人恋しくなる90分のハートフルコメディ。
2人の俳優が18歳から48歳までを演じる様子も見ものである。
2017年10月に東京にて旗揚げ公演を開催し、チケット完売で公演を終えた。
再演を求める声も多く、12月25日に再演し、こちらも完売で公演を終えた。
2018年、初の地方公演を3月31日と4月1日の2日間、
福島といわきにて開催する。


■4/1(日)
■ながれぼしVOL.1「君に。」いわき公演
■開場13:00 / 開演13:30
■¥2,500(D別)
■脚本・演出:菅野臣太朗
 音楽:野田浩平
 出演:神木優 太田彩乃

d0115919_04465460.png
d0115919_04474832.png
■ながれぼしとは
脚本・演出家の菅野臣太朗(忍たまミュージカル、他)
作曲家の野田浩平(忍たまミュージカル、他)
俳優の神木優(天地人・MOMOTARO、他)
女優の太田彩乃(TAP-the last show-、他)
の4人で構成される演劇ユニット。
最高に笑って泣けて、大人のココロがデトックス出来るような作品創りをテーマとしている。
ながれぼしのような儚い一瞬のひと時だからこそ、そこに夢や希望、愛のある演劇を。
ながれぼし公式サイト
http://nagareboshi.work

# by bar-queen | 2018-03-31 14:28 | LIVE | Comments(0)


本日(3/25・日)15:00~伝説のロックバンド『外道』の加納秀人さんのLiveです!!

日本のロックの先駆者として今なお研鑽を積む「外道」のフロントマン 加納秀人さんが
音楽活動50周年を記念してソロ名義の集大成的作品を発表!
そのレコ発Liveを本日(3/25・日)15:00から行います!!!

   
上をクリックしてエンターテイメント・メディア "Rooftop"!のインタビューをご覧ください!!

こちらもご覧ください
   ↓
日本のロックの黎明期に一際異彩を放ったオリジナリティの塊、外道!!
d0115919_03233792.jpg
d0115919_03275021.gif
■3/25(日)
■加納秀人from外道
■開場14:30 / 開演15:00
■¥4.000(D別)


■「加納秀人」は伝説のロックバンド『外道』の中心メンバーであり、『バンドとソロ』を中心に勢力的に活動中。
他にプロデュース、セッション、映画音楽監督等でも活動。

★about "外道"

1973年8月白樺高原音楽祭でデビュー。同年10月「にっぽん讃歌」でレコードデビュー。
「香り」「ビュンビュン」などがヒット。「ワンステップ・フェスティバル」、ハワイ・ダイアモンドヘッドでの「サンシャインフェスティバル」、「ワールド・ロック・フェス」など多数のフェスに出演。
ワンマン・ライブは各地で成功を収めるが1976年10月解散。
2010年「加納秀人」を中心に、「そうる透」「松本慎二」で再活動開始。


ROCKな貴方・・・
必見!!ですぜ!!


# by bar-queen | 2018-03-25 08:30 | LIVE | Comments(0)


本日(3/25・日)15:00~伝説のロックバンド『外道』の加納秀人さんのLiveです!!

日本のロックの先駆者として今なお研鑽を積む「外道」のフロントマン 加納秀人さんが
音楽活動50周年を記念してソロ名義の集大成的作品を発表!
そのレコ発Liveを本日(3/25・日)15:00から行います!!!

   
上をクリックしてエンターテイメント・メディア "Rooftop"!のインタビューをご覧ください!!

こちらもご覧ください
   ↓
日本のロックの黎明期に一際異彩を放ったオリジナリティの塊、外道!!
d0115919_03233792.jpg
d0115919_03275021.gif
■3/25(日)
■加納秀人from外道
■開場14:30 / 開演15:00
■¥4.000(D別)


■「加納秀人」は伝説のロックバンド『外道』の中心メンバーであり、『バンドとソロ』を中心に勢力的に活動中。
他にプロデュース、セッション、映画音楽監督等でも活動。

★about "外道"

1973年8月白樺高原音楽祭でデビュー。同年10月「にっぽん讃歌」でレコードデビュー。
「香り」「ビュンビュン」などがヒット。「ワンステップ・フェスティバル」、ハワイ・ダイアモンドヘッドでの「サンシャインフェスティバル」、「ワールド・ロック・フェス」など多数のフェスに出演。
ワンマン・ライブは各地で成功を収めるが1976年10月解散。
2010年「加納秀人」を中心に、「そうる透」「松本慎二」で再活動開始。


ROCKな貴方・・・
必見!!ですぜ!!


# by bar-queen | 2018-03-25 08:30 | LIVE | Comments(0)


明日(3/21・祝)15:00~世界で活躍するピアニスト大西順子Liveです!


■大西順子TRIO Very Glamorous Tour
衝撃のデビュー作『WOW』から25年。
N.Y.「ヴィレッジ・ヴァンガード」、スイスのモントルー・ジャズ祭などのステージに立ち、
世界的に賞賛を集めて来た圧倒的な存在感を放つピアニスト、大西順子さんがセルフ・プロデュースによる最新2作品を携えて登場!
力強くあふれるグルーヴ感、そして繊細さも兼ね備えたダイナミズムなプレイをお見逃しなく!!!。

d0115919_04521837.jpg
■3/21(水・祝)
■大西順子
■開場14:30 / 開演15:00
■¥6,000(D別)
大西順子(pf)、井上陽介(b)、高橋信之介(ds)

プロフィールをご覧ください!!

■大西順子:ピアニスト
http://junkoonishi.runinc.jp/
1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。

1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、 ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。

1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。

1994 年 4 月、セカンド・アルバム『クルージン』が米国ブルーノートより発売される。

5 月、NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。
同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。
1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の 4 部門を受賞。
人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。
その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。

そして 2007 年、多くを語らず活動再開。
かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。
2009年7月、実に11年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』よりリリース。
11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。

2010 年 2 月、『楽興の時』がフランスにてリリース。
3 月には、ユニバーサル移籍第一弾と なる新作『バロック』を、かつてプロとしてのキャリアをスタートさせたニューヨークでレコーディング。
同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。
この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。
オーチャードホールでのCD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。

2012 年夏、突然の引退宣言。

2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。
小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。
小澤征爾率いるサイトウ・ キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい 反響を呼ぶ。

2015 年 9 月、東京JAZZ へ出演。
日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポー ト・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。
2016年6月、菊地成孔プロデュースによるニューアルバム「Tea Times」をリリースする。




# by bar-queen | 2018-03-20 08:30 | お知らせ | Comments(0)

    

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。
by iwaki_queen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
> 大多喜 健太郎さん ..
by bar-queen at 04:04
大多喜健太郎でございます..
by 大多喜 健太郎 at 13:36
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧