Iwaki QUEEN


本日(9/9・日)15:00~小名浜出身イサジ式Liveです!

本日(9/9・日)15:00~
小名浜出身の「漂泊のフォーク者、イサジ式」と伝説のベースマン「岡嶋BUN」Liveです!


イサジさんは、味わい深いで人生を表現する大人のフォークシンガー!
なんともいえない魅力的なお方です。
ベースの岡嶋BUNさんは、その昔 西岡恭蔵さんと「恭蔵&ブン」として
いわきで何度も演奏して下さった素晴らしいベーシストです。


d0115919_03224586.jpg
■9/9(日)
■イサジ式&岡嶋BUN Rolling Folks Tour
■開場14:30 / 開演15:00
■¥2,000(D別)


[PR]
# by bar-queen | 2018-09-09 08:30 | LIVE | Comments(0)


本日(8/19・日)15:30~最高に楽しいラ☆バスガイドスLiveです!

本日15:30~
最高に楽しいエンターティンメントLiveです!!
今話題の女性コーラスユニット「ラ☆バスガイドス」!
バックバンドはその名も「ザ☆ドライバーズ」!!


■8/19(日)
■ラ☆バスガイドス 青春プチTour☆2018IWAKI
■開場15:00 / 開演15:30
■前売 3,500円 / 当日 4,000円(+ドリンク代¥500別途)
■出演/●ラ☆バスガイドス http://la-busguides.com/
    ●M’s BAR
    ●Rocka★Beat! 放課後CLUB
d0115919_04203580.jpg
■ラ☆バスガイドス
 70年代後半から80年代前半にかけて日本でも大流行した女性コーラスを中心としたB級DISCO曲を日本語オリジナル歌詞をのせて唄う女性コーラスユニットとして結成。

 最近では、DISCOに限らずFUNK・Rock'n roll・Reggae・Ska・SwingJAZZから昭和歌謡まで、老若男女にかかわらず幅広い層に向けた完全無欠の観光エンターティンメント!をめざし、全国各地のイベント、企業パーティなどで活躍中。

 2017年5月、ベルウッドレコードより3rdアルバム「ありがたや!」を全国一斉発売☆



[PR]
# by bar-queen | 2018-08-19 08:30 | お知らせ | Comments(0)


本日(8/5・日)鈴木トオル&富澤タク&十輝Liveです!

本日11:30~の超贅沢なLive「Love in IWAKI 3menLIVE」です!!

『シャイニン・オン~君が哀しい~』の大ヒットでお馴染み、迫力のハイトーンボイス「鈴木トオル」さん。
グループ魂、Number the.で大活躍!いわき出身ロックスター「富澤タク」さん。
広島を拠点に活躍するシンガーソングヒッチハイカー「十輝」さん。
3人の個性が紡ぎだす優しい贅沢なひと時をゆったりとお楽しみください!!

d0115919_04202822.jpg

■8/5(日)
■Love in IWAKI 3menLIVE 鈴木トオル&富澤タク&十輝
■開場13:00 / 開演13:30
■¥4,000(D別)

■『シャイニン・オン~君が哀しい~』の大ヒットから33年。元LOOKのメインボーカリスト鈴木トオルさん。

LOOK脱退後もソロシンガーとして活躍、洋楽・邦楽・男女を問わず歌いこなす歌唱力と印象的なハイトーンボイスは年月を経ても色褪せることなく、聴く人を魅了し続けている。

現在全国のライブハウス等を年間に130本を超える驚異的な数で訪れているが、自身の公式サイトで福島への思いを綴り、福島応援のTシャツを販売、いわきへも度々来市しライブを行っている。

■グループ魂、Number the.での活動や「のどごし生」等のCM曲制作、プロデューサーとしても活躍中のいわき出身富澤タクさん。
2011年東日本大震災のチャリティーソング「予定~ふくしまに帰ったら~」を箭内道彦氏らとリリース。
東京在住ながらBorn in the福島とサブタイトルを冠し、毎月いわきでのFM番組を担当。
2017年発売のソロアルバムのジャケット写真は生まれ育った「いわきの海」という いわき愛を持つ。


■広島を拠点に路上や店舗等で歌い、自身のCDを手売りしながら47都道府県をヒッチハイクで縦断した、現在24歳の「シンガーソングヒッチハイカー」十輝(TOKI)。
根強い活動と端正な顔立ちで広島のTVやラジオ、舞台等での活躍の場を拡げ、
広島で野外ライブメインアクトやホールライブを行うまでになる。
2012年より毎年夏、福島の子供たちと海や山での野外活動とミニコンサートに参加し、その縁でいわきのエブリアやワンダーファーム、THE QUEEN他でライブ活動を行っている。


東京、広島、音楽ジャンル、年齢‥普段であれば なかなか出会うことのない3人のミュージシャンが
『いわき』をキーワードに集まり
それぞれの世界、それぞれの音をQUEENに響かせます。
どんな音、どんな感動が待っているでしょうか?
あなたもぜひ、確かめにお越しください。

■鈴木トオル (EX.LOOK)
http://www.the-musix.com/tohru/

1985年、LOOKのリード・シンガーとしてデビュー曲『シャイニン・オン~君が哀しい~』が大ヒットとなる。
1988年12月の渋谷公会堂公演を最後に脱退。1989年より、鈴木トオル名義でのソロ活動開始。
TBSドラマテーマ曲『祈り』や『マリアージュ』など沢山のオリジナルをはじめ、バッドフィンガー『Without You』や中森明菜『スローモーション』(ノエビア化粧品)等 洋楽、邦楽のカヴァーを発表し、好評を得ている。
一方、『Love in City ~』と題したライヴは今や年間に130本を超える程に浸透し、同タイトルのライヴで現在も全国を巡る旅を続けている。

そんなライヴを重ねてながらファンの声やリクエストにも応えたアルバム制作も意欲的に行い、ニューアルバム「RECORD」が絶賛発売中。


■富澤タク Taku Tomizawa(グループ魂/Number the.)
http://www.taku-tomizawa.net/

日本 福島県いわき市出身 武蔵野美術大学造形学部卒
ミュージシャン ギタリスト シンガー 作詞 作曲 プロデュース。 他、絵。

1987~1989 Johnny Guitar
1989~1991&2015 COR-SEZ
1991~現在 Number the. (1991~1993 Number 9、1993~1997 Number the 9)
2002年~現在 グループ魂
2008年~TOKYO MOOD PUNKS
プレイヤー、ライター、プロデューサーとしても数々のアーティストと作品を制作。
自身がリーダーのバンド「Number the.」は2枚のアルバムをリリース。
2011年東日本大震災のチャリティーソング「予定~○○に帰ったら~」を、 箭内道彦氏らとリリース。
現在も続く全国版の全てに参加。
「COR-SEZ」は長い休止を経て2015年に初の公式音源をリリース。
「グループ魂」ではNHK紅白歌合戦出演、日本武道館公演など果たす。


■十輝(TOKI)

広島を拠点に活躍するシンガーソングライター。
13歳から「流し」を覚え、広島本通近辺を中心に路上や店舗で歌を披露し始める。
18歳~19歳に自身のCDを手売りしながら47都道府県をヒッチハイクで周った 自称「 シンガーソングヒッチハイカー」。
その後活動の場を広げ、2014年 中国放送RCCラジオにて自身の番組「十輝のヒッチハイクradio」放送決定

2015年 広島テレビ テレビ派ランチ「笑ん家」レギュラー出演。
広島県民文化センターにてワンマンライブ。
470人動員目標達成
広島県国営備北丘陵公園 花火祭にて4000人の野外会場でのワンマンライブ
2016年 十輝HaiiTour2016 広島県内ホール3ヶ所にて開催。
2017年 広島本大賞受賞『エンジェルボール』を原作とした舞台「赤魂 akadama」へ準主役の早野役で出演、好評を得る。
現在は様々なイベントやライブハウスで活動中。
ハーフを生かし、洋楽オールディーズをカバーし、またバイリンガルのオリジナル作詞作曲を制作している。
音楽がもたらしてくれる不思議な感動を人と分かち合いながら、広島を拠点に全国で人脈を広げていく試みでいる。


[PR]
# by bar-queen | 2018-08-05 08:30 | Comments(0)


本日(7/31・火)はツインジャズボーカル+超絶ピアノ!「Shiho×Shanti×柴田敏孝」Liveです!

本日のQUEEN Liveは・・・
元Fried Prideのボーカルshihoと、
ゴダイゴドラムス トミー・スナイダの実子shantiのツインジャズボーカルと
ピアニスト柴田敏孝によるスペシャルユニットライブです!
d0115919_14352844.jpg
■7/31(火)   
■Shiho×Shanti×柴田敏孝「イニシャルS」
■開場18:30 / 開演19:00
■¥5,000(D別)


■Shiho(ex. Fried Pride)
http://www.friedpride.com/

ジャズボーカリスト。2001年に日本人として初の米国のコンコードよりFried PrideのボーカリストとしてCDデビュー。
類いまれない歌唱力を武器に2016年12月のFried Pride活動終了(解散)まで、ブルーノートやビルボードライブを中心に全国各地のライブハウスや東京ジャズなど多くのJazzイベントに出演、米国ブルーノート・ニューヨークなど海外でもライブ活動を積極的に行いライブハウスやイベンに多数出演している。
過去TV番組ナビゲーター(BSフジ)、ミュージカル「RENT」など舞台にも出演するなど多彩にその才能を発揮し、Fried Prideの活動を通じても、頭突きで瓦を割る女性(武田梨奈)で話題になったセゾンカードのCMソング、2016年秋にはルクセンブルクにてオーケストラとの共演、など、「ボーカリストShiho」としての知名度を上げた。
解散後はソロのJazzシンガーとしてライブ活動中心に現在も積極的に行っている中、新たなチャレンジとして武田真治(Sax)、TJO(DJ)とEDMユニットでも活動し「ULTRA JAPAN 2017」にも出演した。


■SHANTI
https://www.shantisnydermusic.com/

ゴダイゴドラムスであるトミーの実子。
幼い頃から様々な音楽に触れてきたSHANTIは、小学生の時、聖歌隊で賛美歌を歌い、ミュージカルも経験。
97年バークリー音楽院サマースクール留学帰国後、CMの作詞作曲、ナレーション、ライヴ活動等を開始。
十代からUNIQLOなどを含む多くのCMソングを経て(作詞・歌唱・ナレーション)菅野よう子との出会いにより、アニメーション映画「天空のエスカフローネ」の「SORA」や『攻殻機動隊』などでの歌唱を行う。
2010年6月コロムビアより『Born To Sing』でメジャー・デビュー。
配信アルバムがiTunesのジャズ・チャート1位を獲得するなど、発売直後から「SHANTI」の名とその類まれなるオーガニック・ボイスは、瞬く間に日本全国へ知れ渡る。
2014年11月に大人のためのララバイ・アルバム『SHANTI’S LULLABY』をリリースし、ハイレゾ配信e-onkyoにて配信チャート2週間連続1位を獲得、さらには過去のアルバムも含めて1〜6位を独占し、オーディオ誌で”ハイレゾ時代の歌姫”とうたわれた。
2017年2月に公開された小日向文世主演映画「サバイバルファミリー」の主題歌を担当した。


■柴田敏孝(Pf)
http://toshitakashibata.com/
1983年11月2日 北海道岩内町生まれ。
3歳から電子オルガンを弾き始め、5歳でピアノに転向。
小学校高学年の頃から父親とその仲間によるセッションにも加わるようになり、ブルースやジャズを体感する。
東京都内音楽大学付属高校に進学のため、単身上京し、在学中より演奏活動を開始。
自己のトリオで演奏している所をドラマーの村上”ポンタ”秀一に認められ、20歳で新メンバーで結成されたNEW PONTA BOXに参加し、アルバムリリース、ツアーを行う。
それと同時に彼の勧めでアーティスト名を「柴田敏弥」に変えて活動を開始した。
一方でジャズヴォーカリスト&フリューゲルホーン奏者のTOKUのレギュラーバンドや民謡歌手の伊藤多喜雄のバンドにも参加し活動の幅を広げる。
The Gospellersのメンバーである北山陽一のソロプロジェクトではバンドマスターを務める。
クラブミュージックシーンでは20歳の頃よりCalmのバンドで活動。
数枚のアルバムに参加し、現在もリリースツアーには毎年参加している。
NY在住ギタリスト西藤大信が毎年夏に行う全国ツアーでは、来日しているNYのミュージシャンに混じり演奏、好評を博している。
2010年夏、無期限の休業を宣言した大黒摩季の休業前のツアーに参加し、重要な役目を果たした。
さらに2010年12月にはジャズシンガーakikoの『The Best Release Tour』でバンドマスターを務める他、J-POPSのレコーディング、ライブサポート等、さまざまなジャンルやバンドで活動中。
2011年よりアーティスト名を本名の「柴田敏孝」に戻す事を決意し、現在に至る。


[PR]
# by bar-queen | 2018-07-31 08:30 | Comments(0)


明日(7/17・火)は世界レベルトップドラマー村上”PONTA”秀一さんのLiveです!

明日(7/17・火)は・・・
世界のトップアーティストとして、また超一流のサウンドプロデューサーとして日本の音楽シーンをリードしてきた村上”PONTA”秀一氏が惚れこんだ、
6弦フレットレスベースの服部龍生氏とのDUODuo Bleu」Liveです!

これは音楽の常識をくつがえし、ベースとドラムのデュオという概念を打ちくだく、世界初の異色のデュオプロジェクトである。
メロディを奏でる超絶6弦ベースに、神業ドラムが挑み、絡みつき、突き放し、また寄り添う。
そこには二人の魂から生まれる、言葉のない歌がある。
何の常識にもセオリーにもとらわれず、解き放たれた演奏は心の奥のイマジネーションを呼び起こす。
ベースとドラムでありながら、どこまでも優しく美しい音楽。
音楽への愛と信頼でつながった村上”PONTA”秀一と服部龍生の、新たな時代への挑戦がここにある。

d0115919_14353114.jpg
■7/17(火)
■Duo Bleu(村上”PONTA”秀一&服部龍生)
■開場18:30 / 開演19:00
■¥4,500(D別)
■村上"ポンタ"秀一(ドラムス ) 服部龍生(6弦ベース)
簡単なご紹介動画はこちらです。
https://youtu.be/sZpE9OQkWj4
-------------------------------
二人の音楽は、服部龍生のオリジナル曲と村上”PONTA”秀一の自由なドラムアプローチで構成されております。
すべての楽曲がひとつのストーリーや情景を意識したものになっており、
言葉のない音楽ですので、ご自分の世界で見えてくる絵や色や風景があるかと思います。
ライブというより、ギャラリーに絵を観にいらした気分で、ご自分の情景を心に描いて楽しんでいただけましたら幸いです。
聴かれる方のご自由なイマジネーションによって、この音楽が完成されると信じております。


---------------------------
★プロフィール


■村上“ポンタ”秀一(Shuichi ”PONTA” Murakami ):Drums 

1972年に”赤い鳥”に参加して以降、渡辺貞夫、山下洋輔、坂本龍一、Ray Charles、 B.B.Kingら、国内外の超一流ミュージシャンとセッション、さらに井上陽水、山下達郎、松任谷由実、矢沢永吉、沢田研二、桑田佳祐、Dreams Come Trueなど、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加。
1993年、“PONTA BOX”を結成し、1999年、フジテレビ系「ニュースJAPAN JAZZ GIANTS」に出演、同局『スーパーニュース』の音楽も担当。
1998年に音楽生活25周年を記念した『Welcome To My Life』、04年には30周年アルバム『MY PLEASURE』を発表。
2003年4月よりフジテレビ系「堂本兄弟」第2期DOMOTO BROS.BANDとしてレギュラー出演。
2006年には、プログラミング音源に対してドラムでインター・プレイを試みた問題作『Rhythm Designer』発表、その青山円形劇場でのライヴ映像作品が話題に。
2013年には40周年記念アルバム『Rhythm Monster』を発表。
2016年には二冊目の著書で、日本の70年代音楽史を独自の視点で語る「俺が叩いた。」を出版し好評を博している。
2018年はデビュー45周年となり、4/6の中野サンプラザでの記念コンサートを始め、数々の記念イベントが企画されている。
現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、いちドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げ、今もなお常に進化し続ける世界のトップアーティストである。
《村上”PONTA”秀一 オフィシャルサイト www.ponta.bz


■服部龍生(Ryusei Hattori)6 string bass   

6弦フレットレスベース一本でオリジナル曲を奏でるソロ演奏家。
ベースをクラシックギターのように弾くスタイルで、メロディーの美しさが際立つ立体的な深い響きと豊かな表現力で創りあげる独特の世界観に定評がある。
ジャンルに縛られることのない楽曲は年齢や性別を問わず、アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、台湾でのコンサートを通じて海外にもファンが多い。
2001年より6弦ベースのソロ奏者としてオリジナル曲を発表し続け、京都の知恩院や法然院などでも演奏の機会を与えられてきた。
2005年、アメリカ・カリフォルニア州サンタクルーズ市で開催される、International Live Looping Festival にヘッドライナーとして初参加。
2006 / 2008 / 2010年にはスペシャルゲストとして招待され、ボストン、カリフォルニア州各地でも演奏。
2012年より、カホンのサポートを受けてVientoAzulとしてデュオ活動も開始。
2013年、VientoAzulとして2枚のアルバムを全国発売(完売)。
2013年春、台湾の国立台南芸術大学、玄奘大学、台南応用科技大学にて、記念式典の演奏やワークショップでVientoAzulの演奏。
2013年秋、2枚目のアルバム、Session on the Earthリリースツアーとして、ヨーロッパツアー(フランス、イギリス、スペイン)の各地で演奏し好評を博す。
スペインではマドリッドのセントルイス大学音楽学部での特別講義を依頼され演奏。
2015年よりパーカッション奏者池田安友子氏とのデュオ、Arstile(アルスティーレ)の活動を始め、全国30数カ所でライブを開催。
2016年 台湾の台南応用科技大学より学会の開会式の記念演奏と特別講義とワークショップに招聘された。
2016年よりArstileにドラムスの村上"PONTA"秀一氏が参加してトリオユニットArstile with PONTAのライブを全国16都市で開催。
2016年7月より、村上氏とのデュオ演奏も開始。 以来、現在まで、北海道、東北、関東、中部東海、信州、関西、中国、四国など、合計100本以上の公演を開催。
この間、首都圏、関西、東海地区にて定期的にソロライブツアー開催。
現在はソロ活動と並行しながら、ドラムスの村上”PONTA”秀一氏とのデュオ、Duo Bleu(デュオ・ブルー)の活動に力を注ぎ、毎月の全国ツアーを展開している。
《服部龍生 オフィシャルサイト  
http://www.ryuseihattori.jp 》

facebook : https://www.facebook.com/pages/Ryusei-Hattori-6-string-bass/157994517615003?ref=bookmarks
Twitter : https://twitter.com/ryusei6stbass

服部龍生は、6弦フレットレスベースをクラシックギターのように、1人で同時にメロディと伴奏(和音)とベースラインを弾いて演奏いたします。
いわば、エレキギター2台とエレキベースを同時に弾いているようなものだとよく言われます。
メロディ、ハーモニー、リズムの音楽のトライアングルが極めてバランスよく、しかもベースという楽器一台で構築されている音楽は世界でも例がない、と専門家からの評価をいただいております。

[PR]
# by bar-queen | 2018-07-16 14:01 | Comments(0)

    

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。
by iwaki_queen
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧