人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1/22(日)は、
『シャイニン・オン~君が哀しい~』の大ヒットでお馴染みの鈴木トオルさんソロライヴです!
---------------------------------
■2023.1/22(日)
『Love in Ctiy いわきQUEEN /Buon Anno Nuovo 鈴木トオル』
■時間:開場14:00/開演14:30
料金:前売4,500円/当日5,000円(共にドリンク別)
出演:鈴木トオル(Vo.g)
問合せ:チケット予約:0246-21-4128
---------------------------------
2023年1/22(日)は、『Love in Ctiy いわきQUEEN /Buon Anno Nuovo 鈴木トオル』Liveです!_d0115919_00462066.jpg
★鈴木トオル Toru Suzuki
1985年、LOOKのリード・シンガーとしてデビュー曲『シャイニン・オン~君が哀しい~』が大ヒットとなる。
LOOK脱退後もソロ・シンガーとして身近に感じる「愛」をテーマにした多くの作品を世に送り出している。ノエビア化粧品や欧州車アウディなどのコマーシャルでも洋邦の代表曲をカバーした楽曲が使用され好評を得た。
一方、『Love in City ~』と題したライヴは今や年間に130本を超える程に浸透し、同タイトルのライヴで現在も全国を巡る旅を続けている。そんなライヴを重ねてながらファンの声やリクエストにも応えたアルバム制作も意欲的に行い、ニューアルバム「RECORD」が絶賛発売中。


# by bar-queen | 2022-11-21 00:53 | LIVE | Comments(0)
 日本が誇るスーパーカリスマギタリスト「三好“3吉”功郎」と
八戸のエキセントリックカリスマ「セシルギリコ」とのスペシャルDUO!!
---------------------------------
■12/4(日)
■セシル・ギリコ&三好“3吉”功郎 DUO LIVE
■開場14:30/開演15:00
■前売¥4,000/当日¥4,500(D別)
---------------------------------
12/4(日) は、セシル・ギリコ&三好“3吉”功郎 DUO LIVEです!_d0115919_23011824.jpg
12/4(日) は、セシル・ギリコ&三好“3吉”功郎 DUO LIVEです!_d0115919_23014480.jpg
◆セシル・ギリコ

セシル・ギリコ(瀬知素子) ヴォーカル

高校を中退して上京後、SM業界などアンダーグラウンドに長く棲息しつつWEB・DTPデザイナーとしても活動。

その後もサブカルチャーの世界を彷徨い続け、’06年歌手活動を開始。ノーキー・エドワーズ来日公演のゲストボーカルに抜擢されプロとしての初ステージを踏む。

以来現在に至るまで、八木のぶお、三好”3吉”功郎、仙波清彦らとライブを重ねる。

2008年、「夏川あき」として突如踊り子デビュー。

17分間の舞台構成、脚本、衣装、音楽、ナレーション、照明に至るまで、全てをたったひとりで創りあげる経験は、その後の舞台人生の貴重な財産となった。
2014年に地元八戸に移住、直後から数々のイベントを開催。

演じる側と共にプロデュース、制作側として新たな世界を拓き、八戸の隠れた魅力にスポットを当てた斬新な企画が注目を浴びメディアにも大きく取り上げられた。
同時に東北ブロック紙「河北新報」のコラム連載執筆陣にいも抜擢された他TVへの出演も多数。
現在は八戸にて自身のサロンバー「サロン・ド・ギリコ」経営の傍ら音楽活動を再開。2020年からセシル・ギリコ&ギリギリボーイズとしてツアーを始めた


◆[三好“3吉”功郎]みよし“さんきち”いさお
http://sankichi.fun/
高校在学中にギターを始め、大学入学後、ジャズに興味を持つ。
1983年上京し、本田竹広、ポールジャクソン等、様々なミュージシャンと共演。
村上“ポンタ”秀一と「3吉・ポンタUNIT」を結成、初リーダーアルバム「サンキチズム」を発表。
3作目の「ユアスマイル」では、念願であったハーモニカの巨匠、トゥーツ・シールマンスとの共演も果たす。
1998年頃よりポップス界へも活躍の場を広げ、JUJU、絢香、辛島美登里、等と、
2002年からは矢沢永吉のツアーに、ギタリスト兼バンドマスターとして参加。
以後、現在に至るまで、断続的に彼との共演は続いている。
その一方で2005年からは森山良子のツアー、レコーディングにもギタリスト兼バンドマスターとして参加するなど、ファーストコール・ギタリストとして活躍している。
元SMAP稲垣吾郎の舞台にもギタリストとして参加。そして2020年、17年ぶりのフルオリジナルアルバム「my little songbook」をリリースした。

# by bar-queen | 2022-11-20 23:10 | Comments(0)
地元いわきで活躍するサリナさんの恒例フラメンコLiveです!
-----------------------------------
■11/20(日)
サリナ舞踊教室フラメンコ LIVE Solo una flor ~1つだけの花~
■会場まちポレいわきB1プラス
■開場14:30/開演15:00
■¥3,000(D別)

◆【出演】
サリナ:踊り&ラテン歌
今田 央:フラメンコギターリスト
深谷恵子:カンテ(フラメンコ歌手) 
石川敏恵:ソロバイレ(踊り)
渡辺美和:ソロバイレ(踊り)
サリナ舞踊教室フラメンコ生徒

◆[協力]サリナフラメンコギター部(講師:今田 央)
-----------------------------------------
本日(11/20・日)は、サリナ舞踊教室フラメンコLiveです!_d0115919_00251297.jpg
◆サリナ プロフィール
 幼少の頃より横山慶子モダンバレエ研究所でモダンバレエを学ぶ。
 高校時代は新体操部で活躍し市大会で優勝する。
 その後、インテリアデザインを学びながらモダンジャズダンスを学ぶ。
1990 小野恵美子先生にフラメンコ舞踊を学び、舞踊団に所属。
    代教を勤め、各種公演、イベント、パーティー等に出演。
1995 渡西。帰国後、カンテをエンリケ坂井に師事する。
1996 ディナーショーでスカウトされ、歌手&ダンサーとしてセンチュリーレコードにてCDデビューする。
1997 ラテン・カンツォーネ・ボイストレーニングを、暖みえこ先生に師事。
    フラメンコを鍵田真由美先生に師事。
1998 サリナ舞踊教室フラメンコ を開設(いわき、日立、仙台、郡山)
2001 カンテをアギラール・デ・ヘレスに師事。パルマをアントニオ・サンルーカルに師事。
6月 仙台市民会館で、第一回 サリナ舞踊教室フラメンコ 合同発表会を開催する。
12月 日立市十王ホール「アンダルシアの風」公演 TV、マスコミ等に出演する。
2002 渡西 ソラジャ・クラビホ、メルセデスルイスに師事。他、現在もたくさんのスペイン人アーティストに師事。
2003 音楽集団RENfEyサリナのユニットでフラメンコ&ラテン音楽でツアーライブ。
2005 日立市オペラ・カルメン公演に、フラメンコダンサー役で出演。
   第2回発表会開催。いわき市文化センター。  日西フェスティバル  東京:船堀タワーホール
2006 東京恵比寿イベリア“サラ・フラメンカ・アカデミア”の講師を務める。
  サリナデビュー10周年コンサート「Mi Camino開催」。いわき市文化センター。
2007 「フラメンコ・ルネッサンス21」出演。なかのZEROホール。
2008 サリナ舞踊教室フラメンコ 開設10周年記念公演。「Perto Contigo」開催。いわきアリオス大ホール。
2009 いわき医師会<命>いわきアリオス中劇場。  サリナフラメンコ舞踊団クリスマスライヴin日立GeorgeHouse。
2011 宮城県七ヶ浜劇場公演
2012.4.30 イベリア東日本大震災復興支援チャリティーフラメンコ公演 PASION FLAMENCA in いわきアリオス中劇場
10.27 第2回東北フラメンコフェスティバル2012 in 福島に出演。福島テレビより東北フラメンコフェスティバルのドキュメンタリー番組取材を受け放送される。
11.11 いわきアリオス中劇場にて「LOS VINCULOS」 サリナ舞踊教室フラメンコ公演開催。
2014.12.14 サリナ Presents クリスマス ラテン&フラメンコライヴ in いわき市 Bar Queen
2015.11.22 サリナ舞踊教室フラメンコ・ソリスタ・ライヴ「Grandes Estrellitas del Flamenco」 in いわき市 THE QUEEN
2016.3.24/27 舞台芸術基礎講座<舞台・照明・音響>「はじめの一歩」Vol.10 in いわきアリオス中劇場
7.14   スペイン大使館主催:スペインのオペレッタ、サルスエラの名作「ルイサ・フェルナンダ」公演 in 駐日スペイン大使館ホール
6.17   ファミリア・ジャマキート ライヴにゲスト出演! in  いわき市ワシントンホテル <ラ・パリ~ジャ>
9    渡西 スペインアンダルシア地方を、フラメンコ舞踊家ソラジャ・クラビホと、フェルナンデス一族と共に、スペインとフラメンコの文化を学びながら巡る!
      カンテ&パルマをルイス・モネオに学ぶ。
11.19 スペインのへレスより、ソラジャ・クラビホを、いわき市サリナ教室に招致し、本場のフラメンコを生徒と共に学ぶ!
11.20 日本にソラジャを招致した、著名なフラメンコ舞踊家の方々と、老舗エスぺランサにてライヴを開催!
12.11 Viento de Andalucia ~アンダルシアの風~サリナデビュ~20周年記念! Sarina y サリナ舞踊教室フラメンコライヴ in いわき市 THE QUEEN
2017.4.16 中島万紀子とことんトーク&サリナフラメンコライヴ in アリオス小劇場
  5.7  アリオス舞台芸術企画!はじめの一歩に出演 in いわきアリオス中劇場
2017&2018 FMいわきにて、陶芸家の秤屋苑子先生の番組にゲスト出演!
2017.9   渡西スペインアンダルシアJEREZに滞在し、ソラジャ・クラビホ&ホセリート・フェルナンデスにフラメンコ舞踊、パルマ、歌を学ぶ!
       ルイス・モネオに、カンテとパルマを学ぶ!
11.8  福島中央テレビ<ゴジてれChu!>フラメンコと紅葉のコラボレ~ション生中継フラメンコライヴに出演!
11.21 Soraya Clavijo 企画公演に出演! Soraya Clavijo y Joselito Fernandez Special Laive!in 西日暮里アルハムブラ
12.10 Sarina Live 2017 featuring Flamenco Jazz project Urushi in いわき市平The QUEEN
2018.1.18 サルスエラ公演~パロマの前夜祭~フラメンコダンサー役で出演! in 代々木上原 MUSICASA
7.7 サルスエラ公演~パロマの前夜祭~フラメンコダンサー役で出演! in 四ツ谷セルバンテス文化センター
11.18 サリナ舞踊教室フラメンコ開設20周年記念公演
         ~EL 20 avo ANIVERSARIO DE CAMINO EN EL GRUPO FLAMENCOーSARINA~in いわき市アリオス小劇場
11.3 SIETE MUJERES BRILLANTES! サリナフラメンコ舞踊団ソロLIVE in いわきPit
2020.3 日本サルスエラ協会スペイン公演ツア~出演決定!新型コロナウイルスの影響にて中止。
2021.11.13 AFF 全国名所xフラメンコ 福島公演 in 福島市 旧広瀬座公演出演
    11.28 サリナデビュ~25周年記念Flamenco Live~Mi camino~私の道… in いわきPit
    12.19 AFF フラメンコグループ ルセーロス公演 LUSEROS~輝く星達~vol.4
                            ゲスト出演 in 浅草橋 LA BARRICA
2022.6.18   清里スペイン音楽祭(日本サルスエラ協会) 出演 in 山梨県清里(板倉邸)
2022.10.15  福島復興LIVE in 浅草橋LA BARRICA
2022.10.30  文化庁AFF2 Teatro FLAMENCO公演に出演 in 猪苗代町体験交流館「学びいな」

現在、サリナ舞踊教室フラメンコにて後進の指導、フラメンコ舞踊家&ラテン歌手として各地ライヴ活動中。
都内タブラオに出演中。
スペインオペラの日本サルスエラ協会理事。サルスエラ公演にフラメンコダンサー役にて2001年より出演中。 
日本フラメンコ協会正会員。


# by bar-queen | 2022-11-20 08:30 | LIVE | Comments(0)
11/14(月)は、元Fried PrideのジャズボーカリストShihoさんのセカンドアルバム「COLOR」リリース記念Liveです!
日本人として初の米国コンコードレーベルよりFried Prideのボーカリストとしてデビュー!
類いまれな歌唱力を武器にソロ・ジャズボーカリストとしてライブ活動中心に国内外で大活躍!
これは見逃せないLiveです!!

■11/14(月)
■Shiho (ex.fried pride)
■開場18:00/開演18:30
■前売¥5,000/当日¥5,500(D別)
◆【出演】Shiho(vo.) 畑野圭慧(pf)
本日(11/14・月)は、ジャズボーカリストShiho (ex.fried pride)Liveです!_d0115919_01003743.jpg

◆Shiho

https://www.shihojazz.com/

ジャズボーカリスト。

2001年に日本人として初の米国コンコードレーベル(日本国内はビクター)よりFried PrideのボーカリストとしてCDデビュー。

類いまれな歌唱力を武器に2016年12月のFried Pride活動終了まで、ブルーノートやビルボードライブを中心に全国各地のジャズライブハウスや東京Jazz、福岡中州Jazzなど多くのジャズイベントに出演。

海外でもジャズの本場である米国ブルーノート・ニューヨーク公演や、世界最大のJazz Fessであるジャカルタの「International Java Jazz fess」をはじめライブハウスやイベントに多数出演し、一躍国内トップジャズボーカリストの仲間入りを果たした。


Fried Prideの活動を通じ、頭突きで瓦を割る女性(武田梨奈)で話題になったセゾンカードのCMソング、2016年秋にはルクセンブルクにてオーケストラとの共演、TV音楽番組ナビゲーター(BSフジ)、ミュージカル「RENT」など舞台にも出演しその才能を多彩に発揮するなど、「ボーカリストShiho」としての知名度を上げた。


解散後はソロ・ジャズボーカリストとしてライブ活動中心に現在も国内外で積極的に行っている中、新たなチャレンジとして武田真治(Sax)、TJO(DJ)とEDMユニットでも活動し「ULTRAJAPAN 2017」出演、その後も武田真治とのコンビで和田アキ子50周年記念として日本武道館で開催した「ワダフェス」にも出演した。

2017年11月アンリ・ルクセンブルク大公国大公殿下(国家元首)訪日時にて安倍首相主催の晩餐会にルクセンブルクで活躍する日本人として招待を受け出席した。


2019年6月5日、中洲ジャズナイト公式ソング「Happy Song」も収録された初のソロアルバム「A Vocalist」をセルフプロデュースによりキングレコードよりリリース。


◆畑野圭慧 Yoshie Hatano(ピアニスト/作編曲家)

https://www.pianist-yoshiehatano.com/

情景を紡ぐ"Scenic Pianist"

九州での音楽活動を経て 2018年に上京。

小学生の時に観た映画から感化され、”情景のうかぶ音楽”をつくりたい、演奏したいと思うようになり、ジャンルを超えた現在のプレイスタイルにつながっている。


モード感漂うエッジの効いたビジュアルとはギャップのある、聴衆にダイレクトに訴えかける一音一音魂の宿るようなあたたかく叙情的な演奏、時にはテンションが高ぶり思わず立ち弾きしてしまうような躍動感あふれる演奏など感情豊かな演奏には定評がある。


​ また2022年5月、念願だった大編成(ピアノ・弦15本・ギター・パーカッション・アコーディオン)同時録音によるレコーディングを終え、ディスクユニオン モダンクラシックレーベル『1magine label』より19人編成で録音したアルバム”Sincere"をリリース。


これまで発表したオリジナル曲”Canvas” や”Yuyakezora”はNTT Docomo のCM、福岡タワーPV等の タイアップも。また、2018年にはサガテレビの番組コーナー 『維新伝心』(明治維新150周年記念 年間特別番組の音楽を手がける。


2022年7月に行ったCOTTON CLUBでの公演は大変好評を博し、

更には2022年11月、日本のクラシックホールの最高峰、サントリーホールブルーローズにて、クラシックホールでは初の試みである"音楽とカクテル"のコラボとなる、畑野圭慧5th anniversary memorial concertを開催予定。


本日(11/14・月)は、ジャズボーカリストShiho (ex.fried pride)Liveです!_d0115919_01004009.jpg


# by bar-queen | 2022-11-14 08:30 | LIVE | Comments(0)
久之浜出身のパリ在住フルーティスト 木村百合子さんが自己のトリオで来日します!
フランス生粋、ヨーロピアンモードジャズ、アコースティックトリオ・ジャパンツアー!
繊細かつダイナミックなジャズフルート生の魅力を是非お楽しみ下さい!


------------------------------
■開場13:30 / 開演14:00
■¥3,500(D別)
■【出演】木村百合子(フルート)&マチュー・ロフェ(ピアノ)&ケビン・ルケッティ(ドラムス)
11/13(日)は、パリから「木村百合子&マチュー・ロフェ トリオ」来日ツアーです。_d0115919_14135052.jpg
11/13(日)は、パリから「木村百合子&マチュー・ロフェ トリオ」来日ツアーです。_d0115919_14135962.jpg
◆木村百合子

1978年生まれ。福島県いわき市出身。
2001年国立音楽大学器楽科(フルート専攻)卒業後渡仏し、2003年サンモール地方国立音楽院にて満場一致の一等賞を得る。
ピカルティ・ヨーロッパコンクール2位(2002年)、ブッフェクランポンフルートコンクール3位(2003年)、ロジェ・ボーダンフルートコンクール一位大賞(2003年)、UFAMフルート国際コンクール2位(2004年) 受賞。
フ ルート四重奏団エオリアでの演奏活動後、2010年パリ地方国立音楽院ジャズ・即興音楽科を卒業。
同音楽院にてマーク・デュクレ、ドゥニ・ルルー、セ ルジョ・ラザルヴィチ、デイブ・リーブマン、ジャン・マリー・マシャド、エリック・ワトソン、クリストフ・モニョ各氏マスタークラスを受講。
加えてジャズ ビブラフォン奏者デビッド・パトロワ氏に弟子入りし、ヨーロピアンモードジャズに強く傾倒し本格的に作曲活動を始める。

これまでヨーロッパを拠点にジャズフェスティバルやクラブ出演を多数経験。

アヴィニョン・ジャズ国際コンクールのファイナリストにも選出され、作・編曲に加えてフルート奏者としての高い評価を受ける。

『Live in Fukushima2013』(インディーズ)、『Onde Corpuscule』(ハイブリッドレコード)をリリースしたピアニスト、マチュー・ロフェとのデュオにおいては、これまで日本国内外において200公演以上のライヴ活動を行う。

2020年宮本武蔵をテーマとしたシュール・エクト・カルテットとの音楽総合劇『MUSASHI』公演のシナリオ、演出、作・編曲に携わり、ルクセンブルク、グルノーブル公演にて大好評を得る。

その他舞踏に語りを交えた音楽パフォーマンス野外公演など、近年では総合芸術クリエーションの場において活躍。

今回のトリオでは、ニューアルバム『THEIA』(ミュゼアレコード)をリリース。日本の“おはやし”をモチーフとしたオリジナル作品をご紹介。


◆マチュー・ロフェ / Matthieu Roffé ( ジャズピアニスト、作・編曲家 )
URL http://www.matthieu-roffe.com
http://www.chambermetropolitantrio.com

幼少の頃よりジェームズ・P ・ジョンソンやファッツ・ウォーラー、オスカー・ピーターソンにカウント・ベイジーなどを愛聴。

メッツ地方国立音楽院にてクラシックピアノの研鑽を積みながら18歳で理学士号を修了。

ティオンヴィル国立大学に進学し音楽理学博士号およびジャズピアニスト国家教員資格を取得。

スイス国ローザンヌ国立音楽院にて講師を務めた後、演奏活動に専念する。

パリ地方国立音楽院では恩師エミール・スパンニに師事し、調和声やモード音楽の理論を駆使したジャズクラシックスタイルの斬新なアプローチに感銘し、独自のスタイルを確立する基盤となる。

ヨーロッパを拠点にアジア、南米、オーストラリアでのツアー公演やフェスティバル出演などフランス国内外の様々なミュージシャンと共演、アルバム収録参加も多岐にわたる。

『ARKHè』(ハイブリッドレコード)、『Tempus Fugit』(イヌイレコード)をリリースした自身のチェンバー・メトロポリタン・トリオでは、ゴールデン・ジャズ・トロフィコンクールにて最優秀賞を獲得し、審査委員長を務めたアーチー・ シェップより大絶賛される。

近年ではクラシックのカウンターテナー歌手カルロス・メナとの共演や、音楽劇『MUSASHI』の総合舞台音楽監督、映画音楽ビックバンドの作・編曲に加え、ダンスと朗読による即興パフォーマンスなど活動の幅を広げ、モードとネガティブハーモニー和声理論の追求に強く傾倒している。


ケビン・ルケッティ(ドラム) Kevin LUCCHETTI (Drums)

2009年にサヴォワ地方国立大学にて物理化学科修士課程を修了後、シャンベリー地方国立音楽院ジャズ科に入学。

ピエール・ドゥルーヴェおよびアントワンヌ・ブローズ両氏に師事し2012年に首席で卒業、次いで2014年にはパリ国立高等音楽院において満場一致の一等賞を得る。

オリジナルバンド、ケビン・ルケッティ・クインテットでは、複数のライトモチーフを即興および固定音楽の両スタイルからアプローチすることで音楽を発展させていく演奏手法を提案。

青年期にアメリカのプログレッシブ・メタルバンド、ドリーム・シアターに感銘を受けドラム奏者の道を志した経緯もあり、ジャズ・インプロビゼーションの枠を超え、ワールドミュージックや音楽劇演出に加え、ジャズフルーティスト、マジック・マリック率いるアバンギャルドスタイルの「ファンファーXP」や「モビウスリングバンド」に出演するなど、幅広いジャンルに対応するスーパーサイドマンとして活躍。

パリ高等音楽院ジャズピアノ科教授ヘルヴェ・セラム氏との共演プロジェクト『Passerelles』(クリスタルレコード)をはじめ、シュール・エクトカルテットによるアルバム『Muss es Sein ? Es Muss sein !』(イヌイレコード)、デクスター・ゴールドベルグトリオによる『Jazz & People』などこれまでアルバム収録にも多数参加。

ヨーロッパ各国およびアジア、南米諸国のジャズフェスティバルにも多数出演する。

フルーティスト木村百合子とのトリオプロジェクトでは日本全国18か所にて公演が予定されている


# by bar-queen | 2022-11-11 08:30 | LIVE | Comments(0)