人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

7/15(月・祝)は、菅波ひろみ『In A Spirit Of KOKO TAYLER』です!!

Blues&Soul Singer 菅波ひろみがお届けする、"Queen Of The Blues" Koko Taylor 100%のライブ。
今回は何と、2000年から2008年にココが没するまで、Koko Taylor's Blues Machineのギタリストとして活躍していた、
Shun Kikuta -菊田俊介氏が全編において演奏するという特別企画!
本場シカゴブルースの風がいわきに吹き荒れる!!
-------------------------
■7/15(月・祝)
■ 菅波ひろみ『In A Spirit Of KOKO TAYLER』Live
■開場14:00 / 開演14:30
■前売 ¥4,500(ドリンク別)
◆出演:菅波ひろみ(vo) 菊田俊介(g) 中道勝彦(key) 大神田智彦(b) 白根佳尚(ds)
7/15(月・祝)は、菅波ひろみ『In A Spirit Of KOKO TAYLER』です!!_d0115919_14094132.jpg
プロフィール

★菅波ひろみ
 
suganamin.tumblr.com
福島県いわき出身。
数回の渡米にて、Chicago Mass Choir, The Sound Of Blacknessなどとの交流から、ブラックゴスペルの真髄に触れる。

ソウルブルースのレジェンド達を思わせるふくよかな声を持ち合わせ、彼らのハートを反映したような体温のあるオリジナルソングの他、Etta James tribute, Ann Peebles tribute, Aretha Franklin tribute, Malaco Records Night 等、自身のルーツに真っ向から取り組む特集を展開するなど、本格的な歌唱でソウルブルースを聴かせる日本では数少ないスタイルの息の長いソウルブルースシンガーである。

都内を中心に、中部関西信越などでも、その熱く魂を奮い立たせるようなエネルギー溢れるステージングは、老若男女問わず、幅広い音楽ファンから支持されている。
また、長きに渡り、地元いわきではゴスペルコーラス指導を先導し、ボーカルコーチとしての実績も誇る。


20年以上の米シカゴ生活で、ブルースの女王ココ・テイラーとの活動はじめ、ジュニア・ウェルズ、バディ・ガイなど共演は多数。
グラミー賞にノミネートされたココ・テイラーの『Old School』に参加。
ブッシュ大統領らが見守る中で、ケネディー・センター・オナーズに出演し、司会のクリント・イーストウッドから”Shogun of the blues(ブルースの将軍)”と紹介される。
テレビ番組「An Evening with B.B.King」に出演、B.Bキングと共演。
シカゴ音楽賞をJWウィリアムスのバンドで受賞。
2018年に自己のレーベル”Rising Shun Recordsを立ち上げ、最新作「Live In France」他、「Rising Shun Plus」(Yotsuba Records)、「Best of Shun’s Blues」(キングレコード) など17枚のソロ、コラボ・アルバムを発表。
2冊の単行本、ブルースギター教則シリーズも6作出している。
現在は日本やアジアでの活動にも力を入れている。

1971年東京都生まれ。幼少期はLAで過ごし、帰国後7歳からエレクトーンを始める。
学生時代からCM、ラジオのジングル、BGM などの制作を始め、その後、キーボード演奏に活動の重点をおき、神崎ひさあき、松山千春、ParisMatch、中西保志、辺見えみり、山下徹大、穴井夕子、Soul Lovers 等ライブ サポート、阿川泰子、SMAP、織田裕ニ、ケツメイシ等のレコーディングに参加。
また ゲーム神宮寺三郎シリーズ、AK Live等への楽曲提供等、幅広い音楽活動を続けている。

1976年11月18日生まれ、山梨県出身。
14歳の頃にベースを手にする。
1996年に上京し、ライヴハウス、クラブ、ストリートなどさまざまな現場でのサポート活動を始める。
2003年からは平井堅のツアーに参加し、そののちにJUJU、EXILE ATSUSHI、星野源、Superfly、KREVAといったさまざまなアーティストのライヴ/録音でベースを担当。
2018年にはソロ・アーティストとしての1stアルバム『OVERDOIN’ IT』を発表した。

8歳の頃よりドラム&パーカッションを始める。
フリーのドラマーとして、数多くのセッション、レコーディングに参加。
2007年にスタートした、GAKU-MCをリーダーとして様々なアーティストが次々と出演するイベント「FOOTMARK」には、ホストバンド「タイトキックス」で参加。
2008年にはゴスペル界の大御所Joe Paceのバックを務めた経験あり。
同年、KREVA 「MTV アンプラグド」に参加。
クラブ・ジャズとクロスオーバー・ミュージックの国内最大イベント「TOKYO CROSSOVER/JAZZ FESTIVAL 2009」にROOT SOULで出演。
2010年は、小沢健二「ひふみよ コンサートツアー 二零一零年 五月六月」、KREVA「意味深3」、ブラックミュージックをルーツに持つアーティストが集結する「BEAT CONNECTION2010」では、久保田利伸バンドで出演。
2012年、「音楽ノチカラ」(読売テレビ)が、5周年を迎える「ビルボードライブ大阪」とコラボした"KREVAプレミアムライブ" に参加。
KREVAが数多くの素晴らしいラッパー、アーティストを集め、さいたまスーパーアリーナで行った【908 FESTIVAL】にクレバンドで出演。
雅-MIYAVI-との共演も果たす。
ロックミュージカル「RENT」にはバンドで参加。

by bar-queen | 2024-04-30 04:47 | LIVE | Comments(0)