人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

7/18(月・祝) は「寺久保エレナQuartet Japan Tour」です。

女流バップ奏者として最高峰を走り続けるニューヨーク在住の寺久保エレナさんの帰国ツアーです。
中学生の時に頭角を現し、高校生でメジャーデビュー。東京JAZZに出演!
バークレー音楽大学に留学、現在もマンハッタン音楽学院大学院で研鑽を重ねているプレーは必聴です!

■7/18(月・祝)
■寺久保エレナQuartet Japan Tour
■開場15:00 / 開演15:30
■前売 ¥5,000(D別)
■出演:寺久保エレナ(sax) デビット・ブライアント(pf) 高橋陸(b) 小田桐和寛(ds)
7/18(月・祝) は「寺久保エレナQuartet Japan Tour」です。_d0115919_01392569.jpg
7/18(月・祝) は「寺久保エレナQuartet Japan Tour」です。_d0115919_01393089.jpg

■寺久保エレナ(てらくぼ・えれな)アルト・サックス

1992年札幌生まれ。6歳でピアノ、9歳からサックスを始める。

札幌ジュニア・ジャズ・オーケストラに参加。

13歳の時、最年少でボストン・バークリー・アワードを受賞。

渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正、佐山雅弘、本田雅人、タイガー大越など有名ミュージシャンとの共演やセッションに多数参加。

2010年高校3年生の時に、ケニー・バロンやクリスチャン・マクブライドが参加した『ノース・バード』でメジャー・デビューを果たし、一躍大きな注目を集める。

同アルバムは「スイングジャーナル」誌ゴールドディスクを受賞。

2011年、2枚目のアルバム『ニューヨーク・アティチュード』をリリース。

同年、日本人初のプレジデント・フルスカラーシップ(授業料、寮費免除)を獲得して、アメリカのバークリー音楽大学に留学。

2013年、第3作『ブルキナ』を発表。

2015年バークリー音大を卒業し、活動の拠点をニューヨークに移す。

2016年、アルバム『ア・タイム・フォー・ラブ』をカナダのCellar Liveからリリース。

2018年、札幌のテレビ局HTBに開局50周年記念テーマソングを提供。3月、初めてのレギュラー・カルテットによるリーダー・アルバム『リトル・ガール・パワー』を発表。

2019年4月、初のライヴ・アルバム「アブソルートリー・ライヴ!」をキングレコードからリリース。

同年、ケニー・バロン・カルテットのメンバーとしてニューヨーク、ディジーズ・クラブに出演し、ツアーにも参加する。

これまでに、ルイス・ヘイズ、ジミー・コブ、ルイス・ナッシュ、エリック・アレキサンダー、ヴィンセント・ヘリング、ジョン・ビーズリーの「モンケストラ」などと共演。

アメリカ、フランス、ブルキナファソ、チリ、アルゼンチン、オーストラリア等でツアーを行い、活動の幅を広げている。


■David Bryant デイビッド・ブライアント(pf)
https://twitter.com/dblaque_music

1983年NYブルックリン生れ。

音楽一家に育ち4才でピアノを始め、8才頃にはクラシックピアニストとしてその名を知られる存在となった。

チェロ、トランペットも演奏し、三種の楽器で交響楽団などで演奏した経験を持つ。

名門ラ・ガーディア高校に入学してジャズに出会う。

オール・シティ・ジャズバンドのメンバーとなり、リンカーンセンター、エリントン・コンペティションではベストピアニスト賞を獲得。

ニューイングランド・コンサバトリー大学に進み、ボストンでのこの時代の活動により一躍“新スターの誕生”という評価を受ける。

2005年NYに移り、クリスチャン・マクブライド、ウィントン・マルサルスetcなどのグループに参加しめざましい足跡を残している。


■高橋陸
http://rikubass.com/
1996年生まれ 千葉県東金市出身
12歳 吹奏楽でコントラバス、エレクトリックベースを始める。

吹奏楽を田中淳一郎氏、コントラバスを内山和重氏に師事。

激戦区において全国大会をはじめ数々のコンテストで入賞を果たす。

平行して幼少時に焼肉屋のBGMで聴いたジャズに興味を持ちCharlie Hadenの直系Jiro Plutschow氏に師事。

フルスカラシップ吹奏楽部特待生として高等学校に進学。
15歳 井上陽介氏に師事。程無く吹奏楽と並行しライブシーンでプロのベーシストとしてのキャリアをスタート。

地元と都内を頻繁に行き来するようになる。
16歳 都内の超有名ライブハウスでセッションホストに抜擢され、第一線で活躍するミュージシャンと共演を重ね様々な影響を受ける。

また、音楽大学にも度々出入りし演奏補助やセッションホストなどを務める。
17歳 18歳以下の全国規模のコンテストU-18Jazz Player Meetingでソリスト優秀賞を受賞。

記念レコーディングではアコースティックベース、エレクトリックベース両方で選抜される。
18歳 バークリー音楽大学 北海道グルーブキャンプに参加。

タイガー大越、Lincoln Goines氏の指導を受ける。

バークリーアワードを受賞し米国ボストンのバークリー音楽大学へのフルスカラシップ留学の推薦を受ける。
その後、バークリー音楽大学Summer Performance Program2014にフルスカラシップ奨学生として留学。

同時に現地オーディションに於いて大学フルタイムのフルスカラシップ(全額奨学金)を受賞。
 2017年には韓国で開催された国際ミュージックフェスティバルに出演、2018年にはNY修行中気鋭のKelly GreenやレジェンドJohnny O’Nealの目にとまりJohnny O’Neal Trioの一員としてNYの最先端の舞台に立つなど活動の場を海外にも広げている。
また、スタジオミュージシャンとして日本を代表する作編曲家の依頼によるメジャーTVCM、TVドラマ劇伴、CD等様々な音楽制作に携わっている。


小田桐和寛

https://ja.kazuhiroodagiri.com/

1987年神奈川県横浜市に生まれる。音楽一家に生まれ、幼少から姉の受ける音楽教育を横目に見ていた。

両親からはそれぞれピアノ、トロンボーンを習い、12歳の時に前歯を折ったのをきっかけに打楽器を始め、17歳でドラムセットを始める。

その後、国立音楽大学打楽器科へ進学。

在学中に同大のニュータイドジャズオーケストラでドラムを担当し、2010年の41回公演まで「山野ビッグバンド・ジャズコンテスト」最優秀賞を3年連続受賞した。

同代では渡辺貞夫、小曽根真、山下洋輔に師事。

卒業時に最優秀者に送られる「山下洋輔賞」を受賞。

その後、小曽根真の推薦でバークリー音楽大学に特待生として留学、首席で卒業した。

Ralph Peterson, Terri Lyne Carrington, Mark Walker, Neal Smith, Darren Barret, Greg Osby, Hal Crookなどに師事し、在学中からBlue Note NYやWBGO Jazz 88.3FM、Beantown Jazz Feativalなどで演奏を重ね、卒業後はNYへ活動拠点を移した。

NYでは黒田卓也(Tp)、Lonnie Plaxico(B)、中村恭士(B)、寺久保エレナらと共演を重ねる一方、日本では小田桐寛之(Tb)小田桐恵子(Pf)とのトリオでの演奏会や、Toku(Tp),加藤マーサ(Pf),泉川貴広(Pf),らと共演を重ね、すぎやまこういち作曲、ドラゴンクエストのサウンドトラックレコーディングに参加する等、その活動の幅は広い。

ジャズを基盤にFunk、Rock、R&B、ブラジリアン、アフロキューバ、マダガスカル、インド音楽に携わり、ジャンルの制限を受けないその演奏スタイルは各方面から注目を集めている。


by bar-queen | 2022-06-20 08:31 | LIVE | Comments(0)