人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今夜のQUEENは、大人気の超美人ロック&ブルースギタリスト「安達久美」LIVE

皆さんは「安達久美」というギタリストをご存知でしょうか?

音楽好きな方はもちろんお分かりになると思いますが、
関西では大人気の超美人ロック&ブルースギタリストであります。
今夜のQUEENは、大人気の超美人ロック&ブルースギタリスト「安達久美」LIVE_d0115919_0263266.jpg


Charさんや山本恭司さん、梶原順さんなどの超絶ギタリストと共演する
スーパーレディギタリストです!

そんな安達久美さんが自己のバンド「クラブパンゲア」でやってきます!


ドラムは小学生天才ドラマーとしてTVに出まくっていた平陸さん。

現在は現役高校生プロドラマーとして、ひっぱりだこの売れっ子ドラマーです。

キーボードは現T-SQUAREの河野啓三さん。
ベースはNANIWA EXPRESSの清水興さん。
プロ中のプロのグルーブをお楽しみ下さい!

■安達久美クラブパンゲア with 平陸
7/9(月)
【OPEN】19:00 / 【START】20:00
【料金】前売:¥4,500 / 当日:¥5,000(ドリンク別 学生 3,000円)
【出演】
安達久美(G)
河野啓三(Key)
清水興(B)
平陸(Ds)



■安達久美(g)|Kumi Adachi|ギタリスト&コンポーザー11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。
11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミヘンやツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。
19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。スコット・ヘンダーソンに師事。
帰国後は「花*花」やダンスユニット「SOULTIGER」のサポート・ミュージシャンとして活動する傍ら、
自身のグループ「SLICK」を結成し、本格的にライブ活動を開始。
2002年に大阪から京都に活動拠点を移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&グルーヴ・フィーリング溢れるオリジナルを武器に土岐英史、ポール・ジャクソン、東原力哉、青木智仁、塩次伸二など、数多くの有名ミュージシャンとセッションを行う。
2005年より則竹裕之との正式なユニット「club PANGAEA」をスタートさせ、2007年3月に発売した「Little Wing」が、タワーレコード・週間売り上げ J-Jazz部門にランクインするなど、デビューわずかに音楽シーンに旋風を起こした。
2008年3月には2ndアルバム「WINNERS!」と、スペシャルパッケージ「CD&ライヴDVDセット(バナナホール撮影)」同時発売。このDVD付きパッケージは即完売し、幻の作品となる。
そして、2009年8月19日には「レディ・ギター・レボリューション第三弾」と期待されるアルバム「L.G.B」~Lady Guitar Blues~のリリースが決定。
ライブ模様から、プライベート映像まで盛りだくさんのDVD付きにて発売する。
2011年9月 TIME MACHINE|ギターオムニバスアルバムに参加。
2012年1月 梶原順と安達久美のアコースティックギターユニット「J & K」のライブDVDが発売される。
この革命児・安達久美の勢いは止まらない。

■河野啓三(Keizoh Kawano)Keyboards
1971年2月4日生まれ。東京都出身。
6歳の頃からエレクトーンを始める。兄の影響で高校の頃からピアノやキーボードを始め、岩崎大輔氏、稲田保雄氏に師事。
高校卒業後からプロとして活動し、KENSO他、多数のアーティストのサポートを務める。
光田健一のサポートで知り合ったベースの田中豊雪(元ザ・スクェア)の紹介で、2000年秋よりサポート・メンバーとしてT-SQUAREに参加。
演奏面だけではなく、作・編曲やコンピューター・プログラミングなど、サウンド面において多岐にわたる貢献をし、2004年末に正式加入。
現在のT-SQUAREにとって必要不可欠な“音楽総指揮官”的存在である。
T-SQUAREと並行して、様々なセッション活動も展開している。

■清水興(B)
 80年代に NANIWA EXPRESS、90年代に HUMAN SOULそしてBAND of PLEASUREを底辺から支えてきた、日本屈指のグルーヴ・ベーシスト。骨太のサウンドにスリルあふれるスピード感は、あたかもラバーバンドのように伸縮しながら、聴くものをグルーヴの世界へ誘(いざな)う。その評価は国内のみならず、世代を越えて広く海外のミュージシャンにも認められている。特にドラマーからの評価は高く、 James Gadson、Bernard Purdie、Dennis Chambersらと数多くの共演盤を残している。
 インディーズ時代のコブクロのプロデュースをしたり、ゴスペラーズやSkoop On Somebodyのアルバムに参加するなど、ポップス界との交流も盛んに行っている。
 02年夏からはNANIWA EXPの再始動も開始し、07年には結成30周年を迎え、新旧交えて3アイテム11枚を一気にリリースするなど、ますますその活動は勢いを増しつつある。
 03年には阪神タイガース公認応援歌「嵐は西から」に参加、09年にはbjリーグ 大阪Evessaのエンタテインメントディレクターに就任し、応援歌「Go Evessa !」を提供するなど、スポーツと音楽の融合に積極的に尽力を注いでいる。
 10年に浪曲師国本武春との異色コンビ"七味線ブラザーズ"を結成。浪曲とFUNKの融合が話題を集めている。

■平陸(たいらりく)1996年1月23日生まれ(16歳) 静岡県出身 AB型
2歳の頃からKISSに憧れ、6歳よりドラムを始める。
8歳になると、ロックを中心としたライブ活動を始める。
小泉好弘氏、菅沼孝三氏、つのだひろ氏、トミーキャンベル氏に師事。
2007年11月(11歳)雑誌『ドラムマガジンコンテスト』グランプリ受賞。
2008年 2月(12歳)『FLATLAND』DVD発売。
2009年 星野楽器グループ(TAMA DRUM)・ジルジャン社 エンドーサー契約。
同年1月(13歳)『第一回ドラムマガジン ドラムフェスティバル』に出演。
静岡県内のテレビ番組・ラジオ番組多数出演。
日本テレビの番組『全力チューンズ』に出演。
日野賢二・JAY・TOKU・T-SQUARE・SOIL&"PIMP"SESSIONS・安達久美クラブパンゲアのメンバーなどと活動。
そしてDarek Jackson氏がプロデュースするバンド"INSIGHT"のメンバーとして精力的に活動している現役高校生ドラマー。

このインタビューも必見です!

今夜のQUEENは、大人気の超美人ロック&ブルースギタリスト「安達久美」LIVE_d0115919_0472722.jpg

by bar-queen | 2012-07-09 00:48 | お知らせ | Comments(0)