人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

"SMILE TOGETHER"大森洋平/坂本サトル/堀下さゆりの元気玉…受け取ってください!

本日(5/5・土・祝)15:30から…
福島の子ども達にもっともっと笑顔になってもらいたい…
その一心で始めた、「福島の子ども達に笑顔をプロジェクト」で活躍する
若い3人のミュージシャンによる、元気な元気なLIVEです!


会いたい人には会うべきです。
やりたいことはやるべきです。
思いはめいっぱい伝えるべきです。

堀下さゆりブログより

ステキな3人の元気玉
受け取ってください!



2012/5/5(Sat)
"SMILE TOGETHER"大森洋平/坂本サトル/堀下さゆり
【OPEN】15:30 / 【START】16:00
【料金】前売:¥3,000(ドリンク別)
【出演】
大森洋平
坂本サトル
堀下さゆり

■大森 洋平/おおもり ようへい
\"SMILE TOGETHER\"大森洋平/坂本サトル/堀下さゆりの元気玉…受け取ってください!_d0115919_538133.jpg

1976.12.11 石川県金沢生まれ
唄うたい
 音楽がいつも周りにあるような環境で育つ。
14歳の頃から曲を作り始める。
高校時代はバンドを結成しコンテストや数々のライブで注目を集める。
95年にソロとなり浜松のJapan Open'95に出場しグランプリを獲得。
96年9月、SINGLE「彼女」でソニーレコードよりデビュー。
その後もCDリリース(DISCOGRAPHY参照)、
全国各地でのイベント・ライブを中心に活動。
その他、FM福岡、長崎、AIR-G、bayfmなどでパーソナリティをつとめ、
2004年3月には尾崎豊トリビュートアルバム
「BLUE~A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI~」に「LOVE WAY」で参加。
同イベント「THE NIGHT」にも参加し注目を集める。
また2004年10月発表のSINGLE「グライダー」は、
映画「1リットルの涙」の挿入歌になるなど、活躍の場を広げている。
2006年にはデビュー10周年を迎え行われたライブ
「THE SONG」の模様を収録した、自身初のライブアルバムをリリース。
2008年6月シングル「ガールフレンド」をリリース。
2009年4月15日には待望のNew MINI ALBUM「ドラマチック」をリリース。
2010年5月シングル「ルルラララ」リリース(SOLD OUT)
2011年デビュー15周年を迎え、ソニーレコードよりベストアルバム「GREATEST WOODS」をリリース。
2011年10月より6ヶ月連続配信限定シングルをリリース中。
「唄える場所があればどこでも唄う」をモットーに
積極的な音楽活動を続けている。



■坂本サトル
\"SMILE TOGETHER\"大森洋平/坂本サトル/堀下さゆりの元気玉…受け取ってください!_d0115919_5383461.jpg

本名「坂本覚」。1967年(昭和42年)4月3日、青森県南部町生まれ。血液型O型。
身長178.8cm、体重70~75kgの間を不定期に増減。好きな食べ物はすいか。
OFFICE mode key所属。

→1974年、青森県南部町立向小学校入学。

→1980年、青森県南部町立南部中学校入学。

→1983年、青森県立八戸高等学校入学。八戸市内での下宿生活始まる。

→1986年、東北大学経済学部進学のため仙台へ。

→1991年、デビューが決まったため急遽上京。

→1992年、バイト仲間、実弟らと結成したバンドJIGGER'S SON(ジガーズサン)のボーカル&ギターとしてコロムビアレコードよりデビュー。
         7枚のオリジナルアルバムと13枚のシングル、その他2枚のアルバムを発表した後、1998年10月、活動休止。

→1999年2月、「坂本サトル」としてソロ活動を開始すると同時に人が集まるところならどこでも行ってCDを売るという「CD実演販売ライブ」をスタート。
         その独特の活動が「FOCUS」「トゥナイト2」「ミュージックステーション」「うたばん」等で取り上げられる。
         その活動形態は新たな流通の形として「日本経済新聞」他、経済誌各誌で報じられる等し、以後の音楽業界に影響を与えることになる。

→2000年6月、キリンカップ「日本代表VSスロバキア代表戦」にて君が代斉唱。
          50000人とともに歌う。声による地鳴りを初体験。

→2001年より、大学の先輩である小田和正氏のレコーディングにも数多く参加。
          シングル「風の街」「キラキラ」、アルバム「Looking Back 2」でコーラスを担当。

→2002年、10年間在籍したコロムビアレコードを離れ、元コロムビアレコード社員であった小林英樹と株式会社ラップランドを設立し独立。

→2003年より弾き語りツアーとバンドツアーを交互に行い、ツアーごとにライブアルバムをリリースするという活動に入る。

→2005年北海道文化放送制作「新選組。
          永倉新八からの伝言」にて音楽、出演、ナレーションを担当。2005年日本民放放送連盟賞テレビエンターテインメント部門において優秀賞受賞。

→2005年4月、東北楽天ゴールデンイーグルス公認応援ソング「Dream of EAGLES~夢をかなえて」をサトル&アッキー(本間秋彦)名義でリリース。
          2006年9月には本拠地である宮城フルキャストスタジアムで試合開始前にライブを行う。

→2006年12月、フジテレビ系全国28局ネット+青森テレビにて放送される「Hands Story 坂本サトルとうたう手のチカラ」にて音楽、出演、ナレーションを担当。

→2007年3月、ソロ転向後にリリースされたシングル曲を集めた「Singles 1999~2006」発売。

→2007年4月、生誕40周年記念ライブ「Happy Birthday 俺。」をSHIBUYA O-Eastにて開催。10組のゲストを迎え4時間のステージ。

→2007年10月、少年院で暮らす子ども達のために書き下ろした「花のとなりで」がCBC制作のドラマ「ガラスの牙」の主題歌に。

→2007年12月、株式会社ラップランドを離れ、個人事務所「OFFICE mode key」設立。以降の活動の拠点とする。

→2007年12月、浅田信一、森山公一とともにお遊びで気紛れに活動していた浅森坂が本格的に活動開始。
           アルバム「浅森坂」でアミューズよりまさかのデビュー。翌年2月に全国12カ所を回る全国ツアーがスタートする。

→2008年3月、地元青森県南部町立南部小学校の創立10周年記念ソング「世界は僕らを待っている」制作。

→2008年11月、2006年から担当していた青森放送のラジオ番組「ラジソン」の中で放送中に制作した「君と歌ううた」を青森県限定リリース。

→2009年2月、アルバム「プライド」に収録されていた「アイニーヂュー」が日本テレビ系で放送中の「誰も知らない泣ける歌」で取り上げられる。

→2009年2月までに、坂本サトル名義でオリジナルアルバム4枚、シングル10枚、ライブアルバム6枚をリリース。
          現在は、弾き語りスタイルやバンドスタイル等、様々な形態での全国ツアーを定期的に行い、
          その模様をツアーごとにライブアルバムとしてリリースするなど独自の活動を続けるかたわら、
          元EXILEの清木場俊介、加藤いづみ、等に楽曲提供するなど作詞家、作曲家としても活動中。
          多くのラジオ番組のDJを務める他、イベントのプロデュース、CMやテレビ番組の音楽制作、
          ナレーションを担当するなどその活動は多岐にわたる。


■堀下さゆり
\"SMILE TOGETHER\"大森洋平/坂本サトル/堀下さゆりの元気玉…受け取ってください!_d0115919_5392056.jpg

1980年1月11日生まれのO型。福島県相馬市出身。
6歳でピアノ、8歳で作曲を始める。
2002年FM局が主催したオーディション番組[東北セレクション2002]に応募し優秀賞を獲得した事をきっかけに同年8月5日Aja RecordsよりMini Album“リリーライフ”でインディーズデビュー。
2005年2月16日ビクターBabeStar LabelよりFull Album“カゼノトオリミチ”でメジャーデビュー。
リード曲『カゼノトオリミチ』は、NHK[みんなのうた](2004.12~2005.1)で放送された後大きな反響を呼ぶ。
東京や名古屋、京都でワンマンライブを行うなど積極的にライブ活動を行う傍ら東海ラジオやFM愛知でラジオパーソナリティーを務めた他、現在では作詞提供・楽曲提供やCMソングを手がける等多彩な顔を持つ。
どこか懐かしさを感じさせる珠玉のメロディーメーカーであり、人の心の繊細な動きを描き出す歌詞は女性を中心に広くあらゆ る世代に受け容れられ、支持される。

2011年3月11日地元相馬市にて東日本大震災に遇う。
3月末からは「そうまさいがいFM」のパーソナリティを手伝う傍ら、避難所でのライブ等ボランティア活動 も積極的に行って来た。
また、楽曲の売り上げは東日本大震災の義援金として使用される「Song for Hope ─希望のうた─」に新作CD収録予定の為デモ制作中であった楽曲『卒業~DEMO TAKE』を提供。
いま、福島の子ども達にもっともっと笑顔になってもらいたい…その一心で始めた、「福島の子ども達に笑顔をプロジェクト」発起人のひとり。


お時間の合う方は是非お出かけ下さいませ!!
by bar-queen | 2012-05-05 10:30 | お知らせ | Comments(0)