人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Iwaki QUEEN barqueen.exblog.jp

月に数回大人の為のプロライヴを企画するQUEENのブログです。


by iwaki_queen
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

ジャズ、ラテン、クラシック、映画音楽、民謡、昭和歌謡…PINKBONGO@いわきBarQUEEN

明日(1/25・水)のLIVEのお知らせです!

超がつく程の一流ミュージシャンが
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような抱腹絶倒のひと時を届けてくれるピンクボンゴのLIVEです。

スリリングなビートのJAZZに酔いしれていると、突然優しく昭和歌謡が…
確かなテクニックと限りなく深い音楽への愛!
本物の大人ミュージシャンにしか出来ない上質なステージに酔いしれて下さい!


今回のLIVEはスペシャルゲストに「抱擁」の大ヒットでお馴染みの故「箱崎晋一郎」氏の奥様、いわき在住の
箱崎幸子さん(田町ラウンジ抱擁オーナー)をお迎えして「抱擁」のアンサーソング「最後の抱擁」もお届け致します。


PINKBONGOは、昨日と今日の2日間 仙台でのLIVEですが、
両日ともSOLDOUTという大人気バンドでございます。
いわきの皆様にもステキな大人のひと時を是非味わって頂きたいと切に願っております。

□1/25(水)
PINKBONGO
【OPEN】19:00 / 【START】20:00
【料金】前売:¥5,000 / 当日:¥5,500(ドリンク別)
【出演】
宮本大路 (sax)
高橋ゲタ夫 (b.)
宮崎CAPONE信義 (g.)
中島 徹 (p.)
加納樹麻 (ds.)


涙も笑いも携えて…
ピンクな一座のエキゾチック・ツアー

PINK BONGOは"スクランブル・ミュージック"を提唱しています。
"スクランブル・ミュージック"とは?
ジャズ、ラテン、クラシック、映画音楽、民謡、昭和歌謡…
ありとあらゆるエキスをごちゃまぜにしてどっぷり
PINK BONGO 色に染め上げる新しい音楽のジャンルです

 
2000年12月、六本木のストリップバー「COCO BONGO」にて
「裸は飽きた。これからは音楽だ!」というオーナーの鶴の一声で、
裸の東欧女性ダンサー達に代わり妖しい音楽集団"PINKBONGO"
が誕生。オーナーの猫の目の様に変わる、曲やコンセプトや編成
等のリクエストに逐一応えていくうちに、自称"スクランブル・
ミュージック"(ごちゃまぜ音楽)というスタイルが完成。
2006年、ついに悲願の1st アルバム「コマンタレヴ?」を発表。
2007年には2nd アルバム「オーチン・ハラショー!」を発表し、
全国18都市20会場を巡る発売記念ツアーを敢行。
おやじたちの挑戦はまだはじまったばかり…
ジャズ、ラテン、クラシック、映画音楽、民謡、昭和歌謡…PINKBONGO@いわきBarQUEEN_d0115919_6485699.jpg


■宮本大路 (sax)
'57年 東京都生まれ。
12才の時にジャズドラムを森山威男、ジョージ大塚両氏に師事。
同時にサックスを富岡和男氏(NHK交響楽団首席奏者)に師事。
'76年バークリー音楽大学入学。
帰国後、クールス、岡本章生とゲイ・スターズ、マリーン、高橋真梨子、日野皓正ブルーストラックバンドなどに参加。
'91年にはスイングジャーナル誌「批評家投票バリトン・サックス新人部門」第1位獲得。
現在はスタジオワークを主に、熱帯ジャズ楽団及び自己主宰のライブ、コンサート等 を行う一方、リーダー・アルバム「クロスカウンター・ラウンド1&2」、「ザ・マスター」(セブンステップス・レーベル) 3点を発表。
また、市原悦子主演ミュージ カルに度々俳優としても出演。
著書に「スケール・ライブラリー」、「インプロヴィゼイションのためのトレーニング」「インプロヴィゼイションの理論と実践」(サーベル社)


■高橋ゲタ夫 (b.)
'54年 新潟県生まれ、横浜育ち。
'76年「ジョン山崎&スクールバンド」(日本コロンビア)でレコードデビュ- 。
その後、高中正義をはじめ数多くのセッション、レコーディングに参加。
松岡直也のサポートを経て、向井滋春、日野晧正、NORAらと共演。
様々なグループで、タイ、バンコク、キューバ、メキシコ、ヨーロッパ各地など世界各地でのコンサート やフェスティバルに数多く出演。
井上陽水、徳永英明らのツアーサポート、佐野元春のアルバムでアレンジを手がけるなど、J-POPのフィールドでも活躍。
'94年、ビデオアルバム「高橋ゲタ夫 ラテン・ベース・ベーシック」(Atoss.) 発表(2004年DVDにて再発)
現在、熱帯JAZZ楽団をはじめ、様々なグループやセッションに参加する傍ら、自己のグループ「GUETAITO DEL SON」でも活動中。


■宮崎CAPONE信義 (g.)
'48年 北海道夕張市生まれ。
ギターの初歩から高柳昌行氏に師事。
'79年より潮先郁男氏にジャズギターを学ぶ。その間都内ライブハウスで活動。
'85年、菅原洋一のバックバンドに参加。
'89年・'90年、清水潤カルテットで「ドン&アリシア」「カニングハム」のバックバンドとして各地ヒルトンホテル出演。
大橋美加のアルバムに参加。現在、ジミー原田5、根市タカオ4、松尾明4 等でホテルラウンジ、ライブハウス等 に出演中。


■中島 徹 (p.)
'64年 兵庫県芦屋市生まれ。
大学時代より関西で音楽活動を始める。ピアニスト及びトロンボニストとして、現在、古谷充 (sax)、高橋ゲタ夫 (b/vo)、東原力哉 (dr)、中路英明 (tb)、カオリーニョ藤原 (g/vo)、宮本大路 (sax)、前田優子(vo)、ヤヒロトモヒロ (per)、早坂紗知 (sax)、コモブチキイチロウ(b)、小濱安浩C.U.G.ジャズオーケストラ、北野タダオとアロージャズオーケストラ等、数多くのバンドやセッションに参加。ジャズを基盤にラテン、ブラジル音楽等にも深く傾倒し、沖縄音楽や日本の伝統大衆音楽をベースにしたバンドに至るまで幅広い分野で活躍中。 '01/'02年自己リーダープロジェクトで欧州7ヵ国10都市にて公演、好評を博す。(国際交流基金派遣) '07年CD付きソロピアノ楽譜集を出版(スタンダードジャズ曲集、ヤマハ)。


■加納樹麻 (ds.)
1975年大阪生まれ。
音楽好きな両親の影響を受け、幼い頃からドラムに興味を持つ。
19歳の時に渡米、Los AngelesにあるMusicians Instituteに入学卒業後も L.A.を中心に Jazz、Latin、Funk、Popsと幅広くセッションを重ね、 Shannon McNally、Dale Fielder、Rafael Moreira、Red Young などのグループに参加後2000年に帰国。
田中武久トリオに参加し日本での活動を始め、引き続き同様、多様なスタイルのセッションやライブに参加中。
現在参加中のバンド、ユニットには PINK BONGO, Crystal Jazz Latino, 秋田慎治トリオがある。



by bar-queen | 2012-01-24 06:42 | お知らせ | Comments(0)