THE QUEEN



明日(3/12・日)は大西順子トリオです!

明日(3/12・日)は大西順子(pf)  井上陽介(b)  山田玲(ds)による大西順子トリオです、


■3/12(日)
*大西順子トリオ  大西順子(pf)  井上陽介(b)  山田 玲(ds)

■開場14:30 / 開演15:00
■¥5,000(D別)


小澤 征爾, 村上 春樹、大西順子の世代も活躍の舞台も違う3つの才能がガーシュインの一曲で交差し、

子どものように素朴な興奮を共有する!
まずはこれを読んで 生音を目の前で感じてほしいです!

  ↓

必読!ここをクリック!!


読んだら次はここをクリック!!


衝撃の復帰を果たしたピアニスト大西順子が
菊地成孔プロデュースによる話題の最新作『Tea Times』(TABOO)を携え
前回同様 大西順子トリオで登場!

d0115919_02380396.jpg


必読のインタビューはここをクリック!



■プロフィール■

■大西順子:ピアニスト
http://junkoonishi.runinc.jp/
1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。
1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、 ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。
1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。
1994 年 4 月、セカンド・アルバム『クルージン』が米国ブルーノートより発売される。
5 月、NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。
同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。
1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の 4 部門を受賞。
人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。
その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。
そして 2007 年、多くを語らず活動再開。
かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。
2009年7月、実に11年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』よりリリース。
11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。
2010 年 2 月、『楽興の時』がフランスにてリリース。
3 月には、ユニバーサル移籍第一弾と なる新作『バロック』を、かつてプロとしてのキャリアをスタートさせたニューヨークでレコーディング。
同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。
この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。
オーチャードホールでのCD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。
2012 年夏、突然の引退宣言。
2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。
小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。
小澤征爾率いるサイトウ・ キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい 反響を呼ぶ。
2015 年 9 月、東京JAZZ へ出演。
日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポー ト・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。
2016年6月、菊地成孔プロデュースによるニューアルバム「Tea Times」をリリースする。

■井上陽介
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/3814/
1964年7月16日、大阪生まれ。
大阪音楽大学作曲科卒。
在学中よりプロとして活動を開始。
上京後、日野元彦、佐藤允彦らのグループを経て91年よりニューヨークを拠点に活動。
日野皓正、ハンクジョーンズ、穐好敏子等と共演する。
92年にニューヨーク在住の若手ミュージシャン奥平真吾、池田篤、井上智、大野智子らと共に「インサイド・アウト」を結成。
CD「ビーフリーアンドストロング」発表と同時にNYのブルーノート、スイートベイジルなどに出演する。
95年には椎名豊、ロイ・ハーグローブと共に「ジャズ・ネットワークス」のレコーディングに参加。
97年にはニューヨークの若手ミュージシャンと共に録音した自身のリーダーアルバム「スピークアップ」を発表。
日本全国をツアーしたほかNYのカーネギーホールでも演奏する。
98年にはハンク・ジョーンズ、ベン・ライリーとともにグレートジャズトリオのCD「What’s New」のレコーディングに参加。
エイブラハム・バートン、マット・ウィルソン、ドンフリードマンなどのグループでNYの「スイートベイジル」などの各ライブハウスでの演奏やヨーロッパツアーなど国際的に活動。
ほかに共演したミュージシャンはデューイ・レッドマン、リー・コニッツ、デイブ・リーブマン、ジャック・ウィルキンス、サイラス・チェスナット、エディ・ダニエルズなど多数。
日本では2006年まで辛島文雄トリオのレギュラーベーシストを7年つとめる。
2002年2月にはニューヨークで共演しているミュージシャンとの異なる3種のデュオを収めた自身3枚目のアルバム「Peace」(M&I)を発表。
朝日新聞の「今月の10枚」に選定されるなど高い評価を得ている。
2004年には活動の拠点を日本に移し、2005年9月には自身4枚目のリーダー作となる「Back To The Groove」(M&I)を発表し石井彰(P)小山太郎(DR)からなるトリオで演奏活動を行う。
2007年10月には多田誠司(SAX)納谷嘉彦(P)大坂昌彦(DR)で編成されたグループで録音した5枚目のリーダー作となる「Straight Ahead」がリリース。
2009年には小曽根真、渡辺香津美、川嶋哲郎、大坂昌彦によってレコーディングされた6作目のアルバム「LIFE」を発表。
2014年には5年ぶりの自身7枚目のアルバム「Good Time」を秋田慎治(P)荻原亮(G)江藤良人(DS)丈青(P)らと録音し10月にリリースされ全国ライブハウス、コンサートホールで演奏活動を行い好評を得る。
またフィル・ウッズ、トム・スコットなど海外からの来日するアーティストとの共演も多い。
2007年度(第57回)2008年度(第58回)のスイングジャーナルの人気投票で1位になるなど、各種の人気投票で常に上位にランクされる。
また沖縄在住の安富祖貴子のアルバム「魂」(2006年)「マブイのうた」(2007年)ではプロデューサーを担当。
2006年のスイングジャーナル誌「企画制作賞」「ニュースター賞」などを受賞する。
2015年には平賀マリカの「Mandelcini」のプロデュースを行う。
2015年まで大野雄二&ルパンティック5のメンバーとして活動。
現在、自己のグループの他、塩谷哲トリオ、渡辺香津美ジャズ回帰プロジェクト、大西順子トリオ、などのメンバーとして活動。
その他、TOKU、小沼ようすけ、小曽根真などのジャズミュージシャンとのセッションの他、絢香、佐藤竹善、Superflyなどポップスの数々のセッションに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。
またマット・ウイルソン・グループやティム・アマコスト・グループの一員でアメリカやヨーロッパでも活動を続ける。


■山田玲(やまだあきら)
http://akry0325.wixsite.com/akira-y-drums
1992年 鳥取県北栄町(旧大栄町)生まれ
幼少の頃より音楽に親しみ、高校卒業後上京する。
猪俣猛氏、本田珠也氏、Gene Jackson氏に師事し、18歳よりプロ活動を開始する。
様々な音楽シーンで活動するドラマー。
現在は主に、前田憲男(pf),秋満義孝(pf),納谷嘉彦(pf),大西順子(pf),熊谷ヤスマサ(pf),松本茜(pf),大野俊三(tp),今津雅仁(ts),浜崎航(ts),平井庸一(gt),中山拓海(as),TOKU(vo,flgh)などのバンドで活動している。


是非のお出かけを~!!


[PR]
# by bar-queen | 2017-03-11 08:30 | LIVE | Comments(0)

本日(3/5・日)円熟のジャズシンガー 中本マリLiveです。

本日(3/5・日)15:30~
円熟のジャズヴォーカリスト中本マリさんが、心に響く大人のステージを届けてくれます。
魂が揺さぶられる本物のシンガーの歌力に包まれるステキなひと時をお楽しみください。

d0115919_03461606.jpg
■3/5(日)
■中本マリJAZZ Live
■開場15:00 / 開演15:30
■¥5,000(D別)


■中本マリ
•1973年 - 『アンフォゲタブル』でソロデビュー。
•1978年 - スイングジャーナル誌 読者人気投票でヴォーカル部門 第一位。
      以降8年連続、第一位。 高橋達也と東京ユニオンと共にモントルー・ジャズ・フェスティバル出演。
•1979年 - 『アフロディーテの祈り』でスイングジャーナル誌 ジャズ・ディスク大賞 特別賞を受賞。
      三木敏悟とインナーギャラクシーと共にモントルー・ジャズ・フェスティバル出演。
•1985年 - 水島早苗ジャズヴォーカル賞(現・日本ジャズヴォーカル賞)第一回グランプリ受賞。
•1987年 - 『メモリーズ』を発表。
•1990年 - 『オール・ジャパン・ジャズ・エイド』の発起人。日韓友好『ソウル・ジャズ・トレイン'90』で、日野皓正、ジョージ川口らと共演。
      東京アムラックスで、ジョージ・ベンソンと共演。
•1991年 - 『ヴォイス』でスイングジャーナル誌 第25回ジャズ・ディスク大賞 日本ヴォーカル賞受賞。
•1992年 - スイングジャーナル誌 読者人気投票でヴォーカル部門 第一位。(6年ぶり9回目)
•1995年 - 阪神・淡路大震災のチャリティ・コンサートの発起人。 レジー・ワークマン・トリオと全国ツアー。『サマータイム』を収録。     
•2003年 音楽活動35周年記念アルバム。日本を代表する名手達とのデュオ集『NADECICO』を発表
•2012年 アルバム『Morning Star』をオープンリールテープレコーダ使用の一発録音。
•2013年 80年代にリリースしたオリジナルアルバムの中からピックアップした曲を収録した『Self Cover』を発表。
•現在 Pf.、Bs.米木康志、Pf.福井ともみ その他多くのミュージシャンと活動中

[PR]
# by bar-queen | 2017-03-05 08:30 | Comments(0)

3/2(木)は「アコースティック・ウェザー・リポート」です!

1970年代フュージョンの最高峰「ウェザー・リポート」の音楽を、あえて生楽器、それもピアノ・トリオでリアレンジすることにより、
元祖「ウェザー・リポート」の魅力を再発見しようというコンセプトで、
2015年、ジャズ/フュージョン界の第一人者「クリヤ・マコト(pf)、納浩一(b)、則竹裕之(ds)」の3人によって結成された
通称「アコースティック・ウェザー・リポート」

当時の電気楽器によるサイケデリックな表現を大胆に削ぎ落とし、最小限の編成で楽曲のエッセンス抽出、濃縮したら見事な楽曲の真髄が浮かび上がるんじゃないか?
そんな好奇心からスタート。
単なるコピーバンドではないオリジナルな解釈により、ウェザー・リポートのレガシーを受け継ぐ画期的なトリビュート・プロジェクトです。
ウルトラハイテクニックが要求されるWRの強烈なナンバーをクリヤがこれまた入魂のアレンジを施し、3人の凄腕ミュージシャンならではの驚異的なヴィルトゥオジティを発揮した手に汗握るパフォーマンスをお楽しみください!!

d0115919_02424070.jpg

■3/2(木)
■クリヤ・マコト「アコースティック・ウェザー・リポート」リリース記念大ツアー
■開場18:30 / 開演19:00
■¥5,000(D別)
■クリヤ・マコト(pf)、納浩一(b)、則竹裕之(ds)



 リーダーのクリヤ・マコトは米国で多くの巨匠たちと共演し、かのハービー・ハンコックをして「日本で一番好きなピアニスト」と言わしめた。
帰国後もヨーロッパ、オーストラリア、モロッコ、エジプト、ブラジルなど、世界中でライブ活動を行い高い評価を受けている。
また、平井堅や八代亜紀、TVテーマ曲などを手がける作曲家であり、BS 12で放送中の異色音楽番組「歌謡ナイト jazzyなライブショー」では編曲とバンドマスターを担当。本ユニットは、その番組ホストである「歌謡ナイト・バンド」のメンバーでもある。

 伝記映画が公開されたばかりのジャコ・パストリアスに触発されてベースを始め、バークリー音楽院時代にエディ・ゴメス賞を受賞した納浩一は、まさにエレベのようにアップライト・ベースを操る驚異的なプレイヤー。
ドラムの則竹裕之はデビュー以来、日本の最高峰フュージョン・バンド、T-SQUAREで長年活躍し、フィリップ・セスをして日本トップのドラマーと言わしめた名手。
 めくるめく難アレンジをこなし、無編集ステレオ・レコーディングを敢行した強者たちによる全国35カ所のツアーがいよいよスタート!
ウェザー・ファンの方も、そうでない方も、ビックリ天晴れ興奮すること間違いナシの超絶ライブをお見逃し無く!!!


[PR]
# by bar-queen | 2017-02-28 08:30 | お知らせ | Comments(0)

2/26(日)は、憧れの歌姫 浜田真理子さんがやってきます。

憧れの歌姫 浜田真理子さんが初めていわきで歌ったのは
2010年の12/8でした。
その時のブログです。


そして2012年11/12のブログです。


■2/26(日)
■おおたか静流 meets 浜田真理子 ライブ
「女の交換日記」八月のフロッタージュ
■開場16:00 / 開演16:30
■¥4,000(D別)



d0115919_05104597.jpg
d0115919_05105166.jpg
浜田真理子オフィシャルサイト

おおたか静流オフィシャルサイト
http://sizzle-ohtaka.com/
[PR]
# by bar-queen | 2017-02-21 08:30 | お知らせ | Comments(0)

菅波ひろみ・今西太一&ミーワムーラLiveのお誘いです!

明日(2/11・土)は、いわきが生んだソウルシンガー「菅波ひろみ」さんの恒例地元Liveです。
現在は東京や大阪でのLiveもSOLDOUTになる ジャンルを超えた大人気のひろみさん。
バンドがまたいいんです!
これからの日本を背負っていくメンバーを揃えてのステージですから日本中どこへ行っても納得のLiveを届けています。

d0115919_10334185.jpg
■2/11(土・祝)
■菅波ひろみ
■開場14:00 / 開演14:30
■¥3,500(D別)
■菅波ひろみ(vo)中道勝彦(Key)荻原亮(G)江口弘史(B)平岡タカノリ(Ds)


そして明後日(2/12・日)は奇跡のおっさん今西太一さんといわきが誇る二人組ミーワムーラのLiveです。
去年のフジロックにも出演した今西太一さんとミーワムーラ。
本物の熱いステージをお楽しみください!

d0115919_10343010.jpg
■2/12(日)
■今西太一&ミーワムーラ
■開場14:00 / 開演14:30
■¥3,000(D別)
★今西太一
京都でのバンド活動を経て、1992年にメジャーデビュー。
有名アーティストの前座やラジオのパーソナリティ、CM曲制作、役者としての映画出演など必死に戦うも99年事務所契約解消。
それでも彼は歌い続け、現在全国で年間約120本のライブをこなす。
同世代のみならず、若い世代からも彼の歌、彼の生き様が絶大な支持を受けている。
★ミーワムーラ
菅原ミワ(うた,ギター)と、村重光敏(ギター,うた)の福島県いわき市出身,在住デュオ。
2006年,ミワがボーカルとして参加していたバンドに村重がギターで加わる。2009年,脱退。
2010年からmiwamuraを名乗り二人で活動を始め、自主制作ライブ音源盤「umibe no asia to」を発表する。
2011年,ミーワムーラに改名し活動が加速していく。
2013年,club SONIC iwakiのDynarecレーベルより「ここにいる ここにある」を発表。
2015年,ミーワムーラたこのまくらレーベルより「道」を発表する。
2016年,『橋の下世界音楽祭』,『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演し、11月中旬,音宿ごりら屋よりフルアルバム「小さな歩み」の発表を予定している。

[PR]
# by bar-queen | 2017-02-10 10:35 | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
>平賀様、 お返事遅く..
by bar-queen at 21:33
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書の書き方 at 17:31
コメントありがとうござい..
by bar-queen at 21:39
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧