THE QUEEN



<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


明日(3/23・木)は最高峰レディースバンドのロック&ブルースLiveです!

明日(3/23・木)は…
名実共に日本のフュージョン界 No.1女性ギタリスト”安達久美”と
若手ブルースギタリストとして頭角を表す”大久保初夏”
それぞれのシーンを代表する二人の女性ギタリストが融合、魂のロック、ブルースを響かせます。

メンバーは全てレコーディングメンバーの女性ミュージシャン達。
安達&大久保をボトムから支えるリズム隊にはベースに山田直子、ドラムにGRACE とベテラン実力派コンビを!
さらにハモンドオルガンには花田えみを招聘!
レコーディングメンバー女性5 人による最高峰のロック&ブルースLiveをお楽しみください!


■3/23(木)
■安達久美 with 大久保初夏
■開場18:30 / 開演19:00
■¥4,300(D別)
■安達久美(g)大久保初夏(g.vo)山田直子(b)GRACE(ds)花田えみ(org)


club PANGAEA、J&K(梶原順&安達久美)などでの目覚ましい活躍で名実共にJ フュージョン・シーンを代表するNo.1 女性ギタリストの地位を確立した“安達久美”。
ブルース・バンド“RESPECT”、ブルース・ユニット“BLUES SISTERS”などを皮切りに、現在はSHOKA OKUBO BLUES PROJECT での活動を続け、若手女性ブルース・ギタリストとして頭角を現す“大久保初夏”。
それぞれのシーンを代表する2 人の女性ギタリストが奇跡の融合を果たす!!
その名も“安達久美with 大久保初夏”、魂のロック、ブルーズを響かせる究極の女性ギター・デュオの誕生だ!!

New Album “Luck of Blue”の収録曲は、全10 曲。
ブルーズ、ロック、ファンク、フュージョンなど様々な音楽的バックグラウンドをベースにした懐の広いオリジナル楽曲4 曲に加えてカヴァー曲6 曲を収録。
エリック・クラプトン&デュアン・オールマンのツイン・ギターをフィーチャーしたデレク・アンド・ザ・ドミノスの名盤『いとしのレイラ』より「ベル・ボトム・ブルース」。
ファンキー&グルーヴィンな第二期ジェフ・ベック・グループの人気曲「ニュー・ウェイズ/トレイン・トレイン」。
今は亡き天才ブルース・ギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの絶対的代表曲「スカットル・バッティン」。
ウッドストックでの名演が強烈なインパクトを残したカルロス・サンタナ率いるサンタナの「ソウル・サクリファイス」を始め、
音楽ファンのツボを突いた名曲が勢揃いで訴求力は抜群!!
安達&大久保のツイン・ギターが描くケミストリーが本作のサウンドの核であるのは勿論だが、大久保のヴォーカリストとしての才能にも注目だ。
まるでモデルのような端麗なヴィジュアルからは想像出来ないパワフルで迫力のヴォーカル・スタイルはまさに圧倒的!!
ロック&ブルース道を追求したギター・アルバム&ヴォーカル・アルバム両方の魅力が詰まった作品だと断言したい。

d0115919_03283673.jpg

■安達久美
https://www.ragnet.co.jp/artist/adachi_kumi/index.html

11月11日生、大阪府泉州出身、京都在住。
11才でギターをはじめ、早くも13才にはジミ・ヘンドリクスやレッド・ツェッペリンの楽曲でライヴハウスのステージに上る。
19才の時には渡米、LAの音楽学校に留学。
2002年に大阪から京都に活動拠点を移し、そのパワフルでブルージーなプレイ・スタイル&グルーヴ・フィーリング溢れるオリジナルを武器に数多くの著名ミュージシャンとセッションを行う。

2005年より元T-SQUAREのドラマー則竹裕之との双頭ユニット「安達久美club PANGAEA」をスタートさせ、2007年に発売した1stアルバム『Little Wing』が、タワーレコード・週間売り上げ J-Jazz部門にランクインするなど、デビューわずかに音楽シーンに旋風を起こした。
2008年には2ndアルバム『WINNERS!』、2009年には3rdアルバム『L.G.B.』をリリース。

2010年にはお経と即興演奏のコラボアルバム『慈愛LOVE』に参加。
山下洋輔(p)、日野皓正(tp)らとレコーディングに参加し話題となる。
2011年には松原正樹が発起人となったギターオムニバスアルバム『TIME MACHINE』に参加。
11月には、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン・イン・かわさき」にて、マイケル・ジャクソン『THIS IS IT』出演のギタリスト・オリアンティと再共演する。

2012年1月には、森山良子、角松敏生や渡辺貞夫のサポートなどでも活躍の梶原順とのギターユニット「J&K」のライブDVD『Live Lab.』が発売される。
同年3月にはエジプト「カイロジャズフェスティバル」に招聘され、メインステージでトリを務める。
10月には、ばんばひろふみの11年ぶりのアルバム『メイド イン 京都』のレコーディングに参加。

2013年1月には、J&Kによる待望の1stアルバム『J&K』をキングレコードよりリリースし、タワーレコード・ジャズセールスランキング2位、HMVジャズ総合ランキング4位を記録した。

これまでの5度に渡る韓国ツアーの敢行など、国際的な活動も展開中。
2014年3月にはフランスの”パリ日本文化会館”にて行われた「JAZZ IN JAPAN 2014〜日本ジャズと僧侶との出会い〜」に招聘された。
パリの老舗ジャズクラブ“New Morning”にて行われた「東日本大震災復興支援チャリティーライブ」にもJ&Kとして出演。
同年5月にはJ&Kの2ndアルバムとしてエレクトリックアルバム『TIME』 、アコースティックアルバム『TIDE』をキングレコードより2作同時発売し、大きな話題を呼ぶ。

また、9月には、価値あるアイデアを世界に広めることを目的としたカンファレンス、「TEDxKyoto 2014」に出演、トリを飾る。
ボノ(U2)やビル・ゲイツ(マイクロソフト社共同創業者)など、世界の様々な分野の第一線で活躍する人物が出演する「TED」にて、映像を彷彿させる彼女の楽曲でオリジナティー溢れるギタープレイを披露し、満員の聴衆から大喝采を浴びた。

2015年には「安達久美club PANGAEA」が結成10周年を迎え、6年ぶりとなる4thアルバム『FLAT OUT』とベストアルバム『PANGAEA』をキングレコードより2作同時リリース。
10年間磨き上げて来たサウンドは、“第二期パンゲアサウンド”と呼べる進化・深化を遂げ、各所で高く評価されている。


■大久保初夏(g.vo)
http://ameblo.jp/shoka-okubo/
ブルーズやR&Bにシビレました。今はSHOKA OKUBO BLUES PROJECTとして活動中です。
昨夏のFUJI ROCK FESTIVAL'14, '15に出演!
また、Tokyo Girls Collection 14 A/Wでは第1回TGAアーティスト部門の審査員特別賞を頂きました。
このオフィシャル・ブログ化はamebloさんからの副賞です!ヘ(゚∀゚*)ノ
たくさんの応援をありがとうございました!

最新CDは、2016.12.21発売!フュージョン・ギタリストの安達久美ちゃんとコラボしたブルーズロックのアルバム『Luck of Blue』(KING RECORDS KICS-3977)です!
メンフィスで録音した前作品『MEMPHIS BOUND -ビートにしびれて-』 (P-VINE RECORDS)もぜひ聴いて下さい!

山田直子(b)
http://blog.goo.ne.jp/naoko-on-bass
10才から15才までをロンドンで過ごし、British Pops/Rockの多大な影響を受ける。
帰国後'89年にNORMA JEAN、'97年にSPEAKと2回のメジャーデビュー。
その後フリーのベーシストとして数々のアーティストのコンサート、ライブサポート、レコーディングをつとめる他、自己のセッションやリーダーバンドで精力的にライブ活動を行っている。
ベース講師としては15年のキャリアがあり、若手プロプレイヤーのトレーナーから初心者、中上級者問わず個人の要望に応じたレッスンの評価は高く、女性プレイヤーやジュニアへのフォーム始めフィジカルケア、長時間疲れずに演奏出来る奏法などの独自メソッドを持つ。

GRACE(ds)
http://www.rainbowgrace.net/
1964年  生まれる
1979年 ドラムを始める

1980年 ジャコウネコ加入

1986年 インディーズシーンにて全国ツアーを遂行
1989年 メルダックレコードよりメジャーデビュー
1992年 ジャコウネコ脱退、フリーのドラマーとして活動開始

1993年 Heaven レコーディング参加、荻野目洋子ツアー参加(~1994)

1994年 Replica レコーディング、ツアー参加(~1995)Be-Bレコーディング、ツアー参加
1995年 奥井亜紀ツアー参加(~1998)
1996年 Diamond Yukai ツアー参加(~1998)
1997年 Diamond Yukai レコーディング参加

1998年 沢田研二ツアーメンバーとなる(~現在)
    筆おろし(長見順 g/柴草玲 pf/grace drs)結成

1999年 hitomi ツアー参加 佐野史郎とライスカレーに参加

2000年 鈴木祥子 ツアー参加
2001年 CHARAツアー参加 佐野史郎とライスカレー レコーディング
2002年 mother(田村直美/ICHIRO/grace) 結成 ツアー(~2004)
    パンチの効いたブルース(長見順 g/かわいしのぶ b/grace drs)結成(~現在)

2003年 田村直美 ツアー参加(~2004)  
    パンチの効いたブルース、フジロック出演  筆おろし ライブレコーディング

2004年 田村直美 レコーディング参加 長見順 レコーディング参加

2005年 佐野史郎率いるニューバンドsanchに参加、レコーディング、
    フジロック出演、長見順 レコーディング参加 
    Graceソロ名義のライブ活動開始(~現在)

2006年 柴草玲、長見順、かわいしのぶ、大西ゆかり等とmusic hair 結成、レコーディング

2007年 music hairライブ  主演のショートムービー「大地を叩く女」(監督 井上都紀)撮影、東京国際映画祭 出品

2008年 「大地を叩く女」ゆうばり国際映画祭にてグランプリを受賞、その後数々の世界の映画祭に出品。
    沢田研二、人間60年ジュリー祭り(大阪ドーム、東京ドーム)全80曲、6時間40分のステージをつとめる

2009年 「大地を叩く女」フランス、クレルモンフェラン国際映画祭において特別賞を受賞。
    デビュー20周年にあたり、記念イベントを開催 http://www.rainbowgrace.net/20th/ 
    sanchレコーディング ネット配信スタート
2010年 JULIE WITH THE WILD ONES ツアー参加


■花田えみ(org)

http://emihanada.org/
1984年7月3日生まれ。
滋賀県出身、京都府在住のオルガニスト。
幼い頃からクラシックピアノを学ぶ。
音楽専門学校在学中、Billy PrestonのsoulfulなOrganに衝撃を受けOrganを弾き始める。
現在は、自己のリーダーバンド・HANA's Organ Quartetを始め、サポートライブやレコーディング、セッションライブ等、ジャンルに捉われず東西南北活動中。
演奏活動以外にも数々のアーティストへの楽曲提供、アレンジ等も手がける。
2015年7月、自身のオリジナルを詰め込んだ1st Album『Soul Meetin'』をリリース。
ホームであるlive spot RAGにて、「Billy Preston追悼LIVE」や、出逢った数々のミュージャンを巻き込んでの「HAPPY8days」「HAPPY10days」を開催。Organ背負って全国各地へhappyに音紡ぎ。
[PR]
by bar-queen | 2017-03-22 08:30 | お知らせ | Comments(0)

明日(3/12・日)は大西順子トリオです!

明日(3/12・日)は大西順子(pf)  井上陽介(b)  山田玲(ds)による大西順子トリオです、


■3/12(日)
*大西順子トリオ  大西順子(pf)  井上陽介(b)  山田 玲(ds)

■開場14:30 / 開演15:00
■¥5,000(D別)


小澤 征爾, 村上 春樹、大西順子の世代も活躍の舞台も違う3つの才能がガーシュインの一曲で交差し、

子どものように素朴な興奮を共有する!
まずはこれを読んで 生音を目の前で感じてほしいです!

  ↓

必読!ここをクリック!!


読んだら次はここをクリック!!


衝撃の復帰を果たしたピアニスト大西順子が
菊地成孔プロデュースによる話題の最新作『Tea Times』(TABOO)を携え
前回同様 大西順子トリオで登場!

d0115919_02380396.jpg


必読のインタビューはここをクリック!



■プロフィール■

■大西順子:ピアニスト
http://junkoonishi.runinc.jp/
1967 年 4 月 16 日、京都生まれ。東京に育つ。
1989 年、ボストン、バークリー音楽大学を卒業、ニューヨークを中心にプロとしての活動を開始し、ベティ・カーター(vo)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、ジャッキー・マクリーン(as)、 ミンガス・ビッグ・バンド、ミンガス・ダイナスティらと共演する。
1993 年 1 月、デビュー・アルバム『ワウ WOW』を発表。大ベストセラーとなり、同年のスイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。
1994 年 4 月、セカンド・アルバム『クルージン』が米国ブルーノートより発売される。
5 月、NY の名門ジャズ・クラブ“ビレッジ・バンガード”に日本人として初めて自己のグループを率いて出演し、1 週間公演を行う。
同公演を収録した、『ビレッジ・バンガードの大西順子』は、スイングジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞銀賞、出光音楽賞を受賞。
1995 年のスイングジャーナル誌読者投票では、<ジャズマン・オブ・ジ・イヤー>をはじめ、<アルバム・オブ・ジ・イヤー><コンボ><ピアノ>の 4 部門を受賞。
人気実力ともに日本ジャズ・シーンのトップに昇りつめる。
その後日本のジャズの牽引者として縦横無尽の活躍を果たし、近年の本格的な女性ジャズ・ ミュージシャン・ブームの先駆けともなるが、2000 年 3 月の大阪公演を最後に突然の長期休養宣言。
そして 2007 年、多くを語らず活動再開。
かつての力強く、グルーヴ感あふれるプレイに加えて、繊細さも兼ね備えたダイナミズムあふれる演奏は、大きな話題を呼ぶ。
2009年7月、実に11年ぶりのアルバム『楽興の時/Musical Moments』よりリリース。
11 月にはベルリン・ジャズ・フェスティヴァルに自己のトリオで出演。
2010 年 2 月、『楽興の時』がフランスにてリリース。
3 月には、ユニバーサル移籍第一弾と なる新作『バロック』を、かつてプロとしてのキャリアをスタートさせたニューヨークでレコーディング。
同世代のファーストコールのミュージシャンをずらりと揃え、ダイナミックでリッチなアコースティック・ジャズ・サウンドを存分に披露。
この作品は全世界発売され、米ジャズ雑誌でのポール獲得など、高い評価を得た。
オーチャードホールでのCD 参加メンバーによる豪華なコンサートは大きな話題となる。
2012 年夏、突然の引退宣言。
2013 年9月、クラシックの祭典「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」へ出演。
小澤征爾氏の猛烈な誘いに負け、一夜限りの復活とし出演を決める。
小澤征爾率いるサイトウ・ キネン・オーケストラと大西順子トリオの共演は、この夏の大きな話題となり、素晴らしい 反響を呼ぶ。
2015 年 9 月、東京JAZZ へ出演。
日野皓正&ラリー・カールトン SUPER BAND のサポー ト・メンバーとして出演し、その圧倒的な存在感でシーンに復帰を飾る。
2016年6月、菊地成孔プロデュースによるニューアルバム「Tea Times」をリリースする。

■井上陽介
http://www.geocities.co.jp/MusicHall/3814/
1964年7月16日、大阪生まれ。
大阪音楽大学作曲科卒。
在学中よりプロとして活動を開始。
上京後、日野元彦、佐藤允彦らのグループを経て91年よりニューヨークを拠点に活動。
日野皓正、ハンクジョーンズ、穐好敏子等と共演する。
92年にニューヨーク在住の若手ミュージシャン奥平真吾、池田篤、井上智、大野智子らと共に「インサイド・アウト」を結成。
CD「ビーフリーアンドストロング」発表と同時にNYのブルーノート、スイートベイジルなどに出演する。
95年には椎名豊、ロイ・ハーグローブと共に「ジャズ・ネットワークス」のレコーディングに参加。
97年にはニューヨークの若手ミュージシャンと共に録音した自身のリーダーアルバム「スピークアップ」を発表。
日本全国をツアーしたほかNYのカーネギーホールでも演奏する。
98年にはハンク・ジョーンズ、ベン・ライリーとともにグレートジャズトリオのCD「What’s New」のレコーディングに参加。
エイブラハム・バートン、マット・ウィルソン、ドンフリードマンなどのグループでNYの「スイートベイジル」などの各ライブハウスでの演奏やヨーロッパツアーなど国際的に活動。
ほかに共演したミュージシャンはデューイ・レッドマン、リー・コニッツ、デイブ・リーブマン、ジャック・ウィルキンス、サイラス・チェスナット、エディ・ダニエルズなど多数。
日本では2006年まで辛島文雄トリオのレギュラーベーシストを7年つとめる。
2002年2月にはニューヨークで共演しているミュージシャンとの異なる3種のデュオを収めた自身3枚目のアルバム「Peace」(M&I)を発表。
朝日新聞の「今月の10枚」に選定されるなど高い評価を得ている。
2004年には活動の拠点を日本に移し、2005年9月には自身4枚目のリーダー作となる「Back To The Groove」(M&I)を発表し石井彰(P)小山太郎(DR)からなるトリオで演奏活動を行う。
2007年10月には多田誠司(SAX)納谷嘉彦(P)大坂昌彦(DR)で編成されたグループで録音した5枚目のリーダー作となる「Straight Ahead」がリリース。
2009年には小曽根真、渡辺香津美、川嶋哲郎、大坂昌彦によってレコーディングされた6作目のアルバム「LIFE」を発表。
2014年には5年ぶりの自身7枚目のアルバム「Good Time」を秋田慎治(P)荻原亮(G)江藤良人(DS)丈青(P)らと録音し10月にリリースされ全国ライブハウス、コンサートホールで演奏活動を行い好評を得る。
またフィル・ウッズ、トム・スコットなど海外からの来日するアーティストとの共演も多い。
2007年度(第57回)2008年度(第58回)のスイングジャーナルの人気投票で1位になるなど、各種の人気投票で常に上位にランクされる。
また沖縄在住の安富祖貴子のアルバム「魂」(2006年)「マブイのうた」(2007年)ではプロデューサーを担当。
2006年のスイングジャーナル誌「企画制作賞」「ニュースター賞」などを受賞する。
2015年には平賀マリカの「Mandelcini」のプロデュースを行う。
2015年まで大野雄二&ルパンティック5のメンバーとして活動。
現在、自己のグループの他、塩谷哲トリオ、渡辺香津美ジャズ回帰プロジェクト、大西順子トリオ、などのメンバーとして活動。
その他、TOKU、小沼ようすけ、小曽根真などのジャズミュージシャンとのセッションの他、絢香、佐藤竹善、Superflyなどポップスの数々のセッションに参加し日本のみならず海外でも精力的に活動。
またマット・ウイルソン・グループやティム・アマコスト・グループの一員でアメリカやヨーロッパでも活動を続ける。


■山田玲(やまだあきら)
http://akry0325.wixsite.com/akira-y-drums
1992年 鳥取県北栄町(旧大栄町)生まれ
幼少の頃より音楽に親しみ、高校卒業後上京する。
猪俣猛氏、本田珠也氏、Gene Jackson氏に師事し、18歳よりプロ活動を開始する。
様々な音楽シーンで活動するドラマー。
現在は主に、前田憲男(pf),秋満義孝(pf),納谷嘉彦(pf),大西順子(pf),熊谷ヤスマサ(pf),松本茜(pf),大野俊三(tp),今津雅仁(ts),浜崎航(ts),平井庸一(gt),中山拓海(as),TOKU(vo,flgh)などのバンドで活動している。


是非のお出かけを~!!


[PR]
by bar-queen | 2017-03-11 08:30 | LIVE | Comments(0)

本日(3/5・日)円熟のジャズシンガー 中本マリLiveです。

本日(3/5・日)15:30~
円熟のジャズヴォーカリスト中本マリさんが、心に響く大人のステージを届けてくれます。
魂が揺さぶられる本物のシンガーの歌力に包まれるステキなひと時をお楽しみください。

d0115919_03461606.jpg
■3/5(日)
■中本マリJAZZ Live
■開場15:00 / 開演15:30
■¥5,000(D別)


■中本マリ
•1973年 - 『アンフォゲタブル』でソロデビュー。
•1978年 - スイングジャーナル誌 読者人気投票でヴォーカル部門 第一位。
      以降8年連続、第一位。 高橋達也と東京ユニオンと共にモントルー・ジャズ・フェスティバル出演。
•1979年 - 『アフロディーテの祈り』でスイングジャーナル誌 ジャズ・ディスク大賞 特別賞を受賞。
      三木敏悟とインナーギャラクシーと共にモントルー・ジャズ・フェスティバル出演。
•1985年 - 水島早苗ジャズヴォーカル賞(現・日本ジャズヴォーカル賞)第一回グランプリ受賞。
•1987年 - 『メモリーズ』を発表。
•1990年 - 『オール・ジャパン・ジャズ・エイド』の発起人。日韓友好『ソウル・ジャズ・トレイン'90』で、日野皓正、ジョージ川口らと共演。
      東京アムラックスで、ジョージ・ベンソンと共演。
•1991年 - 『ヴォイス』でスイングジャーナル誌 第25回ジャズ・ディスク大賞 日本ヴォーカル賞受賞。
•1992年 - スイングジャーナル誌 読者人気投票でヴォーカル部門 第一位。(6年ぶり9回目)
•1995年 - 阪神・淡路大震災のチャリティ・コンサートの発起人。 レジー・ワークマン・トリオと全国ツアー。『サマータイム』を収録。     
•2003年 音楽活動35周年記念アルバム。日本を代表する名手達とのデュオ集『NADECICO』を発表
•2012年 アルバム『Morning Star』をオープンリールテープレコーダ使用の一発録音。
•2013年 80年代にリリースしたオリジナルアルバムの中からピックアップした曲を収録した『Self Cover』を発表。
•現在 Pf.、Bs.米木康志、Pf.福井ともみ その他多くのミュージシャンと活動中

[PR]
by bar-queen | 2017-03-05 08:30 | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧