THE QUEEN



<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


明日(6/30・火)は 赤木りえ(フルート) 鬼武みゆき(ピアノ)佐藤 裕一(カホン)の赤鬼トリオLiveです!

「花子とアン」「歴史秘話ヒストリア」の演奏が印象的なカリビアン・フルートの第一人者「赤木りえ」。
しなやかな感性でジャ ンルを超えた活動を行なうコンテンポラリー・ジャズ・ピアニスト「鬼武みゆき」。
そんなクール・ビューティーな2人の女性な らではの艶やかさと彩一杯、夢幻の境地にあなたを誘い込むユニット「赤鬼」。
そして独創的なCajon(カホン)の演奏スタイルが各地で注目を浴びているドラム奏者/カホン奏者/作曲家「佐藤裕一」が北海道から参戦。
その名 もズバリと「赤鬼トリオ / 青鬼を探せ!」果たして今回のツアーで青鬼は見つけられるのか?
一瞬にして異国の世界を創りだす「赤鬼トリオ」
是非ご体験下さい!

d0115919_2125047.jpg

■6/30(火)
■赤鬼トリオ
■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)
■赤木りえ(フルート)鬼武みゆき(ピアノ)佐藤裕一(カホン)


とってもステキな大人時間。
是非お出かけ下さい!!

[PR]
by bar-queen | 2015-06-29 21:03 | お知らせ | Comments(0)

QUEENこれからのLive予定です!!

皆様には大変お世話になっております。
これからのLive予定をお知らせ致します。
ラテン ~ ビートルズ ~ ボサノヴァ ~ フォーク ~ ジャズ ~ フラメンコ ~ ベンチャーズ ~ ブルース・・・
お好きなジャンルでお楽しみ頂ければ!と願っております v(^o^)/
どうぞお気軽にお出かけ下さい!!

---------------------------------
■6/27(土)
■プリンセス・アイ presents ベリーダンス Vol.1

■15:00~
■出演者/観覧者ともに1500円(1ドリンク付)
■BELLYDANCE★HAFLA!!
プリンセス・アイさん主催の オープンステージ・ダンス発表会です。
ハフラとは、アラビア語で、ホームパーティーという意味です!
ベリーダンスのハフラとは、小さい発表会、ショー、イベントという意味があります。
ベリーダンスを踊り、日頃の練習成果を発表しあい、楽しく交流をしていきましょう!!

d0115919_13233064.jpg

------------------------------
■6/28(日)
■Smile Again from IWAKI jammin'Zebコンサート@アリオス中劇場

■開場16:00/開演16:30
■¥2,999
d0115919_13245377.jpg

------------------------------
■6/30(火)
■赤鬼トリオ

■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)
■赤木りえ(フルート)鬼武みゆき(ピアノ)佐藤裕一(カホン)
■ラテンフルートの第一人者 赤木りえのアグレッシブなフルートと鬼武みゆきのメロディアスなピアノ、佐藤裕一の独創的スタイルのカホンのリズムが一瞬にして異国の世界を創りだす!!

d0115919_13285263.jpg

------------------------------
■7/1(水)
■QUEENオープンライヴ Vol.160

■◆ギターを弾きたい、ピアノを弾きたい、歌いたい!
多くの人に自分の演奏を聴いてもらいたい方・・・集まれ~!(出演したい方は事前に連絡をくださいね)
★出演者の方
 ○参加料:一人1,000円+ドリンクオーダー(500円)
★ライブのみを観たい、聴きたいという方
 ○一人500円+ドリンクオーダー(500円)となります。
※ライブ実施時間も通常の営業を行っております。
■日本全国で行われている、いわゆる「ノルマなしライヴ」
「オープンマイク」とか「オープンステージ」なんていうネーミングが多いですね。
QUEENは「オープンライヴ」という名前で月に2・3回のペースで、
隔週水曜日に企画しています。
------------------------------
■7/4(土)
■ビートルズのチカラ! Vol.12

■開場12:00 / 開演13:00
■¥1,500(D別)
■東北のビートルズプレイヤーが 音のチカラを信じて結束!
おらが町よ、甦れ

d0115919_13292191.jpg

------------------------------
■7/5(日)
■KATSUMI~Voice from the Heart ゆるツアー 25周年リクエストライブ in いわき~

■開場15:30/開演16:00
■¥4,000(D別)
■KATSUMI(Vo,Ag)、石川 洋(PF,Key)
■カメリアダイアモンドCFのイメージソング「危険な女神」の大ヒットでお馴染みのKATSUMIさんのLiveです!
毎月決まったテーマで、あらゆるジャンルから選曲して歌うマンスリーライブ「Voice From the Heart」を行い、現在も継続中!

d0115919_13295786.jpg

------------------------------
■7/6(月)
■「フライミー・トゥ・ザ・ボサノヴァ mais além」 TOYONO+越田太郎丸 DUO tour

■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)
■TOYONO(vocal) 越田太郎丸(guitar)
■ボサノバなどブラジル音楽をこよなく愛する2人のミュージシャンによるコラボレーション。
初のいわき公演が決定!
シンプルかつ複雑なサウンドはブラジル音楽ファンでなくとも必見必聴。
ブラジル感たっぷりでお届けいたします。

d0115919_13301371.jpg

------------------------------
■7/8(水)
■QUEENオープンライヴ Vol.161

■◆ギターを弾きたい、ピアノを弾きたい、歌いたい!
多くの人に自分の演奏を聴いてもらいたい方・・・集まれ~!(出演したい方は事前に連絡をくださいね)
★出演者の方
 ○参加料:一人1,000円+ドリンクオーダー(500円)
★ライブのみを観たい、聴きたいという方
 ○一人500円+ドリンクオーダー(500円)となります。
※ライブ実施時間も通常の営業を行っております。
■日本全国で行われている、いわゆる「ノルマなしライヴ」
「オープンマイク」とか「オープンステージ」なんていうネーミングが多いですね。
QUEENは「オープンライヴ」という名前で月に2・3回のペースで、
隔週水曜日に企画しています。
-----------------------------
■7/9(木)
■ブレッド&バター

■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)
■今年も ブレッド&バターのお二人が 湘南の風と共に 心地よいボーカルとハーモニーを届けて下さいます!
d0115919_13303141.jpg

-----------------------------
■7/10(金)
■プリンセス・アイ presents ディスコナイト Vol.4

■19:30~22:00
■¥1,000(D別)
■4回目を迎えるディスコナイト!
楽しいから毎回参加者が増えてます!
お手軽な料金ですのでお気軽にご参加ください!!
ワクワクがとまらない!
あの当時のディスコをもう1度!!
プリンセス・アイのドニー坂本先生プレゼンツ
ディスコナイト!!!

d0115919_13305151.jpg

-----------------------------
■7/12(日)
■杏暖庭

-----------------------------
■7/13(月)
■TOKUフランク・シナトラ生誕100周年記念 Dear Mr. SINATRA

■開場18:30/開演19:30
■¥5,500(D別)
■TOKUが最も敬愛するジャズ・ポピュラー界の巨人"The Voice" フランク・シナトラが
今年生誕100周年を迎えるのを記念してシナトラに捧げるカヴァー・アルバムを
リリースしたTOKUが、「Dear SINATRA」ツアー開始!

d0115919_13311025.jpg

-----------------------------
■7/14(火)
■Spanish Connection(スパニッシュ・コネクション)

■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)
■伊藤芳輝(フラメンコギター) 平松加奈(バイオリン) 吉見征樹(タブラ)
■インドから東欧を経てスペインのアンダルシアへと至るジプシーの道筋をそこで生まれた
フラメンコ・ギター、ヴァイオリン、タブラ といった楽器と共に音楽で旅する・・・
グループ名のスパニッシュ・コネクションは“スペインつながり”の意。
ジプシー音楽の一つの究極であるスペイン/フラメンコ音楽をコアに置きつつも、クラシック、ジャズ 、民族音楽などのエッセンスを織りまぜ独特のオリジナリティーを発揮している。

d0115919_13312614.jpg

-----------------------------
■7/15(水)
■QUEENオープンライヴ Vol.162

■◆ギターを弾きたい、ピアノを弾きたい、歌いたい!
多くの人に自分の演奏を聴いてもらいたい方・・・集まれ~!(出演したい方は事前に連絡をくださいね)
★出演者の方
 ○参加料:一人1,000円+ドリンクオーダー(500円)
★ライブのみを観たい、聴きたいという方
 ○一人500円+ドリンクオーダー(500円)となります。
※ライブ実施時間も通常の営業を行っております。
■日本全国で行われている、いわゆる「ノルマなしライヴ」
「オープンマイク」とか「オープンステージ」なんていうネーミングが多いですね。
QUEENは「オープンライヴ」という名前で月に2・3回のペースで、
隔週水曜日に企画しています。
-----------------------------
■7/18(土)
■鈴木勲OMA SOUND

■開場18:30/開演19:30
■¥5,000(D別)
■日本ジャズ界を背負ってきた男 “オマスズ”こと“鈴木 勲氏のLIVEです。
日野元彦、渡辺香津美、秋山一将、山本剛、益田幹夫・・・
全ての楽器にわたって多くのミュジッシャンを育てた本物のジャズマン。
QUEENの近所のジャズハウス シャンテハウスとQUEENの合同企画で実現しました。
今年の1/22に予定していた「オマさん」こと鈴木勲Live。
体調不良のため延期となっていました。
お元気になられたオマさん 82歳! に会いに来て下さい!!

-----------------------------
■7/19(日)
■Happy Summer Live

■開場15:30/開演16:00
■¥1,000(D別)
■BLUES DRIVER
LOVE&PEACE
ガスケッツ
GS FREAK
Mix Nuts
いわきベンチャーズ
■地元人気バンドの恒例Liveです。
いつも満席になりますので、どうぞお早目のご予約をお願い致します。

-----------------------------
■7/20(月・祝)
■Conny's

■開場14:30/開演15:00
■¥3,500(D別)
■「キッスは目にして」でお馴染みTHE VENUSのコニーさんのLiveです!
最高のオールディーズショーをお届けします!!

-----------------------------
■7/23(木)
■杉本篤彦

■開場18:30/開演19:30
■¥3,000(D別)
■湘南の潮風と波の音から生まれたギターサウンドが貴方を優しく包みます。
Funky & Mellow Guitar Sounds / The One And Only Finger Pickin'
SOUL & JAZZをお楽しみに!!

-----------------------------
■7/25(土)
■第18回「いわき・エレキバンド交流会」演奏会

■15:30~
■¥1,000(D別)
■地元いわきで活躍する「ベンチャーズ&寺内&シャープファイブ」系のコピーバンドで集結した
「いわき・エレキバンド交流会」の定期交流会です。
たくさんのエレキ好きが集まって、毎回満席で楽しいひと時をご一緒します。
これからベンチャーズなどを演ってみたい!という方も是非ご参加してみてください。
交流が広がり、新しいバンドを結成する方も増えてます。

----------------------------
■7/27(月)
■木村充揮(ex.憂歌団)ひとり旅 夏ツアー 2015

■開場18:30/開演19:30
■¥5,000(D別)
■憂歌団の木村さんが、今年も東北ツアーでやってきますよ~!
木村さんの「天使のダミ声」に包まれて 一緒に飲んで歌って・・・
のんびりゆったり 「きむらあつき」時間をご一緒しましょう!!

----------------------------
■7/29(水)
■梅津和時 KIKI BAND JAPAN tour 2015 " 奇々怪々"

■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)
■梅津和時(reeds)鬼怒無月(g),早川岳晴(b),ジョー・トランプ(ds)
■そのパワーと、織り成す多彩な音色やリズムで、全国の観客の度肝を抜いた4人の荒ぶる男たち。
KIKIBAND!!

-------------------------------
■7/30(木)
■菅波ひろみ 2015 IN IWAKI@QUEEN

■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)
■vo菅波ひろみ、 keys中道勝彦、g荻原亮、 ba江口弘史、drs白根佳尚
■関東関西他各地をソウルフルなステージで熱くしているいわき出身 菅波ひろみさんのLiveです!
昨年11/15以来のいわきLiveです!
みんな集まれ~~!

d0115919_13362060.jpg

--------------------------------

どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m
[PR]
by bar-queen | 2015-06-27 13:36 | お知らせ | Comments(0)

6/23(火)は福山雅治レコーディングを契機に集結した井上鑑&山木秀夫&三沢またろうのDSD trioです!

~聞くよりも深く。聴きあう気配から生まれる空間。~ 

井上鑑&山木秀夫&三沢またろう という、
“精緻で野蛮なリズムキング”ふたりと”ハーモニーの錬金術師”による 未来派トリオ、DSD trio。


大瀧詠一、寺尾聰、とのコラボで知られるアレンジャー・井上鑑。
d0115919_22453450.jpg

井上陽水、B’z をはじめ業界信頼度No1ドラムス・山木秀夫。
d0115919_2246711.jpg

米米CLUB、サザン、その他いつも超多忙、絵になるパーカッション・三沢またろう。
d0115919_22462133.jpg


3人の侍が福山雅治レコーディングを契機に集結!
ドラム&パーカッションにキーボードという希有な編成がリズムとハーモニーの限りない自由を生み出しました。
バルトークからウィーン新古典派ボサノバ、ビートルズを経てバリ島空想旅行団まで。

ロックでラテンで楽しく繊細、そしてアートなライブは唯一無二です。


■井上鑑さんHPより
Drums山木秀夫 Synthesizer井上鑑 Drums三沢またろう
まぁ、楽器はそれぞれ色々な持ち替えをしますし、歌いますし、決して看板に縛られるユニットでもありませんが、Direct Streaming Digitalという現在考えられる最高音質のフォーマット、このところ巷で流行し始めているハイレゾの最高峰規格にちなんで命名された凄腕三人組です。
なんと、今年はいきなりライブハウスツアー、7都市7公演決定です。

熱く,楽しく,味わい深い「梅雨To You!!」
小技、小ネタ、小物、小咄もどうぞお楽しみに。

自由さと手堅さがせめぎ合うライブは全公演がプレミアム、ワン&オンリーな物語が展開されることでしょう。


d0115919_2254995.jpg

■6/23(火)
■D.S.D-Trio Tour 2015
■開場18:30/開演19:30
■前売¥5,000/当日¥5.500
■井上鑑(Pf/Key)、 山木秀夫(Drums)、 三沢またろう(Per)、


■プロフィール

■井上鑑(Pf/Key)

1953年9月8日チェリスト井上頼豊の長男として東京に生まれる。
和光学園中学校、都立青山高校を経て、 桐朋学園大学音楽学部作曲科在学中(故・三善晃氏に師事)より、CM音楽作編曲家、キーボード奏者として活動を始め、その後、アレンジャー・プロデューサーとして多数のプロジェクトに参加。
特に故・大瀧詠一氏とは自称師弟関係を70年代ナイアガラレーベルのコロムビア在籍時から維持し「Each Time」、「NIAGARA SONG BOOK I・II」「幸せな結末」等多数にプレーヤー、アレンジャーとして参加。
2000年前後より福山雅治氏の作品作りに加わり、演奏、編曲、ツアーのキャプテンとして多数のプロジェクトに全面的に参加。
2014年には初の海外公演を成功に導く一端となる。
1981年 single「GRAVITATIONS」(ヨコハマタイヤASPEC TV-CM)、album「予言者の夢」で、ソロ・アーティスト・デビュー。
以降、先鋭的なサウンドと現代詩ともいえる歌詞を駆使して13枚のアルバムを発表。
ロンドンとの2拠点化が1985年頃から進む。
David Rhodes(Peter Gabriel Band)、Simon Phillips、Jon Kelly(Kate Bush)、Tchad Blake等との交友からは多数の作品が生まれている。
舞踏、映像など音楽以外の創作活動への参加も数多く、編集的なセンスの鋭さで信頼関係を得、長期にわたってコラボレーションを続けているアーティストもジャンルを越えて多数。
1996年より国立音楽大学音楽デザイン科にて新しい音楽語法のレクチュアを担当。
2006年Tchad Blakeのミックスによるアルバム[Criteria]発表。ADLIB AWARD受賞。
2006年より音楽インスタレーションプロジェクト[SOUNDINGS]を表参道ヒルズ、NAdiffにて開催。
2010年春、音楽と言葉のウェブサイト「千律譜・BASHO」を松岡正剛氏とのコラボレーションの一端として開設。
2011年8月、初の単行本、鑑式音楽アレンジ論「僕の音、僕の庭」(筑摩書房)発売。
2013年、「連歌・鳥の歌」プロジェクト プロデュース
完全ソロ形式によるコンサートシリーズ「僕の音」を2010-12年の3年間を1クールとして銀座ヤマハホールにて開催。
ピアノを主軸としたア コースティックな響きと赤川新一による新しい音響アイデアとの融合、藤本晴美の幻想的な照明とともに物語性の高い音楽庭園を具現。その延長線上にあるリサ イタル的な活動が期待される。
伝説的バンド「パラシュート」を始め、信頼しあうミュージシャン達とのユニット的活動も意欲的に継続している。
「井山大今」「HARISSA」 「RHM」「Green-Ball-Session」「Seven」 など。
最新プロジェクトとして山木秀夫氏、三沢またろう氏との変則編成トリオ 「DSD Trio」が2013年秋より始動。


■ 山木秀夫(Drums)


1952年、熊本生まれ。
父の影響で幼稚園の頃からジャズとタンゴに親しむ。
中学1年でドラムを購入。バンドを組み、ビートルズやストー ンズ等を演奏する。
16才の時に沖縄へ渡る。当時沖縄はアメリカ領で、クラブもたくさんあり、基地のFM局のDJでドラムを叩くアメリカ人がマネージャー 役を買って出て多くの仕事をする。
74年に市川秀男に出会い、そのままトリオに入団して上京。
土岐英史、益田幹夫、八木正生、佐藤允彦、山本剛らの多くのミュージシャンとの共演を経て78年、清水靖晃、笹路正徳、土方隆行らと「マライヤ」を結成。
80年には佐藤允彦の「メディカル シュガー バンク」に参加と同時期に和田アキラ、富倉安生、深町純の「KEEP」に参加。
81年には、「渡辺香津美バンド」に参加。
84年にワールド・ドラマーズ・ミーティングに参加し、ビル・ブラッフォード、ビリー・コブハム、スティーブ・ガッド、ハービー・メイソン等と共演。
85年、井上鑑とユニットを組み、ビル・ブラッフォード、ジョン・ギブリン等とロンドンでレコーディング、日本にてライブを行う。
同85年吉田美奈子のセッションに参加したのがキッカケで近藤等則に出会い近藤の「IMA」に参加し、近藤も山木秀夫のバンド「テンテレツク」にお互い参加する。それから近藤「IMA」で10年間にわたり度々ヨーロッパをツアーする。
その他、アート・リンゼイ、ジョン・ゾーン、坂本龍一、細野晴臣、デビット・シルビアン、、、、など、あらゆるアーティストと共演。
90年、1stアルバム「テンテレツク」発表。
93年、2ndアルバム「シャドー・ラン」(参加ミュージシャン:ジンジャー・ベイカー、ビル・ラズウエル、フォデラ・ムサ・スソ、近藤等則、清水靖晃、ほか)を発表。
同時期93年にブルース ミラーと出会い、96年にはサンプリングCDを発表。
97年夏、オランダジャズフェスティバル「ノース・シー・ジャズ・フェスティバル」に参加。
2002年3rdアルバム「There He Goes」(清水靖晃プロデュース)、4thアルバム「Q」(松本孝弘、後藤次利プロデュース)を続けて発表。
2003年、ベーシスト後藤次利とのスペシャルユニット「gym」をスタートし4枚のアルバムとDVDをリリース。自身の音楽の探求に精力的に活動している。
【Recording work】レコーディングではB'z、中島みゆき、今井美樹、藤井フミヤ、チャラ、山崎まさよし、電気グルーヴ、井上陽水、美空ひばり、CMその他多くに参加。ロック、ジャズ、その他、あらゆるジャンルを越えて活躍中。


■三沢またろう(Per)


1976年東京音楽大学附属音楽高等学校打楽器科入学。
79年卒業。東京音楽大学打楽器科入学。
80年サンババンド「OPA」でプロパーカッショニストと してレコーディング及び演奏活動デビュー。
90年米米CLUB参加。以降97年解散までメンバーとして活動。
96年「THE RHYTHM KINGS」結成。
ポルノグラフィティ、福山雅治、中島美嘉の全国ツアーに同時参加中。
同アーティストの他、様々なジャンルのアーティスト達とのレコーディング及びセッション、アレンジも行う。
他、映画音楽やテレビドラマ、CM等の演奏作曲。


★これを見逃してはもったいない!
ナント!!7都市7公演の1日がいわきです!


6月18日(木)広島 [LIVE JUKE(19)] 
6月19日(金)名古屋 [Blue Note NAGOYA]
6月21日(日)京都[Live Spot RAG]
6月23日(火)いわき[QUEEN]
6月25日(木)福島[AREA 559]
6月26日(金)仙台[Live House enn 2nd]
6月27日(土)目黒[BLUES ALLEY JAPAN]

[PR]
by bar-queen | 2015-06-20 22:56 | お知らせ | Comments(0)

6/19(金)はジャパニーズウーマンソウルバンド「ズクナシ」です!

6/19(金)は・・・
きらびやかな衣装と圧倒的な歌唱力で
日本はもとより、アメリカやメキシコ等、
世界のライブハウスも大いに盛り上げるパフォーマンスで
会場中を感動と笑いと熱狂の渦へ巻き込むジャパニーズウーマンソウルバンド「ズクナシ」のLiveです!


公益財団法人ときわ会さんの主催です。
d0115919_1138152.jpg

■6/19(金)
■ときわ会presentsスペシャルライブvol.2  ズクナシ -zukunasi-
■開場18:30/開演19:30
■¥3,500(D別)


■「ときわ会presentsスペシャルライブvol.02」を開催します! 
今回、会場を盛り上げてくれるのは、3人組ジャパニーズウーマンソウルバンド「ズクナシ」。
きらびやかな衣装と圧倒的な歌唱力で日本はもとより、アメリカやメキシコ等、世界のライブハウスも大いに盛り上げるパフォーマンスは必見です。
 当日はときわ会職員だけでなく、一般参加も可能です。
皆さん、ズクナシのライブを存分に楽しみましょう!


-profile-
ズクナシ -zukunasi-
唯一無二のジャパニーズウーマンソウルバンド。
Black musicに共鳴し、躍動の60~70年代のエネルギーとサウンドをもつ。
今時稀少なギラギラ衣装でのステージは圧巻。
リアルグルーヴと見事なコーラスワークで人の心を歌い踊り、
2002年結成から今に至るまで、会場中を感動と笑いと熱狂の渦へ巻き込んできた。

FUJI ROCK FESTIVAL、SUNSETLIVE、ARABAKI ROCK FESTIVAL、WINDBLOW、
EARTHDAY TOKYO、Natural High、さわごさ、森波、木曽鼓動、満月祭、
など、数多くの野外フェスに出演。
2011年3月には、SXSWを含むアメリカ7都市10公演のツアーに参加。
東日本大震災直後の渡米で、溢れる思いを込めた日本語の歌は国境を越え、
各地で感嘆と賞賛の嵐が巻き起こり大反響を呼ぶ。

帰国後に完成し日本中で歌い続けた曲「WE SING ONE VOICE」を、
自ら運営するレーベル「ZUKU74RECORDS」より2012年秋Single CDとEPで発表。

2013年7月17日には待望の3rdフルアルバム"SING"を発売。
主催イベント"SOULBOOK2013"を皮切りに、全国50本以上のリリースツアーを敢行後、
2013年11月11日渋谷QUATTROにて、初のワンマンショーを行い、大盛況を得る。
(ライブの模様を収めたDVDを2014年4月より発売。)

2014年2月キーボードの238が脱退し3人で新たなズクナシへと歩みはじめる。
大西ユカリ、加藤登紀子はじめ様々なアーティストとのコラボレーションも重ね、
全国140本を超えるライブツアーの合間で楽曲も制作し、
11月には6曲入りのミニアルバム”SANNIN”をリリースした。
2014年12月には初のメキシコツアーを敢行。
予想を超える大きな反響を得ながら、しっかりと出会いの縁をつないで帰国。

人との出会い、音との出会いを繋げ、今なおその輪を広げ続けている。


[PR]
by bar-queen | 2015-06-17 11:38 | お知らせ | Comments(0)

明日(6/14・日)はシカゴからの来日、ブルースギター菊田俊介Liveです!

クリント・イーストウッド氏から『ブルースの将軍』の愛称を与えられた シカゴ在住ブルースギタリスト「菊田俊介」氏のジャパンツアーです。

めったにない『ブルースの将軍』菊田さんの来日Live!
Liveの後半には セッションも演りましょう!!と仰っていただいております。
ギター、ベース、ドラム、ヴォーカル・・・なんでもOK!
夢のようなひと時です。是非ご参加下さい!!

Live終了後は【一緒に「打上げ」やりましょう!】も企画しました。
本場のシカゴブルース談義をご一緒しましょう!!


d0115919_101415100.jpg


■6/14(日)
■菊田俊介トリオ
■開場15:00/開演16:00
■¥3,000(D別)


■菊田俊介(Shun Kikuta) ギタリスト。
’86ボストンのバークリー音楽大学に留学。
’90同校卒業と同時にシカゴに移住。”ブルースの女王” ココ・テイラーやJWウィリアムスのバンドで活動。
ライブやアルバムでの共演はバディー・ガイ、オーティス・ラッシュ、ボ・ディドリー、ジュニア・ウェルズ、オーティス・クレイ、ジェイムス・コットン、アーマ・トーマスなど多数に上る。
全米放映された”An Evening with B.B.King”でB.B.キングと共演。
マーティン・スコセッシ監督総指揮の映画”The Blues”に出演。
ケネディー・センター・オナーズではジョージ・ブッシュ大統領の前でプレーし、司会のクリント・イーストウッドから『ブルースの将軍』の愛称を与えられる。
グラミー賞にノミネートされたココ・テイラーの”Old School”に参加。
シカゴ音楽賞をJWウィリアムスのバンドで受賞。
2011年から台湾を活動の拠点に移し、2013年には“菊田俊介&Legend of Rockers”や”Blues Project”を始動。
『Best of Shun’s Blues』、『Legend of Rockers/Power In My Arms』(共にキングレコード)、『Rising Shun』(Yotsuba Records)など9枚のCDを発表した他、『菊田俊介式ブルースギター!感情にグッとくるコール&レスポンスの流儀』(アルファノート)など教則シリーズも6作品発表。 

[PR]
by bar-queen | 2015-06-13 10:15 | お知らせ | Comments(0)

今夜(6/11・木)は今西太一!山田兎!ヘルメッツ!ミーワムーラザーキ!です!

いよいよ今夜(6/11・木)です!
◆奇跡のオッサンの異名で呼ばれ、裸の愛をむき出しの心で唄うシンガーソングライター・ 今西太一 !

◆京都在住シンガーソングライター弾き語りスト。唄いながら自分を探す旅人 山田兎 !

◆そよ風のように 時には嵐のように 真夏の太陽のように熱苦しく 
そして夕日のように空を感じさせる音を届ける二人組 ヘルメッツ !

◆菅原ミワ(うた,ギター)と、村重光敏(ギター)の福島県いわき市出身,在住デュオに
パーカッション奏者ザーキ(小松崎政雄)が加わる最強トリオ、ミーワムーラ ザーキ ! 


d0115919_110151.jpg


■6/11(木)
■今西太一!山田兎!ヘルメッツ!ミーワムーラザーキ!
■開場18:30/開演19:30
■¥3,000(D別)


詳しいプロフィールです。

■今西太一

奇跡のオッサンの異名で呼ばれ、裸の愛をむき出しの心で唄うシンガーソングライター!
日本中 太一さんの愛に包まれて幸せになる輩 増殖中!!

『世の中には知っておかなければならない事がある。
それが・・・ その男が・・・ 今西太一だ!』

震災後『にっぽん』『笑顔』をリリース。LIVEの合間をぬって被災地に物資を運んだ。
今西太一作曲&いぐさアナ作詞の「福島の人」は、福島TVサタふく・いぐさひできの自転車でGOイメージソングとして流れています。

京都でのバンド活動を経て、1992年にメジャーデビュー。
有名アーティストの前座やラジオのパーソナリティ、CM曲制作、役者としての映画出演など必死に戦うも99年事務所契約解消。
それでも彼は歌い続け、現在全国で年間約120本のライブをこなす。
同世代のみならず、若い世代からも彼の歌、彼の生き様が絶大な支持を受けている。

彼の旅の必需品は背中に背負ったギターケース。
そして、各地で出会う美女の笑顔や男前と飲む酒。
音楽が無ければ生きていけない彼が。
唄わなければ生きていけない彼が。
彼の音楽が無ければ生きていけない誰かに。
彼の歌が無ければ生きていけない誰かに。
気付けば、およそ20年が過ぎていた。

彼の男の旅路はどこへ向かうのだろう?
日本全国だけではなく、アメリカでも豪快に日本語で弾き語る彼の唄声は、
どこまで届くのだろう?
40代を越えた彼はいつまで唄い続けるのだろう?

一度LIVEを味わったら虜になってしまう
『太一の吸い過ぎには十分注意して下さい。人により程度は異なりますが、太一によりライブへの依存が生じます。』



■山田 兎
京都在住シンガーソングライター弾き語りスト。
山田兎。男です。
唄いながら自分を探しています。
高校二年でギターを始めて以来、自分の居場所をみつけてしまいました。
それから十数年。
バンドやらなんやらやって来ましたが、今は弾き語りです。
より自分と向き合ってやってます。
自分ワールドって何なのか、探してる途中です。

▽最近のプロフィール
2008.9 「京の旅人」オーディション。ばんばひろふみ氏に認められ最優秀賞受賞。
2008.10 フォークの殿堂、円山野外音楽堂にて「京の旅人」出演
      ばんばひろふみ、杉田二郎、加川良、五つの赤い風船他、大御所と共演をはたす。
2008.12/18  1stアルバム「ロマンティックな僕ら」リリース。
オフィシャルサイトでの通販、各ライブ会場、JEUGIA、都雅都雅にてお買い求めできます



■ヘルメッツ(ギター 大谷・ボーカル 山下)

2002年結成以来 地道に活動しています
二人とも古き良き時代を好む 音楽も然り 60年代大好き!!
あの時代の偉人たちが残した楽曲  40年近く経つが全く色褪せない
そんな色褪せない 何十年経っても 当たり前に街で流れる楽曲
 そこを俺たち二人は目指す

そよ風のように
時には嵐のように
真夏の太陽のように熱苦しく 
そして夕日のように
空を感じさせる音を届けます

■ミーワムーラザーキ

いわき市出身、在住の菅原ミワ(vo.g) と村重光敏(g)

シンプルでいてどこか物憂げな少年のような、ミワの歌声。
6本のギターの弦を刻むように顔をしわくちゃにして弾く、村重のギター。
控えめでありながら、確かな演奏力と高い音楽性を持ち共演したふちがみとふなと、七尾旅人などの実力派アーティストをも魅了した。

被災し、一時避難するも舞い戻り海辺の復興を目指し、日々大工職に従事しする、いわきの海と空を愛して止まない2人組。

詩とメロディーがつくる景色を、素朴な歌と響くギターの音色に乗せて演奏する。
沖縄でのCTS建設反対運動を描いたドキュメンタリー映画「シバサシ -安里清信の残照-」の挿入歌に「祈り歌」を提供。
また3.11後、沖縄に避難移住した村重の家族を題材にドキュメンタリー映画「10年後の空へ -OKINAWAとフクシマ-」が制作されるなど、音楽を通じて様々な社会問題にアプローチしている。
地元いわき市を拠点に各地を旅することもある。
たまにパーカッション奏者ザーキ(小松崎政雄)が加わり、ミーワムーラザーキになる。

[PR]
by bar-queen | 2015-06-11 01:12 | お知らせ | Comments(2)

今夜(6/9・火)は、ニューヨークからデューク・エリントンのピアニストがやってきます!

今夜(6/9・火)は・・・
ライオネル・ハンプトン楽団最後の専属ピアニスト、デューク・エリントン楽団でも演奏する、クニ三上さんの来日コンサートです!
ニューヨーク在住42年。
■クニ三上ジャパンツアーfrom NY (ex.デューク・エリントン楽団)
ニューヨークの香りたっぷり
静かに熱くスゥイングするジャズ
本物の演奏を、目の前で楽しもう
ニューヨークのピアニストがやってくる

Kuni Mikami from New York

ジャズの名曲の数々を、軽妙なおしゃべりを交えてお送りする楽しいステージは、子どもから大人まで楽しめます。
個性的なアレンジとハーモニー、美しい音色とテクニックはジャズファンだけでなく、
クラシックファンやオーディオファンをも魅了しています。
今宵 QUEENは、ニューヨークのジャズクラブになる!

※「最高のピアニストの1人。彼のピアノにはソウルがある」
(ライオネル・ハンプトン)


ニューヨーク在住のクニ三上さんは、年に2回、春と秋のジャパン全国ツアーをライフワークとしております。
前回もそのステキなステージに、お越しの皆様も一発で魅了されてしまいました。
もう最高の夜でした。
いつものQUEENが、ニューヨークのジャズクラブになったのです!
夢のようなステキなひと時です!
是非ご一緒しましょう!!

■6/9(火)
■クニ三上ジャパンツアーfrom NY (ex.デューク・エリントン楽団)
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)高校生以下 ¥2,000
■クニ三上(Pf)、林正男(b)、橋本学(ds) ゲスト:暖みえこ(Vo)

d0115919_16211942.jpg


■クニ三上プロフィール
1954年東京生まれ。
19才でニューヨークに渡り、バリー・ハリス、ノーマン・シモンズに師事。
1991年スイング・ジャズ・ビッグバンドの名門、ライオネル・ハンプトン楽団に入団し2002年まで専属ピアニストを務めた。
同時にイリノイ・ジャケー楽団、キャブ・キャロウェイ楽団、デューク・エリントン楽団等、名門楽団の数々で演奏し、エリントン楽団のピアニストとして老舗ジャズクラブ・バードランドに1998~2006年まで8年間毎週出演。
1998年にはエリントン楽団日本公演メンバーとして来日した。
1998年以降、リーダー及びソロでアフリカ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、中南米の各地で演奏。
2006年からは日本ツアーも開始、年80日間50ヵ所以上という日本ツアーの驚異的な演奏回数は、音楽のみならず多くの舞台芸術分野からも注目されている。
2010年に「0才からのジャズ」企画を開始、2011年にCDレーベル「9245 Records」立ち上げ、幅広い年代からの支持を得て活躍中。
著書に「ニューヨークスタイル・ジャズピアノ教本」、エッセイ「ニューヨークジャズマンのおもしろジャズ語噺」がある。
妻、息子とニューヨーク在住。

[PR]
by bar-queen | 2015-06-09 16:21 | お知らせ | Comments(0)

本日(5/7・日)は元オフコースの鈴木康博さんLiveです!

本日(5/7・日)は、元オフコースの「やっさん」こと鈴木康博さんのソロライヴです!

暖かくて優しくて・・・
大きな愛に包み込まれるようなひと時です!


d0115919_272341.jpg


■6/7(日)
■鈴木康博(ex.オフコース)
■開場15:30/開演16:00
■¥5,500(D別)


■1948年2月18日生まれ。
静岡生まれの横浜育ち。
大学在学中に友人の小田和正らとオフコースを結成。
小田とともにバンドの核として活動を続けるが、82年に脱退し、83年、シングル「愛をよろしく」、アルバム『Sincerely』をリリース。
ソロ・アーティストとして独立する。
以後、コンスタントにアルバムを制作。
またCM音楽、プロデュースなどでも活躍。
2000年には同世代のアーティスト、山本潤子、細坪基佳と『ソング・フォー・メモリーズ』を発表した。

d0115919_2162776.jpg

[PR]
by bar-queen | 2015-06-07 08:30 | お知らせ | Comments(0)

今夜(6/6・土)は、鬼怒無月(g),ナスノミツル(b),吉田達也(ds)による「是巨人」です!

今夜(6/6・土)は、鬼怒無月(g),ナスノミツル(b),吉田達也(ds)による
迷宮のポリリズミック・アンサンブルに疾走するスリリングな圧巻のインプロ!


1995年6月結成。
バンド名通りTHIS HEATとGENTLE GIANTからインスパイアされた複 合リズムの発展を試みるが、ライヴ一度のみで第一期は活動休止。
98年6月「続是巨 人」として、鬼怒無月gtr/ナスノミツルbass/吉田達也drumsの最強メンバーで復活 を果たす。

d0115919_1526473.jpg

■6/6(土)
■是巨人[鬼怒無月(g),ナスノミツル(b),吉田達也(ds)]
■開場18:00/開演19:00
■¥2800(D別)


■鬼怒無月(きど・なつき)(g),   
 '64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。
'90年に自己のグループ、ボンデージフルーツを結成、'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。

ボンデージフルーツは'98年"ScandinavianProgressive Rock Festival"、'99年にはサンフランシスコの"Prog Fest '99"に招かれるなど海外での評価も高い。

ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド「Warehouse」、ギターインスツルメンタルの極を追求する「Coil」、勝井祐二とのデュオ「Pere-Furu」、壷井彰久(vn)との「ERA」、吉田達也(ds)の「是巨人」、カルメンマキ(vo)の「サラマンドラ」、更に灰野敬ニ(vo,g etc.)、常味裕司(oud)とのコラボレーション、ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

■ナスノミツル(b), 

 エレクトリックベース奏者にして即興演奏家。
 多岐にわたる音楽活動の中から既存のベーシストとは一線を画すスタイルをつくりあげて来た。
ナスノはこれまで、ベースという楽器にこだわりベースの可能性を追求することによって、その演奏スタイルや演奏に対する姿勢を明確にして来た。そしてそのことは同時に、ナスノの音楽に対する精神性を明示するものとも言える。

学生時代より京都にてキャリアをスタート。
90年代初頭に内橋和久、芳垣安洋とインプロヴィゼイション・トリオ「アルタード・ステイツ」を結成した前後より、 アバンギャルド、ジャズロック、ノイズミュージックに傾倒、 のち東京に活動の拠点を移し、 大友良英率いる「Ground Zero」に菊池成孔らと共に参加。
活動は多岐に渡る。
現在の主要な参加バンドは、「アルタードステイツ」の他、爆裂ドラマー吉田達也が率いるポリリズム・ジャイアンツ「是巨人」、 リアル・ロックのパイオニア、灰野敬二を擁する「サンヘドリン」、「不失者」、 伸縮リズム・コンセプトを体現する鬼才、今堀恒雄の「ウンベルティポ」、 吉田達也、鬼怒無月、山本精一、勝井祐二からなるインプロ・ドリームチーム「ザ・ワールド・ヘリテッジ」、 メジャーロックシーンでは元スーパーカーのナカコーこと中村弘二率いる「iLL」。近年では相対性理論「やくしまるえつこ」関連のレコーディングや「布袋寅泰」の「GUITARHYTHM V TOUR」に参加。
その他、多くのスタジオワークにも参加し、アヴァンギャルドからメジャーまでボーダーを飛び越え、縦横無尽な活動を続けて来た。

2009年、自己を解放すべくナスノ自ら率いるバンドとして、tenelevenを結成。
詳細はこちら> teneleven

並行してベースソロによるライヴ演奏も続ける。
2013年末よりかつて取り組んだ離場有浮コンセプトを復活させ、ベースソロライヴの拡張版としてバンド形式の離場有浮ライヴも始める。これはベースにシンセサイザーやドラムなどを加えた形態のもので、ライヴには坂口光央、中村達也、Sachiko Mなどその時々にメンバーを加えている。
離場有浮としては、アルバム「離場有浮 II」を2014年2月リリース。
詳細はこちら>離場有浮II

またナスノのベースソロと、映像のササキヒデアキ(tenelevenのメンバーでもある)の二人による演奏活動も継続して行っており、2014年からはこのユニットをprotoと名付けている。
詳細はこちら>proto

_________
参加バンド、プロジェクト、セッションなど

>Ground Zero
>アルタードステイツ
>是巨人
>ウンベルティポ・トリオ
>Sanhedrin
>静寂
>The World Heritage
>定村史朗
>酒井泰三
・石割桜
>不失者
>大文字
>iLL
・Gilgongo
>沼澤尚
>一噌幸弘
>中村達也
・吉兼聡
>TAKUYA(和太鼓)
>一噌幸弘(能管)
>フルカワミキ
>梅津和時
・戸川純バンド
>やくしまるえつこ・相対性理論
・布袋寅泰
・あまちゃんスペシャル・ビッグバンド
・elements
・SCHWARZ
など


■吉田達也(ds)

現代日本のオルタナティブ音楽シーンで最も先鋭的なドラマー/作曲家/インプロヴァイザーの一人。

1961年 岩手県生れ。高校のブラスバンドでドラムを始める。

80年代初頭から都内のライブハウスを拠点に演奏活動を開始。パワフルでポリリズミックでスピード感溢れる演奏スタイルで、パイディア、あぶらだこ(ヘルプ)、YBO2、ZENI-GEVA、ジョン・ゾーン・のトーチャー・ガーデン等々、数多のグループに参加して活躍。

85年には自身とベーシストの2人だけによるバンド『RUINS』を結成。そのソリッドなリズム・セクションによるエネルギーの爆発に高音から低音までをカバーする吉田のオペラチックなヴォ-カルを乗せた革新的な音楽性とサウンドは、国内はもとより海外でも高く評価され、頻繁に海外ツアーもおこなっている。

90年代はルインズ以外にも高円寺百景、大陸男対山脈女、是巨人、ズビズバ、赤天等つぎつぎと違うコンセプトに基づくバンドを立ち上げほとんどのレパートリーを作曲。

セッション参加もふくめて国内外の様々なレーベルから100を超える作品を発表している。

内外のミュージシャンとの共演も多数。

近年では菊地雅章、藤井郷子等ジャズフィールドでの活動も目立つ。また国境を超えサムラママスマンナ、アシッドマザーズゴング、ペインキラーのメンバーとしても活動している。

また、音楽活動のかたわら石仏、石像、巨石、石の山。石とあれば写真を撮り続ける写真家でもある。

主な共演者:John Zorn, Fred Frith, Bill Laswell, Derek Bailey, Charles Hayward, Lars Hollmer, David Moss, Billy Bang, Eugene Chadbourne, RonAnderson, 灰野敬二、大友良英、菊地雅章、坂田明、梅津和時、千野秀一、広瀬淳二、林栄一、藤井郷子、勝井裕二、沢田譲治、NULL、古館徹夫、天鼓、山本精一

d0115919_1527752.jpg

[PR]
by bar-queen | 2015-06-06 15:27 | お知らせ | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
>平賀様、 お返事遅く..
by bar-queen at 21:33
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書の書き方 at 17:31
コメントありがとうござい..
by bar-queen at 21:39
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧