THE QUEEN



<   2015年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


今夜(5/29・金)は、神保彰ワンマンオーケストラです!!

1980年、カシオペアでプロデビューして以来、四半世紀の長きにわたって常に音楽シーンの最先端を走り続けるトップ・ドラマー、世界に誇るエンターテナー神保彰さんのワンマンオーケストラです!
d0115919_15441195.jpg


■5/29(金)
■神保彰ワンマンオーケストラ ドラムからくり全国行脚2015
■開場18:30/開演19:00
■¥4,000(D別)高校生以下 ¥2,000


■神保 彰
1980年、カシオペアでプロデビューして以来、四半世紀の長きにわたって常に音楽シーンの最先端を走り続けるトップ・ドラマー。
ミディードラムトリガーシステムを駆使した、ワンマン・オーケストラとでもいうべき独自の演奏スタイルを編み出す。
驚異的な演奏テクニックとモダンテクノロジーの融合による前人未踏のパフォーマンスは見る者を圧倒し、その評価は国内はもとより、広く全世界に轟いている。
1999年、英ドラム誌 “RHYTHM”読者人気投票第2位。
2000年、世界で最も権威あるドラム専門誌である、米“MODERN DRUMMER MAGAZINE”が6月号の表紙に神保を起用し、10数ページにわたる特集を組む。
日本人、アジア人として初の快挙。
2003年、創刊20周年を迎えたリズム&ドラム・マガジンが初めて行なった読者人気投票において、堂々の一位を獲得。
2007年、ニューズウィーク誌の特集「世界が尊敬する日本人100人」に選出される。
2009年、全米打楽器協会コンベンション PASIC2009に参加。史上最大の観客動員を記録し話題となる。
2010年、プロデビュー30周年。
2011年、国立音楽大学ジャズ専修客員教授に就任。
カシオペアのサポート等の国内でのバンド活動に加えて、ワンマンオーケストラ名義のパフォーマンスやセミナーで世界中をツアーし、多忙な日々を送っている。

[PR]
by bar-queen | 2015-05-29 15:45 | お知らせ | Comments(0)

今夜(5/28・木)はニューヨークのジャズワークショップ講師Liveです!

今夜のQUEEN Liveは…
バークリー卒業後、インターナショナルソングライティングコンペティション ジャズ部門で一位を受賞し、現在、ニューヨークジャズワークショップのギター講師で活躍する 白河出身ニューヨーク在住のギタリスト「金澤悠人」さんと
バークリーを主席で卒業後、クインシー・ジョーンズ・アワードを受賞した、栃木県出身 那須在住のギタリスト「瀬戸 竜介」さんのギターデュオです!


d0115919_15345540.jpg

■5/28(木)
■ニューヨークジャズワークショップ・ギター講師 金澤悠人Live
■開場18:30/開演19:30
■¥2,500(D別)
■金澤悠人&瀬戸 竜介


【プロフィール】
金澤悠人
現在ニューヨーク在住のジャズギタリスト、作曲家。
1986年12月30日、東京都小平市生まれ。
十代を福島県白河市で過ごし、高校卒業後、神戸にある甲陽音楽学院に入学。
ギターを土野裕司氏に、作編曲を荒崎英一郎、浜村昌子の両氏に師事する。
同校卒業後、2007年にアメリカのボストンにあるバークリー音楽大学に編入。
ミック・グッドリック、ティム・ミラー、ジョン・ダミアン、ハル・クルック 各氏 に師事。
またフィル・ウィルソン率いるバークリー・レインボービックバンドに所属しボストン近郊のイベント、ライルズジャズクラブなどに出演。
2009年冬に同大学のジャズコンポジション科を卒業、ボストンにて自己のトリオを率いて活動を始める。
2011年秋に行った日本ツアーを経て2012年春にファーストアルバムをレコーディング。2012年夏に二度目の日本ツアーを浅井良将(a.sax)、宮川純(org.)、則武諒(dr.)とのオルガンカルテットにて行う。
2013年2月に「Earthwards」をInterrobang Recordsより発表。
リリースコンサートをスカラーズジャズクラブにて行い盛況を収める。
同アルバムにてグラミー賞受賞ジャズシンガー、カート・エリング氏と共演。
また、メンバーのジョナサン・ピンソン(dr.)がウェイン・ショーターカルテットにて来日、ハービー・ハンコックのカナダツアーへ参加等、他メンバーも国際的に活躍している。
2013年6月に日韓共同プロジェクト「The United East Jazz Quintet」にてソウルのジャズクラブOnce In a Bluemoonに出演。
両国合計12カ所にてコンサートとセミナーツアーを行い好評を得る。
2014年より、ニューヨークジャズワークショップのギター講師に就任。
また2013年度のインターナショナルソングライティングコンペティションにてジャズ部門一位受賞。


オフィシャルサイトです。


https://vimeo.com/channels/341657

瀬戸 竜介
ギタープレイヤー、作曲家、アレンジャー。
栃木県出身。幼少の頃よりクラシックギターを大島康雄氏に師事、20歳の頃よりバンド活動を始め、ジャズギター を独学にて学ぶ。
その後、片野篤氏に師事、数々のバンドやセッション、アーティストサポートを東京と栃木を中心に行う傍ら、自己のバンド"Ryusuke Seto Group"のリーダーとして演奏活動中。
2006年に米ボストン、バークリー音楽院より奨学金を得て渡米、ジャズ作曲を専攻し2008年に同校を首席で 卒業。
同年そ の作曲力とアレンジ力が認められ、クインシー・ジョーンズ・アワードを受賞、Berklee Performance Centerにてオリジナル曲のコンサートを行う。

オフィシャルサイトです。

本場アメリカ、二ューヨークの最先端ジャズを体験しましょう!!
是非のお出かけを!!

[PR]
by bar-queen | 2015-05-28 15:41 | お知らせ | Comments(0)

明日(5/24・日)は、沢田聖子 2015 Singer Song Writer ~ RED PURPLE Tour ~です!

明日(5/24・日)は、
毎年恒例の沢田聖子さんのLiveです!

■沢田聖子2015 Singer Song Writer ~ RED PURPLE Tour
5月16日に発売した新譜 セルフカバーアルバム Vol.3「Singer Song Writer ~ RED PURPLE ~」を引っ提げて、
サウンドプロデューサー林 有三さん&ギタリスト廻 大輔さんと共にお届けする全国ツアー!

d0115919_22322424.jpg

■5/24(日)
■沢田聖子 2015 Singer Song Writer ~ RED PURPLE Tour ~
■開場17:00/開演17:30
■¥4000(D別)
■沢田聖子(Vo.G.Pf) 林 有三(Key) 廻 大輔(G)


沢田聖子さんワールドにじっくりゆっくり浸って下さい!!
[PR]
by bar-queen | 2015-05-23 22:32 | お知らせ | Comments(0)

明日(5/23・土)は、都内を中心に活躍する実力派シンガー 真綺さんのいわきLiveです。

明日(5/23・土)は・・・
都内を中心に活躍する実力派シンガー 真綺さんのいわきLiveです。

d0115919_22193184.jpg

■5/23(土)
■シンガー真綺
■開場18:00/開演19:00
■¥4000(D別)


■ 真綺  (MAKI) ■

d0115919_22195724.jpg

5月4日生まれ 千葉県出身 A型。  1993年日本クラウン(株)よりデビュー。
1996年にはシングル12万枚をセールスし「クラウンレコード・ヒット賞」受賞。
以降もラジオパーソナリティ、テレビコマーシャル 出演など活動の場を広げる。

2003年、デビュー10周年を機に芸名を『真綺』と改め、アートユニオン(株)よりファースト・アルバム ♪ 『ちょっとだけ...ブルースな夜』 を発表。
インターネット・ミュージック・ストア 「 i Tunes 」 の 「 Today's Top Song 100 」 「 ヴォーカル部門 」 では最高4位に! 以後2年以上にわたりチャート・インを繰り返す。


2007年1月、自ら作詞を手がけた マキシ・シングル♪ 『せつなくて...』 を発表。
真綺の新たな魅力&個性溢れる作品に仕上がっている。

そして2010年7月、ファン待望のカヴァー・アルバム♪『 8 Dramatic Stories 』を発表。
多くの人の心に刻まれている、日本のドラマティックな名曲たちを収めたこの作品は、豊かな表現力と確かな歌唱力で、
真綺のカラーに見事に染め上げたプレミアムな1枚となっている。
ファンのみならず、さまざまな分野の方々からも高い評価を頂いている。

繊細さとパワフルさを兼ね備えた深みのある真綺の歌声.は、時に包み込むようにやさしく、時に力強く聴く者の心を揺さぶる。

デビュー以来、活動の軸とし、本人がこだわり続けてきたライブやディナーショーでは、オリジナルはもちろんの事、バラードやJ-POP、歌謡曲をベースに、
ジャズ、ラテン、ブルースなど、さまざまなジャンルのエッセンスも取り入れ、表情豊かなステージを繰り広げます。。人柄溢れる飾らない楽しいトークも華を添えて。。。

d0115919_22203174.jpg


まずは一度...真綺の歌声、世界を...感じてみて下さい ♪
[PR]
by bar-queen | 2015-05-22 22:22 | Comments(0)

今夜(5/21・木)は、円熟のジャズヴォーカリスト中本マリさんLiveです!

今夜(5/21・木)は・・・
円熟のジャズヴォーカリスト中本マリさんが、
卓越した音楽センス、粒立ちの良いタッチと拡がりのあるサウンドのピアニスト秋田慎治氏と
楽器を鳴らし切った深い音色、聴くものにリズムを見失わせない骨太な演奏で、
共演者から絶大な信用を寄せられているベーシスト米木康志氏を率いて
心に響く大人のステージを届けてくれます。


今回は原点回帰!

スタンダードジャズを中心に歌うステージです!


■5/21(木)
■中本マリ
■開場18:30/開演19:30
■¥5,000(D別)
■中本マリ(Vo)秋田慎治(Pf)米木康志(B)


d0115919_1482319.jpg


■中本マリ

1970年代から本格的な活動をはじめ、デビュー・アルバム『アンフォゲダブル』がヒット。
レジナルド・ワークマン、シダー・ウォルトンなどとの共演を経て、スイングジャーナル誌読者人気投票で、ヴォーカル部門8年連続第一位に選出され、
ポールウィナーとなった円熟のジャズヴォーカリスト中本マリさん。
国内外のジャズ・フェスティヴァル、ホール、ホテル、ライブハウスなど様々なステージを 彩ってきた彼女も、デビューから42年を数えます。
魂が揺さぶられる本物のシンガーの歌力に包まれます!


■秋田慎治(Pf)
渡米中は中村照夫、Stanley Turrentine、Hubert Lawsらと共演、帰国後はTOKU、阿川泰子、マリーン、今陽子、土岐英史、サリナジョーンズ、矢沢永吉、森山良子などのセッションに参加。洋服の青 山、高須クリニック等、テレビCMの作曲も手がけている。
12年7月からは初のCM出演(高須クリニック/ジャズピアノ編)、作曲も担当。
元々の写真好きから、自身の撮影した写真を元に楽曲を制作、'12年4月から'13年4月にかけて毎月一曲ずつをシングル曲としてネット配信。
それらは'13年4月初のソロピアノアルバム『CIRCLE』にまとめられた(高須クリニックCM曲”keep your mind high"収録)。
'13年5月から8月にかけては青山ベルコモンズにて”都会で感じるリゾート・海の音”企画にて楽曲/エッセイ/写真を提供。
また'13年6月からVOLVOホームページV40スペシャルインタビューに登場。
共に大反響を得る。
多方面へ拡がりを見せる近年、ますます今後の活動から目がはなせない。


■米木康志(B)
1952年  函館市に生まれる。 大学在学中、明田川荘之トリオで演奏活動を始める。
その後、植松孝夫グループ、小田切一巳グループに在籍し、折から来日中のドラマーである ドナルド・ベイリーとともに、ハロルド・ランド(ts)、ロレツ・アレキサンドリア(VO)、と 共演の機会も持つ。
その後、板橋文夫(p)、ネイティブ・サン、本田竹広(p)、北海道バンド、 大野俊三(tp)、 大西順子(p)、との活動も行う。
現在は、大石 学トリオ、本田 竹広トリオ、大口 純一郎トリオ等で演奏する。

大人のJAZZをゆっくりとお楽しみ下さい!!
[PR]
by bar-queen | 2015-05-21 08:30 | お知らせ | Comments(0)

今夜(5/14・木)は、超おすすめ!JAZZで宮沢賢治です!

今夜は(5/14・木)は、JAZZ Liveです。
日本若手No.1のメンバー「田中信正(pf) 類家心平(tp) 瀬尾高志(cb)」と、
ベトナム在住のジャズシンガー「酒井 俊」が、
宮沢賢治の『花巻農学校精神歌』の稀有な世界に皆さんをお誘いします。

d0115919_12155595.jpg

■5/14(木)
■酒井 俊『花巻農学校精神歌』新譜アルバム発売記念コンサート
■開場18:30/開演19:30
■¥3,800(D別)
■酒井俊(vo) 田中信正(pf) 類家心平(tp) 瀬尾高志(cb)


■遠い或る日、ジャズ歌手から、日本語に向う歌手に変貌して、唯一無比の酒井俊の世界は、酒井俊の世界を越境して行く。
この終わりなき歌の行方――
戦後日本の偉大な歌謡革命と、戦前の伝統歌の世界をミックスチャーさせて、ジャッズから離れた地平に立って、今の歌を歌い続ける酒井俊が、
第一線のミュージシャンと、郷愁を誘う愛おしさもあり、日本歌謡の最先端を切りたたくアルバムを創り上げました。


■酒井俊(歌)


1976年、JAZZ CLUB「ミスティー」で歌い始める。
翌年初のアルバム「SHUN」がリリースされ反響を呼ぶ。
リーダーアルバム3枚を含む多くのレコーディングに参加。
04年頃から活動を見直し、新たな音とうたの可能性を模索する。
即興演奏・民族音楽の影響・トラディショナルへの傾倒を反映しつつ、セッションではない継続を、演奏家たちとの終わりのない共同作業へとその時間は積み重ねられている。
09年に『Night At The Circus vol.1』、10年には『PLAYS STANDARD vol.1』、『a few little things』、12年には『螺旋階段な日常』をリリース。
13年暮れ、ヴェトナムに移住し活動の幅は拡がっている。

■田中信正(pf) 

4歳より電子オルガンをはじめ、16歳でクラシックピアノに転向。
国立音楽大学作曲学科中退。クラシックピアノを小灘裕子、ジャズピアノを藤井英一、橋本一子、佐藤允彦各氏に師事。
1993年横濱ジャズプロムナード第一回コンペティションで、グランプリ及び個人賞ベストプレイヤー賞受賞。
共演者と創り上げる自由で即興性に富んだ演奏活動は、JAZZのフォーマットばかりではなく多岐に渡る。オリジナルと独創的なアレンジによるソロピアノは、比類なき唯一無二の演奏として評価が高い。


■類家心平(tp) 

1976年青森県生まれ。高校卒業後海上自衛隊音楽隊でトランペットを担当。
退官後に上京し高瀬龍一氏にジャズトランペットを師事。
04年SONYJAZZからジャムバンドグループ「urb」でデビューする。
その他「菊地成孔ダブセクステット」や「DCPRG」に参加しフジロックフェスティバル等の出演で注目を集める。
自身の名義では「RUIKE SHINPEI 5 piece band」で現在までに3枚のアルバムをリリース。
またジャズを題材にしたアニメ「坂道のアポロン」ではトランペットの吹き替えを担当する等活躍の幅を広げている。


■瀬尾高志(cb) 

1979年札幌生まれ。01年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。
06年、横浜ジャズプロムナード・コンペティションにてグランプリと横浜市民賞を受賞。
石田幹雄トリオ、板橋文夫、竹村一哲、原田依幸(pf)、小山彰太(ds)、トリスタンホンジンガー(cello)等のグループ、酒井俊、カルメン・マキ等シンガーとの共演、工藤丈輝、ジャン・サスポータス、レオナなどダンサーとの共演も多い。
また、札幌にてコントラバス集団「漢達の低弦」を主宰。独自の感性と探求心で、ジャンルの垣根なく演奏活動している。


メンバーが最高!です。
QUEENには カルメンマキさんのバックで来てお客様の度肝を抜いた奇才天才ピアニスト田中信正(pf)
自身のリーダーバンドで来て日本のマイルスデイビスと呼ばれる評判以上の実力で観客を魅せた類家心平(tp)
3/17の板橋文夫FIT!で納得のパフォーマンスでした、バンドを支えるコントラバスグルーブマスター瀬尾高志(cb)

最高のメンバーによる終わりなき歌の行方・・・
是非お見逃しなく!!

[PR]
by bar-queen | 2015-05-14 12:16 | お知らせ | Comments(0)

明日(5/13・水)は大人のJ.POP代表シンガー南佳孝さんのLiveです!!

明日(5/13・水)は、憧れの南佳孝さんのLiveです!
都会の憂いを歌わせたらこの方には誰もかないません。
佳孝さんの歌うボサノバやスタンダードジャズナンバー…
溜息が出るほどの大人の色気に包まれるステキな夜になります。


そして、今回は デビュー42年目の特別企画
「南佳孝 42年目の「摩天楼のヒロイン」!


1973年9月21日、トリオ・レコード傘下の“ショーボートレーベル”の第一弾として、吉田美奈子の『扉の冬』と同時に発売された
南佳孝のデビュー・アルバム「摩天楼のヒロイン」は、はっぴいえんど解散後に松本隆が手がけた初プロデュース作品です。
アルバムには細野晴臣、鈴木茂、松本隆、林立夫、矢野誠、小原礼他、そうそうたるメンバーが参加し、
きらびやかなハリウッド映画からこぼれ出たかのようなオシャレなセンスで彩られたシティ・ミュージックの傑作として知られています。
今回のコンサート「42年目の摩天楼のヒロイン」はピアニストの竹田元の好サポートを得て、
南佳孝が42年前のデビュー・アルバム「摩天楼のヒロイン」のLP曲順に弾き語るライブとリクエストで構成される2部構成のライブとなります。



■5/13(水)
■南佳孝 42年目の「摩天楼のヒロイン」
■開場18:30/開演19:30
■¥5,200(D別)
■南佳孝(Vo.G) 竹田元(Pf)

d0115919_19314499.jpg


上質な大人時間をお楽しみ下さい。
[PR]
by bar-queen | 2015-05-12 19:34 | お知らせ | Comments(0)

明日(5/10・日)は、日本アコースティックギター界の第一人者「吉川忠英さん」Liveです!

明日(5/10・日)は、日本アコースティックギター界の第一人者として大活躍中の吉川忠英さんの恒例のソロライヴです!
中島みゆき・松任谷由実・福山雅治・夏川りみ・Chageなどのアレンジャー・プロデューサーでも大忙しの忠英師匠の暖かな生音に包まれて下さい!!


■5/10(日)
■吉川忠英 みちのくギター旅2015
■開場15:30/開演16:00
■¥3,500(D別)

d0115919_22562293.jpg



■吉川忠英

1971年、伝説のフォーク・グループ“THE NEW FRONTIERS”のメンバーとして渡米。西海岸を中心にコンサート活動を行い、和楽器を取り入れたフォークロック・グループとして注目を浴びる。“EAST”と改名し、米国キャピトルレコード社よりアルバム『EAST』を発売。全米デビューを果たす。

帰国後シンガーソングライターとしてアルバムデビューし、同時にスタジオ・ミュージシャン、アレンジャー・プロデューサーとしての活動を開始。アコースティックギターの第一人者として、中島みゆき・松任谷由実・福山雅治・夏川りみ・加山雄三・Chageなど、ニューミュージック系のアーティストを中心に数多くのレコーディングやコンサートに参加。 近年では、福山雅治『Golden Oldies』、夏川りみ『南風』、『岡本おさみアコースティックパーティーwith吉川忠英』などのアコースティックアルバムのプロデュースにおいても高い評価を得ている。

MartinとYAHAMAより、「Chuei Model」ギターを発売。毎年、北海道から沖縄まで、全国ソロライブツアーも精力的に行なっている。

季刊誌「ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE」(リットーミュージック)に『チューエイのスタジオ日記』執筆中。

2005年、福山雅治15周年記念アルバム『Acoustic Fukuyamania』(ユニバーサル)
2007年、『Guitar by Guitar』(オーマガトキ)
2008年、多彩なゲスト陣とのコラボアルバム『HOOTENANNY』(通算14枚目)と、40年ぶり再結成による初アルバム「THE NEW FRONTIERS sing THE KINGSTON TRIO」を発売。

[PR]
by bar-queen | 2015-05-09 22:55 | お知らせ | Comments(0)

明日(5/7・木)は「白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ」お祭りです!!

5/7(木)19:30~のQUEENは
「白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ 東北6県ろ~るショー!! 春場所 in いわき」です。

いったいどんな感じなの?って皆さんに聞かれますが、
言葉では説明できません。。
「お祭りです!とにかく来て!」と答えています^o^。


リーダーの白崎映美さんは、上々颱風(しゃんしゃんたいふ〜ん)のヴォーカルとして、大活躍。
スタジオジブリ映画「平成たぬき合戦ぽんぽこ」テーマ曲「いつでも誰かが」や
JAL沖縄キャンペーンソング「愛より青い海」などの大ヒットで知られています。
2013年、上々颱風バンド活動休止後は、とうほぐまづりオールスターズや白ばらキャバレーボーイ ズを率いての大編成ライブから、流し、小編成ユニット、ゲスト歌手など、「もっともっと歌いたい!」というシンプルな衝動に基づいて多様なスタイルのライ ブを展開。
オリジナル曲の他、民謡、演歌、唱歌、世界各地の民の歌まで「歌のジャンルは問わないというか、どんな歌を歌ってても好き」と、出会い系歌手と して活動の場を広げている素晴しいシンガーです。
ステージでの酒田弁(庄内弁)トークは、東北への愛と復興への祈りに満ちています。


震災後すぐの2011、5/21に「鬼怒無月さん&白崎映美さん&早川岳晴さん&北澤“KI-YAN”篤さん」の4人で「いわき応援LIVE」に来て下さり、老人ホームや避難所で演って頂きました。
このバリバリのROCKなメンバーをバックに唄う白崎映美さんの演歌!民謡!
もの凄い気迫で、おじいちゃんおばあちゃんを笑顔にしてゆく様は、もう涙涙・・・でした。



----------------------------------------------------------------
上々颱風のヴォーカリスト白崎映美による<とうほぐまづりオールスターズ>。
その想いにを明らかにするインタビュー。(byタワーレコード)


上々颱風が2013年1月に活動休止した後、白崎映美が新たに結成したグループが<白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ>。『まづろわぬ民』は彼らのファースト・アルバムだ。“まづろわぬ”とは、支配されない、迎合しないという意味の言葉だという。その東北人の姿勢は、朝廷に屈しなかった蝦夷(えみし)の時代にまでさかのぼる。
 東日本大震災後、震災や原発事故の記憶が薄れていく状況に“悔しい”と感じていた、山形県酒田市出身の白崎映美。彼女は『すばる』2011年12月号に掲載された木村友祐の小説『イサの氾濫』と出会う。そこに描かれた東北人の姿に激しく共鳴した白崎映美は、上々颱風の活動休止後、一気に白崎映美&とうほぐまづりオールスターズの結成へと邁進していくことになった。

続きは↓こちらをクリック!!
是非ご覧頂きたいインタビューです。


d0115919_15134140.jpg

■5/7(木)
■白崎映美&とうほぐまづりオールスターズ 東北6県ろ~るショー!! 春場所 in いわき
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)
■白崎映美(Vo) / 小峰公子(Vo, Acc, 篠笛) / 伏見蛍(G) / 西村直樹(Ba) / 山口とも(Dr, Per) / クラッシー(Per, 鳴り物) / カズ(Tp) / ハラナツコ(Sax) / 江野尻知宏(和太鼓, Per)/ 向島ゆり子(Vil)/ 風煉ダンス ゲスト: 長見順(G, Vo)


メンバーのプロフィールです。

■白崎映美

3月25日生、牡羊座、 AB型、 山形県酒田市出身、 酒田観光大使

上々颱風(しゃんしゃんたいふ〜ん)のヴォーカルとして、1990年 EPIC Sonyよりメジャーデビュー。
全国47都道府県、世界9カ国、闘牛場、魚市場、東大駒場寮お風呂場、丸太3000本を使い舞台を創る"上々颱風祭り"など、あらゆる場所を祝祭の場に変える。
1991年「愛より青い海」が大ヒット(JAL沖縄キャンペーンCMソング)。
1994年スタジオジブリ映 画『平成狸合戦ぽんぽこ』音楽、主題歌担当。
1996年シンディ・ローパーのアルバム『Sister of Avalon』にゲスト参加、武道館ライブにも出演。
2007年ミュージカル『阿国』(木の実ナナ主演)音楽担当、出演。

2013年、上々颱風バンド活動休止。
以降、とうほぐまづりオールスターズや白ばらキャバレーボーイ ズを率いての大編成ライブから、流し、小編成ユニット、ゲスト歌手など、「もっともっと歌いたい!」というシンプルな衝動に基づいて多様なスタイルのライ ブを展開。
オリジナル曲の他、民謡、演歌、唱歌、世界各地の民の歌まで「歌のジャンルは問わないというか、どんな歌を歌ってても好き」と、出会い系歌手と して活動の場を広げている。
ステージでの酒田弁(庄内弁)トークは、東北への愛と復興への祈りに満ちている。


■小峰公子

作詞家、ミュージシャン。福島県出身。
1991年、保刈久明とのユニット「Karak」として1stアルバム『Silent days』をリリース。
1992年には2ndアルバム『flow』をリリース、1998年「Karak」としては6年ぶりの3rdアルバム『七月の雪』を発表。現在のところ、Karakとしての活動は停止中。
夫である吉良知彦のソロユニット「zabadak」において、多数の歌詞を提供。
ヴォーカル及びアコーディオンなどを担当することも多い。2011年からは、zabadakの正式メンバーとして加入。
そのほか、演劇、CM音楽などでもさまざまな活動を行っている。
ブログもご覧下さい。


■伏見蛍(G)

■西村直樹(Ba)

■山口とも(Dr, Per)
つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。1980年
「つのだ☆ひろとJAP'S GAP'S」でデビュー。解散後、フリーの
パーカッショニストとして中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也・サーカス、
また2012年には狂言師の大倉基誠、2013年には石川さゆりなど数々の
アーティストのツアーやレコーディングに参加。

95年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに廃品から様々な
オリジナル楽器を作るようになる。「音楽=音を楽しむこと」をモットーに
近年では、様々な年齢層の人が楽しめることを目指し、廃品打楽器を使った
独自のパフォーマンスを展開する。また、「廃品をリサイクルして楽器を作る=
楽しみながら地球環境を考える」ヒントをも示唆することにつながり
エコロジー的見地から見ても、その可能性は幅広い。

一度見たら忘れられない希有なキャラクターが世間から評価を受け、
’03年4月からNHK教育テレビで放送された「ドレミノテレビ」では、
ううあとともに進行役をつとめ、「ともとも」の愛称で親しまれて人気を博した。
その他テレビ出演も多数。
ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。


■クラッシー(Per, 鳴り物)

■カズ(Tp)

■ハラナツコ(Sax)

江野尻知宏(和太鼓, Per)

■向島ゆり子(Vil)
ヴァイオリン、ビオラ、アコーディオン、ピアノ、作曲、編曲、たまに歌。
 10代より活動をはじめる。工藤冬里らとの「マシンガンタンゴ」や、久下恵生、篠田昌巳、今井次郎らとの「PUNGO」、林英哲、池成子、千野秀一、近藤達郎との「チャンゴ5」、清水一登、れいち、渡辺等、今掘恒夫らとの「おU」、梅津和時、巻上公一らとの「ベツニナンモクレズマ」、など様々なバンドに関わる。96年にはオリジナル曲を集めた「right here !!」を発表。FM東京で特集番組が組まれたり、世界の車窓からに楽曲が使われるなど各方面から注目される。97年、串田和美演出「春の目覚め」で、音楽監督をつとめる。 00年スウェーデンの鬼才故ラーシュホルメルとのDUOアルバムを発表。08年ICPのメンバー、トリスタンホンジンガーとのツアー、おおたか静流,山口ともとの東ティモール公演など、様々なジャンルのコンサート、ライブ、レコーディング、プロデュース活動を行っている。
現在参加している主なバンドは「今井次郎とんぷくユニット」「パンチの効いたオウケストラ」「白崎映美ととうほぐまづりオールスターズ」「Boeves」などなど
gkmouseでツィッター登録、時々つぶやいてます。
fbもやってます。


■風煉ダンス

風煉ダンスは演劇集団です。

劇場空間にとどまらずあらゆる場所(野外、廃映画館 etc...)で演劇を中心に活動し、その渦は時に多くの仲間と共に祝祭的な表現体となって観客を席巻してきました。
そのケレンミのある演出をはじめ観客の度肝を抜く美術、豪華な衣装などが多くの観客の評価を得、またミュージシャンの不破大輔(渋さ知らズオーケストラ)や佐々木彩子らによる劇伴は数々の名曲も生み出しました。
近年は調布市せんがわを本拠地にしてオリジナル戯曲と共に安部公房作品や既存の戯曲を手がけるなど21世紀における演劇の可能性を再検証するべく新たなステージへと踏み出しています。

煉ダンスは座長で演出家の笠原真志(元・第三エロチカ)と、座付き戯作者の林周一(筑波大学芸術専門出身)が1990年に結成。
団名の〝風煉ダンス〟は、その名の通り〝風を煉るダンス〟つまり「自らは渦を巻きながらこの世のあらゆる熱い風(人、美術、音楽)を集めて、それらを溶かして精錬し、新たな表現として世に送る〝風の蹈鞴(たたら)〟である」という意味です。
林が大学(彫刻科)の卒業制作として「風煉ダンス」と名付けた一体の木彫作品・踊る裸婦像(全長2m30㎝の楠の巨木)を製作したことに由来します。


■長見順

2003年 セカンドアルバム『OYAZI』発表。
2004年 サードアルバム『マダムギター』発表。
2005年 P-Vineレコードより『超スローブルース』発売。
2006年 Live DVD『ライブ! 超スローブルース』発売。
2007年 3月 P-Vine第2弾アルバム『クーチークー』発売。
2008年 9月 P-Vine第3弾アルバム『GUITAR MADAM』発売。
2009年 2009TOUR マダム酒場の旅
2010年 幻の1stアルバム『大きい花』再発。酒場の旅続行中!
2010年 6月  ミニアルバム『Madam Guitar playsPiano Madam』発売
2012年 1月 「酒場の酒場で酒場」放送開始 ※KOCOラジ
2012年 アルバム『大きこの街にはパンツが必要だ〜フュ−チャリング千厩』発売
2012年 10月 マダムギターパンダ1stアルバム『新しい人』発売
2013年 12月 パンチの効いたオウケストラ『オウケストラ・オンナ・パンチ』発売
profile
すきな食べ物=肴
すきな飲み物=酒
すきな男=OYAZI
すきな女=セクシー系
すきな音楽=ロイク
すきな言葉=「飲みいく?」
その他の特徴=アトピー、乱視

d0115919_15515820.jpg

d0115919_15521227.jpg

この凄すぎのメンバー!
これは想像を超えるステージになります!
是非お出かけ下さい!

[PR]
by bar-queen | 2015-05-06 15:52 | お知らせ | Comments(0)

本日(5/3・日)はBOWWOWの山本恭司さんのバンド 「WILD FLAG」です!

本日は15:30~ハードロックバンドBOWWOWのリーダーでリードギター&ボーカルの山本恭司さん率いる3ピースバンド「WILD FLAG」のLiveです。
メンバーは山本恭司(G,Vo) 満園庄太郎(B) 満園英二(Dr)
お三方とも音楽学校メーザー・ハウスの講師としても活躍する日本トップミュージシャンです!
4/30からスタートした東北ツアーの最終日がQUEENです。
ノリにノッたバリバリのステージをお楽しみ下さい!

d0115919_9525390.jpg


■5/3(日)
■山本恭司『WILD FLAG 東北ツアー2015~You Got The Power, TOHOKU!!!~』
■開場15:00/開演15:30
■¥4,500(D別)
■★WILD FLAG山本恭司(G,Vo)満園庄太郎(B)満園英二(Dr)

d0115919_9532879.jpg

ナント!ご予約いただいている90%が他県からのお客様です。
お近くの方に味わって頂きたいと、切に願っております。
日本を代表するスーパーハードロックバンドWILD FLAG!
是非お出かけくださいませ!

[PR]
by bar-queen | 2015-05-03 09:53 | お知らせ | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
>平賀様、 お返事遅く..
by bar-queen at 21:33
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書の書き方 at 17:31
コメントありがとうござい..
by bar-queen at 21:39
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧