THE QUEEN



<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧


今夜(7/31・水)はスパニッシュコネクションのステキなLiveです。

インドから東欧を経てスペインのアンダルシアへと至るジプシーの道筋をそこで生まれたフラメンコ・ギター、ヴァイオリン、タブラ といった楽器と共に音楽で旅する・・・
このコンセプトのもと 伊藤芳輝〈ギター〉 平松加奈〈ヴァイオリン〉 吉見征樹〈タブラ〉により2000年に結成された「Spanish Connection」
今回はベーシストの伊藤寛康も加わり最高のグルーブでステキなひと時をお届けします。

d0115919_1758216.jpg

■7/31(水)
■スパニッシュコネクション
■開場19:00/開演20:00
■¥3,500(D別)
■伊藤芳輝(フラメンコギター)平松加奈(バイオリン)吉見征樹(タブラ)伊藤寛康(ベース)


■メンバーはその道の超絶一流トッププロ揃い!

◆フラメンコ、ボサノバ、ジャズ、クラシック....etc.などあらゆるジャンルの音楽のガットギターのスタイルと音楽理論を研究し、日本トップギタリストの伊藤芳輝。

◆クラシックで培った卓越したテクニックを軸に、豊かな音色と個性的な即興を表現の身上としたジプシースタイルの演奏で数々の音楽シーンで活躍するバイオリンの平松加奈。

◆インドのボンベイにてタブラの大御所ウスタッド・アララカ・カーン師とその息子ザキール・フセイン師に師事し、日本を代表するタブラ奏者 吉見征樹。

◆オルケスタ.デ.ラ.ルスのベーシスト伊藤寛康。


今宵8時から!
どうぞお気軽にお出かけ下さいませ。
[PR]
by bar-queen | 2013-07-31 17:58 | お知らせ | Comments(0)

明日(7/30・火)はブルーズで踊れ!ブルーズ・ザ・ブッチャーLiveです。

明日は最高のブルーズLiveです!
気がついたら踊ってしまうという日本屈指のブルーズ・バンドです。
d0115919_21123359.jpg

ザ・ブルーズパワーの永井“ホトケ”隆(vo&g)と沼澤尚(drs)が
亡きギタリスト、浅野祥之氏のブルーズへの熱い意志を受け継ぐべく
中條卓(b)、KOTEZ(harp)と結成した最強のブルースバンド「blues.the-butcher-590213」
d0115919_2113683.jpg

オープニングにいわきのブルースマン アントニオ杉岡氏の「Real Blues Band」が出演します!

d0115919_21155856.jpg


■7/30(火)
■blues.the-butcher-590213
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)
■永井ホトケ隆(Vo&G)沼澤尚(Drs)中條卓(B)KOTEZ(bluesharmonica&vo)
■オープニング::Real Blues Band



★永井“ホトケ”隆 (vocals & guitar)
d0115919_21165516.jpg

70年代初期に伝説のウエストロード・ブルーズバンドを結成。以後、ブルー・へヴン、トリック・バッグやソロでも活動、日本のブルーズ・シーンを牽引し続けている。

★沼澤尚(drums)
d0115919_21174870.jpg

LAでチャカ・カーン、ボビー・ウーマックなどと活動。国内ではシアターブルック、サンパウロ、スガシカオ、井上陽水奥田民生など多くのアーティストの録音/ツアーで活躍中。

★中條卓(bass)
d0115919_21182217.jpg

96年にシアターブルックに加入し沼澤尚とリズム隊を結成、ザ・ブルーズパワーへのゲスト参加を経て本バンドに合流した。エレクトリックもウッドも使いこなす実力派。

★KOTEZ(harmonica & vocals)
d0115919_21232832.jpg

コテツ&ヤンシーでも活動するほか、ムッシュかまやつなど多数のレコーディングに参加。ファンキー&メロディアスなプレイに定評がある第一線で活躍中のハーモニカ奏者。


極上のブルーズビートグルーブをお楽しみ下さい!!
[PR]
by bar-queen | 2013-07-29 21:30 | お知らせ | Comments(0)

明日(7/28・日)は『天使のダミ声』「憂歌団」のヴォーカル、木村充揮さんのあったか~いLiveです。

7・28(日)は18:00から
『天使のダミ声』「憂歌団」のヴォーカル、木村さんのあったか~いLiveです。
のんびりと・・ゆったりと・・・木村充揮ワールドに浸って下さい!



■7/28(日)
■木村充揮 ex,憂歌団
■開場17:00/開演18:00
■¥5.000(D別)

d0115919_1937646.jpg


◆木村充揮プロフィール◆
1975年、ブルースバンド「憂歌団」のリードボーカルとしてデビュー。
『天使のダミ声』と称される独特の声の魅力、独特の歌い回しで長年大阪を代表するボーカルとして活躍。

1999年惜しまれながらも「憂歌団」は無期限活動休止に入るが
木村充揮は精力的にソロ活動を開始しロック、ポップ、ブルースにとどまらず
演歌、流行歌、ジャズ、民俗音楽にいたるまであらゆるカテゴリーを包括した
ボーダー・レスなシンガーとして活躍の場を広げる。

2006年、デビュー30周年を迎え「30th Anniversary」コンサートを大阪NHKホールで2日間開催。
これを機に『30th Party』、『小さな花』とアルバムを2タイトル連続リリースするなど、
ますますパワーアップする。同年12月にはその2日間の9時間にも及ぶステージを
4時間に凝縮した木村充揮・初の映像ドキュメントとして2枚組のLIVE DVDをリリース。

2007年、この2~3年濃密なステージを共有してきた近藤房之助氏と
昭和の“男唄”を讃えカバーしたアルバム『男唄~昭和讃歩~』を発表。
男による男の為の応援歌はせちがらい平成の世に滲み渡り、
各地で行った「男唄ライブ」は話題を呼んで多方面から高い評価を得る。
2008年には、話題作のLIVE DVD『男唄~THE 歌謡 SHOW~』、
シングル『クレイジー節~昭和讃歩~』を発表。

2009年、男唄シリーズ3部作を経て、オリジナル楽曲を発表するため
同氏とのユニット“クレイジードッグス”を結成し、
同年7月3部作の集大成となるアルバム『CRAZY DOGS』を発表するなど、
音楽への飽くなき挑戦はとどまるところを知らない。
また、これまでライブではスタンダード曲の素晴らしいカヴァーを数々聴かせてきましたが、

2011年、日本を代表するジャズ界の奇才・梅津和時氏をプロデューサーに、
渋谷毅氏(Piano)をはじめとする素晴らしいプレイヤー達を迎え、
木村充揮キャリア初のジャズ・アルバムをスタジオ・レコーディング。
Nat King ColeとBillie Holiday、この二人の偉大なアーティストの
永遠の名曲群を唄う珠玉の名盤シリーズが完成。
5年ぶりとなる待望のソロ・アルバムを3月、4月に連続でリリースした。

d0115919_19373748.jpg


◆憂歌団ラストライヴの時です。
勘太郎さんがまたカッコイイ!


◆QUEENでもこんな感じで演られたら み~んな大ヨッパライになっちゃいそう。
いいなぁこの感じ・・・。


木村さんの年に一度の東北ツアーです。
木村さんを観に来る、というよりも木村さんに会いに来る、という感じの方が多くなってきました。
ほんわか暖か~くて、ゆったりしてて、ホント の~んびりと木村さんとの時間を楽しむ。
そんないい感じのひと時になります。
是非お出かけ下さいませ。

[PR]
by bar-queen | 2013-07-27 19:41 | お知らせ | Comments(0)

今夜(7/25・木)はゴキゲンなグルーブのジャズ、R&B、ソウルギタリスト杉本篤彦Liveです!

今夜(7/25・木)は・・・
ゴキゲンなグルーブのジャズ、R&B、ソウルギタリスト杉本篤彦さんのステキなソロギターLiveです!

d0115919_0472439.jpg

■7/25(木)
■ジャズ、R&B、ソウルギタリスト杉本篤彦 夏の東北ツアー
■開場18:30/開演19:30
■¥3,000(D別)


■杉本篤彦
ジャズ、R&B、ソウルミュージックをベーシックミュージックとし、前人未踏のオリジナル指奏法「ツーフィンガー・ストローク」を駆使した甘く太くクリーンな音色、圧倒的なグルーヴ感の溢れるギタリスト。
現在まで19枚のリーダーアルバムをリリース。2008年ADLIB誌国内ニュースター賞を受賞。
2009年テレビ東京系「美の巨人たち」のエンディングテーマ担当。
「アイリスオーヤマ」「東レ・アイリーブ」「オートバックス」など多数のCMソングを作曲、NHK「首都圏いきいきワイド」、TBSドラマ「愛なんていらねえよ、夏(渡部篤郎、広末涼子主演)」などTV番組にも出演。
ラジオのパーソナリティーとしても2010年まで湘南ビーチFM「Black & Blue」を担当。
著書としてヤマハミュージックメディアより教則本「厳選 決まるジャズギター定番名曲」がある。現在全国各地でのライブ・コンサート中心に活動中。


動画は2008年11月の移転前のQUEENでの演奏です。

いいですねぇ。
それにしてもこのステージ、懐かしいなぁ。
映画館(今のポレポレいわき)の4Fから移転して3年になります。
杉本さんには随分前から現在までずっと来て頂いています。
本当にステキなギタリストです。
是非皆様には味わってほしいと切に願っております。

[PR]
by bar-queen | 2013-07-25 01:05 | お知らせ | Comments(0)

今夜(7/24・水)はゴキゲンなトロンボーン「Tommy」でJAZZ!

京都からトロンボーン奏者Tommy率いるゴキゲンなバンド
「Tommy's Jellyfish Quartet」がやってきます!
メンバーも最強です!
■QUEENではお馴染みの「PINKBONGO」やギラジルカさんのピアニスト中島徹。
■リスペクトするブラックミュージックの影響を受けたグルーヴ感には定評が
あり、その方面のアーティストオファーが多いベーシスト中島かつき。
■アメリカ合衆国CA州 L.A HOOLYWOODの音楽学校"MI"(PIT)卒、グルーブドラマー衣笠智英。



■7/24(水)
■トロンボーンTommy
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)
■Tommy(Tb) 中島徹(P) 中島かつき(B) 衣笠智英(Ds)


■Tommy トロンボーン奏者、作・編曲家
d0115919_17123770.jpg

兵庫県生まれ、京都市在住
13歳でジャズに目覚め、クラリネット、サックス、そしてトロンボ
ーンを始める。
京都府立大学在学中にジャズ研究会を創設する。
在学中からバンド活動を開始、ジャンルを問わず、ライブやレコーディングなどの活動を続け、またボ・ガンボスのツアーに参加するなど、メジャー・アーチストのサポートも手がける。
'96に、Duo Sonorossoを結成、また同年にお気楽Horns結成。
現在も、活動中
'99より、A Hundred Birds参加。
1999年 Duo Sonorossoの「Conversa」リリース。
2004年 BalladManiAA「No More Doubt」リリース。
2007年12月、ニューヨークにてジョージ・ケイブルス、バーナード・パーディーらとレコーディングした「Five Spot after Dark~
Tommy in New York」をMOJO RECORDSよりリリース。スイング・ジャーナルのゴールド・ディスクに選定される。

また、2008年スイングジャーナル主催第58回日本人ジャズメン読者人気投票トロンボーン部門において第7位にランクイン。

2008年10月、イタリアはローマでレコーディングした「One Way to Rome」リリース。


■中島徹(P)
d0115919_1713992.jpg

QUEENではお馴染みの「PINKBONGO」やギラジルカさんとの「SOLO-DUO TK」のピアニスト。

大阪教育大学(特設音楽科)在学中よりプロとして、関西のライブシーン等で活動。
東原力哉(dr)、中路英明(tb)、高橋ゲタ夫(b)、宮本大路(sax)、前田優子(vo)、多くのバンド、セッションに参加。
「C.U.G.ジャズオーケストラ」「北野タダオとアロージャズオーケストラ」のメンバーでもある。
2001年10月~11月にはアメリカ・シアトルのジャズフェスティバルに招聘。
2001年11月後半および2002年9月には国際交流基金派遣の文化使節として自己のバンド "LATIN-JAZZ-JAPONISMO~はぽにやす" でヨーロッパ各地(2001年:ブルガリア、ポーランド、スペインの計6都市公演。2002年、アイスランド、ロシア、ベラルーシ、フランスの計4都市)を公演。


■ 中島かつき(Bass)
d0115919_17132791.jpg

1971年京都生まれ 13歳から兄弟の影響でベースを始める。15歳よりギター
を手にし、バンドでヴォーカル&ギターを担当、16歳の時YAMAHAヴォーカル
コンテストで優勝、その当時は数えきれないセッションをこなす。

23歳にしてエレベに復帰、クラブメトロの「COOL TO KOOL」に3年間レギュラー
出演、現在のスタイルが確立される。リスペクトするブラックミュージックの影響を受けたグルーヴ感には定評があり、その方面のアーティストオファーが多い。2001年は「コブクロ」のサポートメンバーとしてツアーに同行
共演ミュージシャンに、スティーブルカサー、エドガーウィンター、東原力哉、
ブラザートム、塩次伸二、マーティブレイシー、永井ホトケ隆、MAKOTO、等・・
CATミュージックスクールでの講師も務める

■衣笠智英(Ds)
d0115919_17134745.jpg

元ジャズドラマーだった父親の影響で17歳からドラマーとしての道を志す。
アメリカ合衆国CA州 L.A HOOLYWOODの音楽学校"MI"(PIT)へ留学の為渡米。卒業後帰国、花*花、広沢タダシのサポートをきっかけに演奏活動を開始。メジャー、インディーズと様々なアーティストのライブ、ツアー、レコーディング等に多数参加。

共演アーティスト
花*花、広沢タダシ、T-SQUARE、森川美穂、沢田知可子、NORA(Orquesta de La Luz)、加藤成亮(News)、伊藤由奈、TAMA(ex-ポルノグラフィティ)、多和田えみ、Skoop On Somebody、ダンス☆マン、三浦春馬、佐藤タイジ(シアターブルック)、サエラ、中沢ノブヨシ(Gutz)、m.c.A・T、遠藤フビト(ex-SPIT FUNK)、JAM company、ゴスペラーズ、ナオト・インティライミ…etc

またFUJI ROCK FESTIVAL`03に"Sabrosura Del Sonido"で出演。
日テレ 24時間テレビ愛は地球を救う 09にて加藤成亮(News)氏のサポートバンドとして"Rendezvous Steel Orchestra"で出演…等。


ゴキゲンなJAZZグルーブをお楽しみ下さい!!

[PR]
by bar-queen | 2013-07-24 17:15 | Comments(0)

今夜(7/23・火)は田中健さんのケーナと羽仁知治さんのピアノでステキなひと時を!

この音を聴けば今夜のLiveで
生で聴きたくなっちゃいます。




■7/23(火)
■田中健(ケーナ)&羽仁知治
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)


ステキな大人のひと時です。
是非お出かけ下さいませ。

[PR]
by bar-queen | 2013-07-23 00:26 | お知らせ | Comments(0)

明日(7/23・火)は田中健(ケーナ)&羽仁知治(pf)Liveです!

『プロの演奏家としての活動をスタートしてからは、代々木公園や多摩川土手、ロケ地近くの森などで、木や月に向かって吹く練習をするようになった。
雑念を取り払って集中し、思いが届くように、心を込めて吹く。
「テクニックはもちろん必要だけれど、思いを伝えることの方が大事だと気付いたんです」
演技か、音色か。
思いを伝える方法が違うだけで、俳優の仕事とケーナ演奏という二つの道は、一つの道につながっている。』
俳優 田中健さんの言葉です。

ドラマ「俺たちの旅」の"オメダ"さんでお馴染み、俳優「田中健」さんはプロのケーナ奏者としても高い評価を博しています。
ローライダースや上田正樹さんのピアニストとしてお馴染みの「羽仁知治」さんの美しいピアノと田中さんのケーナが紡ぎだす「心を癒やす風のような音」に包まれるステキなひと時をお楽しみ下さい。


■7/23(火)
■田中健(ケーナ)&羽仁知治
■開場18:30/開演19:30
■¥4,000(D別)



■田中 健(ケーナ)
d0115919_20372555.jpg

1972年「あおい健」としてコロムビア・レコードから歌手デビュー。
その後、俳優業に転身、1974年「サンダンカン八番娼館 望郷」でデビュー、1975年「青春の門」で脚光を浴びる。
同年放送されたドラマ「俺たちの旅」(NTV)は30年目を迎えたシリーズに育ち "オメダ" 役は自信の代表作となる。
以降数々の主演作品に出演、1993年映画「望郷」(東宝)では数々の映画賞に輝く。
一方、1983年南米旅行中にケーナと出会い1990年にケーナ奏者としてデビュー。「ユーラシア」「ひととせ-春夏秋冬-」等5枚のアルバムをリリースしている。
名曲「コンドルは飛んで行く」田中健アレンジバージョンは今も高い評価とライブの要望を博している。
2002年より東宝芸能に所属。
現在は、時代劇からブロードウェイミュージカルまで役者として幅広い活躍をみせている。


★ケーナとの出会い。
d0115919_20374952.jpg

インカ帝国が築いた幻の空中都市、マチュピチュ。
霧に包み込まれた神秘的な光景の中で、美しく、どこか物悲しい音色を耳にした。
誘われるままに近づいていくと、そこにケーナを吹いている人を見つけた。
83年、旅行で訪れた時のことだった。

 「心を癒やす風のような音」に魅力を感じた。仕事の時も持ち歩き、車での移動中や撮影の合間など、時間があれば練習に励んだ。
教えてくれる人はいないため、全くの独学。
唇の位置が少し違うだけで、音が出たり出なかったりする。
安定した音が出せるようになるまで、3年かかった。

 プロの演奏家としての活動をスタートしてからは、代々木公園や多摩川土手、ロケ地近くの森などで、木や月に向かって吹く練習をするようになった。
雑念を取り払って集中し、思いが届くように、心を込めて吹く。

 「テクニックはもちろん必要だけれど、思いを伝えることの方が大事だと気付いたんです」

 演技か、音色か。
思いを伝える方法が違うだけで、俳優の仕事とケーナ演奏という二つの道は、一つの道につながっている。

d0115919_2038551.jpg


■羽仁知治(pf)
d0115919_2039266.jpg

東京生まれ ピアニスト。
5歳よりピアノを始める。
小学校時代にテレビで見たジャズピアニスト、オスカー・ピーターソンの演奏に触発され自由学園男子部高等科卒業後、プロとしての活動を開始する。
ジョージ大塚、金井英人、植松孝夫のグループピアニストとして都内ライブハウス等で演奏活動を経験。
その後、作曲、アレンジャー、ピアニスト、キーボーディスト、プロデューサーとしてテレビ/映画/ラジオ番組の音楽制作及び出演など、商業音楽分野にて幅広く活躍する。

さらに個人での活動としては、ソロピアノにて4枚のリーダーアルバムをメジャーレーベルより発表。
ピアノの美しさを極限まで表現したヒーリング音楽作品として高い評価を受ける。
2006年、5枚目のアルバム「My All」をリリース。
JAZZの基本となるトリオ編成の録音で、JAZZのテイストがありながら、FUNKYなサウンドのオリジナル曲をメインとしたアルバムは、各ジャズ専門誌などでとりあげられ、多方面から良い反響を得ている。
最近では、コンサート、ライブ活動も精力的に行い、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライト氏が設計し、国の重要文化財に指定され注目を集めている「自由学園・明日館」では毎年、自主コンサートを開催。
さらに青山ブルーノートの姉妹店でもある「Motion Blue YOKOHAMA」でも定期的に単独公演を行っている。
また、スターバックス コーヒージャパン株式会社から毎年発売されている「限定福袋」のCDにオリジナル楽曲を提供するなど、多岐にわたる活動を精力的に行っている。

d0115919_20452549.png

[PR]
by bar-queen | 2013-07-22 20:45 | お知らせ | Comments(0)

本日(7/15・月・祝)15:00~ファンキーなソウルLiveです!

今日(7/15・月・祝15:00~)の「The Soul Messengers」
日本を代表するその道のプロ達、最高のメンバーです。
プロフィールをチェックしてみて下さい。


■西山’HANK’史扇(G)
2000年にソロ・アルバム「UNKNOWN MOOD」を日本クラウンよりリリース(ハイラム・ブロック(g)との共演曲2曲を含む)。プロとしての様々な幅広い音楽経験につちかわれたセンス・実力は、国内の音楽業界に留まらず海外のミュージシャン、アーティストからも深く信頼されている。


■江口弘史
70 年 横浜生まれ。
15歳でベースを始め、18歳の時にシカゴへ渡米。
89-94年 ジャズ、フュージョングループ Half & Half 在籍。
シカゴを中心に演奏活動。
93、94年にタイ、バンコクツアー バンコクのGekko StudioにおいてCMソング、ポップソング等の作曲、アレンジ等を行う。
98-00年 :シカゴのWorld Wide Records にてベーシスト、作曲家として活動。
00-03年 :インディアナポリスのMidwestern Music Groupにてベーシスト、作曲家として活動。
03-04年メイビス・ステイプルズ グループ参加。
米国内でのフェステイバル出演、コンサート活動。
03 年トム・ぺテイー&ハートブレイカーズのオープニングアクトとして米国内をツアー。
04年タジ・マハールとダブルメインアクトでオーストラリアツアー。
04年ジャパン・ブルース・カーニバルにて来日公演。
89-93年, 95-04年:シカゴをベースにアメリカで演奏活動。
04年帰国、日本で活動をはじめる。
04-現在 Sun Alley, Low Blow, Groove Meeting, 牧野バンド、Beyond2, 須川光 古澤良治郎、Suzi Kim 等のバンド/セッションに参加。


■まきのせつこ(Ds)
1961年2月25日生まれ。うお座 A型  福島県いわき市出身
高校時代、吹奏楽部でパーカッション担当。卒業後上京。
猪俣猛ドラム教室経て、リズム教育研究所江尻氏、東京ユニオンの中村氏に師事。
その後1981年女性フュージョンバンド‘サンシャイン・ベイブ’に加入。
八ヶ岳ジャズフェスティバル、フジTVミュージックフェア-、沢田研二ショー、などに出演。
その後マレーシア音楽祭にてベストミュージック賞を受賞し、翌年もベストグループ賞を受賞する。
女性サルサバンド‘チカ・ブーン’、女性ファンクバンド‘に参加するなど幅広い活動を展開。
その後いわき市へ、2001年から音楽活動再開する。


■青木タイセイ(トロンボーン、キーボード、ベース)
1962年京都府生まれ
大学進学を期に上京、在学中より新宿PIT INN等に出演。その後、上々颱風、伊藤多喜雄のサーポートを努め、89年、海外での活躍が記憶に新しい、オルケスタ・デ・ラ・ルスにトロンボーン奏者として参加。97年解散まで努める。
現在、新宿PIT INN、アケタの店を中心に、自己のバンドほか、アバンギャルド、ノンジャンル系 等々ジャンルを問わず、トロンボーン、フレットレスベース、キーボード奏者として活躍中。
またラテン、アジア等のエスニックアレンジ、ブラスアレンジも手がける。
参加バンド:
石渡明広Mull House、熱帯ジャズ楽団、渋谷毅オーケストラ、水谷浩章LOW BLOWほか



■Raykay レイケイ
Stevie Wonder,Bobby Brownなどのアーティストの影響を受けながら10代を過ごす。
大学在学中にヴォイストレーニングを受けながら、クラブイヴェントへの出演や、コーラスグループでの活動、オリジナル楽曲制作などを開始。
New Classic Soulムーヴメントにも感化を受ける。
のち、Gary Scott氏に師事。
以降、Gary氏と共同でのオリジナル楽曲制作や氏も参加する多国籍バンド”The Fuse”のバックコーラス、鈴木桃子(元Cosa Nostra)のバックコーラスなどを含めた他アーティストへのサポート活動、また、コラボレーションやゲスト参加、自己名義でのライブ活動といった音楽活動に取り組む。
05年自主制作CD”The Soul Messenger”リリース。
08年にBeing傘下ZAZZYレーベルと契約。同レーベルよりシングル曲「5分前」をiTunes Store配信リリース。


■7/15(月・祝)
■The Soul Messengers
■開場14:30/開演15:00
■¥3.500(D別)
■西山’Hank’史翁(G)江口ひろし(B)まきのせつこ(Dr)青木タイセイ(Tb)Guest:RayKay(Vo)


d0115919_1213240.jpg


本日15:00から・・・ファンキーなグルーブをお楽しみ下さい!!
[PR]
by bar-queen | 2013-07-15 12:06 | お知らせ | Comments(0)

本日(7/15・月・祝)15:00~ファンキーなソウルLiveです!

今日(7/15・月・祝15:00~)の「The Soul Messengers」
日本を代表するその道のプロ達、最高のメンバーです。
プロフィールをチェックしてみて下さい。


■西山’HANK’史扇(G)
2000年にソロ・アルバム「UNKNOWN MOOD」を日本クラウンよりリリース(ハイラム・ブロック(g)との共演曲2曲を含む)。プロとしての様々な幅広い音楽経験につちかわれたセンス・実力は、国内の音楽業界に留まらず海外のミュージシャン、アーティストからも深く信頼されている。


■江口弘史
70 年 横浜生まれ。
15歳でベースを始め、18歳の時にシカゴへ渡米。
89-94年 ジャズ、フュージョングループ Half & Half 在籍。
シカゴを中心に演奏活動。
93、94年にタイ、バンコクツアー バンコクのGekko StudioにおいてCMソング、ポップソング等の作曲、アレンジ等を行う。
98-00年 :シカゴのWorld Wide Records にてベーシスト、作曲家として活動。
00-03年 :インディアナポリスのMidwestern Music Groupにてベーシスト、作曲家として活動。
03-04年メイビス・ステイプルズ グループ参加。
米国内でのフェステイバル出演、コンサート活動。
03 年トム・ぺテイー&ハートブレイカーズのオープニングアクトとして米国内をツアー。
04年タジ・マハールとダブルメインアクトでオーストラリアツアー。
04年ジャパン・ブルース・カーニバルにて来日公演。
89-93年, 95-04年:シカゴをベースにアメリカで演奏活動。
04年帰国、日本で活動をはじめる。
04-現在 Sun Alley, Low Blow, Groove Meeting, 牧野バンド、Beyond2, 須川光 古澤良治郎、Suzi Kim 等のバンド/セッションに参加。


■まきのせつこ(Ds)
1961年2月25日生まれ。うお座 A型  福島県いわき市出身
高校時代、吹奏楽部でパーカッション担当。卒業後上京。
猪俣猛ドラム教室経て、リズム教育研究所江尻氏、東京ユニオンの中村氏に師事。
その後1981年女性フュージョンバンド‘サンシャイン・ベイブ’に加入。
八ヶ岳ジャズフェスティバル、フジTVミュージックフェア-、沢田研二ショー、などに出演。
その後マレーシア音楽祭にてベストミュージック賞を受賞し、翌年もベストグループ賞を受賞する。
女性サルサバンド‘チカ・ブーン’、女性ファンクバンド‘に参加するなど幅広い活動を展開。
その後いわき市へ、2001年から音楽活動再開する。


■青木タイセイ(トロンボーン、キーボード、ベース)
1962年京都府生まれ
大学進学を期に上京、在学中より新宿PIT INN等に出演。その後、上々颱風、伊藤多喜雄のサーポートを努め、89年、海外での活躍が記憶に新しい、オルケスタ・デ・ラ・ルスにトロンボーン奏者として参加。97年解散まで努める。
現在、新宿PIT INN、アケタの店を中心に、自己のバンドほか、アバンギャルド、ノンジャンル系 等々ジャンルを問わず、トロンボーン、フレットレスベース、キーボード奏者として活躍中。
またラテン、アジア等のエスニックアレンジ、ブラスアレンジも手がける。
参加バンド:
石渡明広Mull House、熱帯ジャズ楽団、渋谷毅オーケストラ、水谷浩章LOW BLOWほか



■Raykay レイケイ
Stevie Wonder,Bobby Brownなどのアーティストの影響を受けながら10代を過ごす。
大学在学中にヴォイストレーニングを受けながら、クラブイヴェントへの出演や、コーラスグループでの活動、オリジナル楽曲制作などを開始。
New Classic Soulムーヴメントにも感化を受ける。
のち、Gary Scott氏に師事。
以降、Gary氏と共同でのオリジナル楽曲制作や氏も参加する多国籍バンド”The Fuse”のバックコーラス、鈴木桃子(元Cosa Nostra)のバックコーラスなどを含めた他アーティストへのサポート活動、また、コラボレーションやゲスト参加、自己名義でのライブ活動といった音楽活動に取り組む。
05年自主制作CD”The Soul Messenger”リリース。
08年にBeing傘下ZAZZYレーベルと契約。同レーベルよりシングル曲「5分前」をiTunes Store配信リリース。


■7/15(月・祝)
■The Soul Messengers
■開場14:30/開演15:00
■¥3.500(D別)
■西山’Hank’史翁(G)江口ひろし(B)まきのせつこ(Dr)青木タイセイ(Tb)Guest:RayKay(Vo)


d0115919_1213240.jpg


本日15:00から・・・ファンキーなグルーブをお楽しみ下さい!!
[PR]
by bar-queen | 2013-07-15 12:06 | お知らせ | Comments(0)

明日からの連休はNSPの中村さん、オールジャンル~ソウルとLiveでお楽しみ下さい!

今週末からの連休は、色々なジャンルのLiveで皆様をお待ちしております。
★7/13(土)は、元NSPの中村貴之さんの還暦祝いLiveです。
◆NSP 中村貴之 60th anniversary tour 2013 “unforgettable~ひと巡り~”
・開場17:00/開演17:30
・¥5,000(D別)

d0115919_22133750.jpg


★7/14(日)は、地元6バンドの楽しい恒例Liveです。
◆Happy Summer LIVE
・開場15:30/開演16:00
・¥1.000(D別)
●地元の人気バンド恒例LIVEです。
・16:00~16:40 ガスケッツ (フォーク)
・16:50~17:30 LOVE&PEACE (ビートルズ)
・17:40~18:20 BLUES DRIVER (ブルース)
・18:30~19:10 GS FREAK (グループサウンズ)
・19:20~20:00 Mix Nuts (オールディズ)
・20:10~20:50 いわきベンチャーズ (ベンチャーズ)


★7/15(月・祝)は、地元プロドラマー「まきのせつこ」さんが主催する日本でも超有名なプロミュージシャン達によるソウルなステージ。
◆The Soul Messengers
・開場14:30/開演15:00
・¥3.500(D別)
・西山’Hank’史翁(G)江口ひろし(B)まきのせつこ(Dr)青木タイセイ(Tb)Guest:RayKay(Vo)
d0115919_22465641.jpg

・地元プロドラマー「まきのせつこ」さんが主催する日本でも超有名なプロミュージシャン達によるソウルなステージ。
今回も凄腕ミュージシャンがこの日の為に集結!!
ファンキーなThe Soul Messengersのグルーブに酔いしれて下さい!!


フォーク~オールジャンル~ソウル・・・と
お好きなジャンルでお楽しみ下さい!!

[PR]
by bar-queen | 2013-07-12 22:49 | お知らせ | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
>平賀様、 お返事遅く..
by bar-queen at 21:33
とても魅力的な記事でした..
by 職務経歴書の書き方 at 17:31
コメントありがとうござい..
by bar-queen at 21:39
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧