THE QUEEN



カテゴリ:ぶつぶつ・・・( 71 )


久々のぶつぶつ・・・を

ここ いわきには、私の愛読する タブロイド判12ページで月2回発行の一本太い筋の通った硬派な新聞があります。
「日々の新聞」といいます。
「日々の新聞」ホームページはこちら

ウィキペディアでは、こう紹介されています。
日々の新聞(ひびのしんぶん)は、詳報性と独自の切り口を編集方針にした地方紙(隔週刊紙)である。2002年5月にいわき民報を退社した安竜昌弘が「アメリカンジャーナリズムをベースとする硬派な新聞」として福島県いわき市で創刊した。その特徴は詳報性と独自な切り口で、そこには自らのイデオロギー、個性を捨てて画一化してしまった既存メディアに対する、アンチテーゼがある。その代表的なコーナーは「紙面を読んで」(オンブズマン)。その欄は創刊当時から編集の及ばない不可侵としている。


私は、この 日々の新聞代表の安竜さんをとても尊敬しています。
信念を持ってやっているその姿勢に憧れて追いかけているのかもしれません。
安竜さんと話しをしているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
実は、QUEENのチラシの折り込みをお願いしに編集室に行くのが私にとって貴重なとても楽しみの時間でもあります。

ある日、そんな安竜さんから「狐火って知ってます?」と尋ねられました。
存じ上げなかった私がどんな方かと問うと、
東白川郡塙町出身でいわき明星大学卒のラッパーで
初めて聴いた時、魂を揺さぶられるほど衝撃を受けた、皆さんに聴いてほしいのでLiveを企画したい、と話されました。
そのときはまず、私より(少しですが)先輩の安竜さんから「ラップ」という言葉が出てきたのにビックリし、
その後「やはり安竜さんは感性の鋭い方なんだなぁ」と納得。
それから安竜さんの琴線に触れる「狐火」とはいったいどんなラッパーなんだろう、とグッと興味が湧いてきました。



以下は安竜さんのブログ「いわき日和」からです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ひょんなことから、東白川郡塙町出身のラッパー・狐火のライブコンサート(3月9日・アリオス小劇場)を開くことになった。ラップとは、ほとんど縁がない。それでも、このコンサートを自分たちで主催し、一人でも多くの人に聴いてもらいたいと思ったのは、その言葉の連なりが、好みや世代、しがらみを超えて、まっすぐ心に迫ってくるからだ。素直で無垢なつぶやきが、静かに魂を揺さぶる。

 きっかけは昨年秋の福島県立博物館のシンポジウムだった。テーマは「アートにできること できたこと2012」。パネリストの一人として参加し、震災後に「日々の新聞」が何をどう報道してきたのか、そうしたなかで何を感じたのかを話した。その場に、明らかに自分を場違いだと感じているような、内気そうな青年がいた。それが狐火だった。
 本名は、西野良宣さん。いわき明星大時代にラップを始めた。ラップと言っても、音楽にのせて自作の詩を朗読するポエトリーリーディング。幼稚園のころから、日々の出来事を日記のようにカセットに録音し、中学からはそれをノートに書くようになった。だから、狐火の詩やステージには、「27才のリアル」「28才のリアル」「29才のリアル」というように、そのときどきのいま、がある。西野良宣という若者の日常から、新聞では報道されない現代社会が透けて見える。

 せいぜい20分ぐらいだったと思う。シンポジウム会場の古い酒蔵で、狐火がマイクを握った。その瞬間に会場の空気が一変した。それはもう、震災のあとに被災者を対象にこんなことをやってきましたとか、こんな手法でアートプロジェクトをやりましたとか、こんな報道をしてきましたとか、そんな人間社会の建前的なことはどうでもよくなり、震災のあとの自分の日々や思いが、それぞれの脳裏に浮かんでは消えた。狐火の震災後の思いを追体験しながら、そのやるせなさに共鳴し、引き込まれた。さまざまな共通項が心に響いたのだろう。涙をこらえるのに必死だった。でも無駄だった。
 狐火は世の中をまっすぐ見る。だから、人間を型にはめようとする決まり事や無機的なものを記号化して、揶揄する。でも大上段に振りかぶって否定するわけではなく、社会で当然のこととして行われていることのおかしさ、矛盾に対しての「なぜ」「わかりません」を積み重ねていく。それが聴くものを魅了する。
 ライブで狐火はぼそっと照れくさそうに「単なる自己満足の世界ですから」と言った。するとコーデイネーターを務めた、博物館学芸員の川延安直さんが「震災後、自己満足でこれだけのことをやりきった人がいたでしょうか」と会場に一石を投じた。見事だった。

 先月末から、立て続けに街の小さなライブハウスで加川良、友部正人、二人のフォークシンガーのコンサートを聴いた。聴かせる側も聴く側もほとんど同じ床の高さで、仲間同士のようにその場を共有した。ライブは観衆によってステージが微妙に変わってくる。そして、そのとき限りだから、良くても悪くても人生の一ページとして記憶に残る。まさに、生きものなのだろう。
 友部が美しいたたずまいで歌った。「大道芸人は路上をめざす/けっして舞台になど上がらない」。加川も友部も40年にわたって歌い続け、路上の人としての生きざまを貫いてきた。狐火もその背中を追い、路上を原点にした歌い手になっててもらいたい、と勝手に願っている。


ブログ「いわき日和」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽ジャンルの好き嫌いや世代を超えてつながっていくラップ。
ラップと言っても、音楽にのせて自作の詩を朗読するポエトリーリーディング。
聴くものを魅了する言霊を生で体験して頂きたいです。

「狐火ワンマンLIVE」@いわきアリオス小劇場
3/9(土) 14:30~


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■安竜さんからのメッセージです。

「狐火ワンマンLIVE」が近づいてきました。
3月9日午後2時半開演。場所はアリオス小劇場です。チケットは999円。
日々の新聞社とアリオスチケットセンターで扱っています。
まだ余裕がありますので、誘い合ってお越し下さい。
 3.11のあと、多くの人たちが無気力感にさいなまれました。
狐火(本名・西野良宣)もそうで、東京と福島との間に、微妙な距離や意識の壁を感じたと言います。
その微妙な感じを、気負いなくまっすぐ吐露し続けています。
その言葉は音楽ジャンルの好き嫌いや世代を超えてつながっていきます。
一人でも多くの人が、狐火のさりげない日常の言葉に共感してもらえたら、と思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ラップ」というと馴染みが無いかもしれませんが、
要はちょっとビートの効いた音楽に乗せた朗読です。
今週土曜日、皆様 是非お出かけ下さい!
きっと音楽ジャンルや世代を超えて、何かが届いてくる事でしょう。

d0115919_511694.jpg

[PR]
by bar-queen | 2013-03-07 12:30 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

皆様に大事なご報告を!

皆様に 二つ報告致します。

一つ目です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

9/22(土)にLIVEを行いました「永井龍雲さん」
満席のQUEENは、しっとりと歌い上げる龍雲さんの歌世界に包まれ、お越しの皆さん大満足のライヴでした。


龍雲さんは昨年の6月に岩手県大船渡に、10月に宮城県石巻に、そして今回はここ いわきに義援金¥1,00,000を届けて下さいました。

QUEENで行われた前回(2011年6/1)も無料のチャリティーライヴを演って下さり、
その時のMCで、「前日岩手県大船渡に義援金¥1,000,000を届けてきました。いわきには次回のLIVEの時に届けますね」と仰って頂いておりました。

今回、リハーサルが終了してチョット休憩の時間に龍雲さんから義援金のお話を頂戴しました。
LIVE当日は土曜日の祝日でしたし、市役所に届ける時間もなかったので、
一番公共性がある福島民報社さんに相談して、お預けする事にしました。

そしてLIVE終了後に龍雲さんは福島民報社いわき支社さんへお届けしてきたのであります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
◆龍雲さんのスタッフブログからの報告です↓◆
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
■義援金を届けてきました-福島-

1年ぶりに訪れたいわきでのライブ終了後、市内の福島民報社いわき支社へ義援金を届けて参りました。

このプロジェクトは、震災後にリストバンドを作成してその売上をいつもライブでお世話になっている被災3県へ届けるというもの。
英語で“復興”という意味の「RESTORATION」と刻まれたリストバンドを作成し、ライブ会場やホームページで販売し、皆様にご協力いただいておりました。
岩手、宮城、福島の3県へ届けよう!という事を目標にしており、
第一弾は2010年6月に岩手県大船渡市のPTAへ、第二弾は昨年10月に宮城県の石巻市へお届け。
そしてこの度!福島県へ という道筋でした。
d0115919_22404025.jpg

福島民報厚生文化事業団を通じて県内での支援に活用していただきます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


永井龍雲さんのスタッフブログはこちら

その後9/26に領収書代わりになる記事が新聞に載りました。
d0115919_2244488.jpg


そして義援金を預けた福島民報社の小磯さんのfacebookからの写真です。
いつもお世話になってる信頼できるユーモア溢れる友人ですので彼に相談しました。


二つ目です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
9/30(日)に、行われた「豊間地区復興祈念祭 ~未来への架け橋 豊間・薄磯・沼ノ内~」
年に一度いわきQUEENに来て下さる因幡晃さんがこの祈念祭で歌って下さいました。
告知のブログです。
復興祈念祭のお話を因幡さんにしたところ、即答で快く承諾して下さり、当日もタップリと歌って下さいました。
体育館でのイベントですから、リハーサルは公開リハーサルとなりました。
d0115919_23531582.jpg

リハーサルが始まり因幡さんが歌い始めたとたん
その場にいらっしゃった警備の方々や準備に追われるスタッフの皆さんが一瞬で引き込まれ、立ちすくして唖然とし、歌い終わった時には拍手が沸きあがりました。
12:00から復興祈念祭がスタート。
偶然にも出演する皆さんはQUEENでいつも演って頂いている地元のミュージシャンの方々ばかり。
SUNRISE BIG BANDさん、菅波ひろみさんとゴスペルクワイヤーの皆さん、ニューオリンズマーチングバンドRBBさん。
満杯の体育館も表のイベントブースも大盛り上がりで進んでいきます。
そしてオオトリの因幡晃さん。
たっぷりと歌い上げアンコールも頂戴し、ラストには名曲「わかってください」…
開場にはすすり泣く方もいらっしゃいました。
司会のMさんも涙声でMCをしていたほどいいステージでした。
因幡さん、心からありがとうございました。

そして〆の鈴木晴彦豊間地区復興記念祭実行委員長の子ども達を思う深い愛情溢れる挨拶に…
本当に心に沁みました。

いわきでも津波被害が大きかった海岸沿い。
先のことはまだ何も決まっていない海岸沿いですが、地区の皆さんの前向きな姿、子ども達を一番に思う姿勢に、
これからもいわきの人々は一つになって、チームいわきとして行動していかなくては、と心に刻まれた復興記念祭でした。
この日に、微力ながら少しだけでも関われて大変嬉しく思います。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

永井龍雲さんも因幡晃さんも・・・多くを語らず男気というか、大きな愛で動いて下さいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
普段ブログではあまりライヴレポのようなのは書いてはいないのですが、
皆様に報告というか、お伝えしなくては、と思いブログにアップ致しました。
長文失礼しました。

[PR]
by bar-queen | 2012-10-03 01:41 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

今度は私達がエアリアルを応援する番です!

スパリゾートハワイアンズ、いわき、そして福島の人々を応援するために贈られた応援歌「息吹」を歌うAERIAL。
この動画をご覧下さい。

これを観てウルウルしてるのはワタクシだけでしょうか。
「フラガール全国きずなキャラバン」でもエアリアルはフラショーの前に歌って、フラガールの皆さんを盛り上げて下さいました。

エアリアルは「フラガール全国きずなキャラバン」以外にも、数え切れないほど
いわきの復興イベントに参加して下さって、無料で歌っています。
今度は私達いわき市民が、彼らを盛り上げなくては!と思い、正式なライヴを企画しました。

ライヴは今夜7時からです。
7/22(日)
AERIAL(エアリアル)
【OPEN】18:00 / 【START】19:00
【料金】前売:¥2,500 / 当日:¥3,000(1ドリンク付)
【出演】
鎌田栄一(G.Vo)
垣本篤志(Ds.Vo)

¥2,500で1ドリンクが付いています。
お時間の合う方は、是非ともお出かけ下さい。
そして一緒にお礼をしましょう。
心からお願い致します。

[PR]
by bar-queen | 2012-07-22 15:46 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

今宵8時~ピアノ&トロンボーンの織り成す至福の時@BarQUEEN

柴草玲&佐野聡
この二人…凄い!です。
ピアノで歌う柴草さんに絡みつく佐野さんのトロンボーンやクロマティックハープやバンディーロ…
惚れ惚れするステージです。
こういうひと時を味わえる方はとっても「幸せ」です。

今宵8時から、、
是非いわきの方に味わって頂きたいです。

■3/6(火)
■柴草玲 with 佐野聡

【OPEN】19:00 / 【START】20:00
【料金】前売:¥3,000(ドリンク別)
【出演】
柴草玲(pf.Vo.)
佐野聡(トローンボーン、クロマティックハープ、フルート、超絶指笛etc)

d0115919_18313897.jpg


ピアノとアコーディオンの弾き語りでオーディエンスの心をわしづかみにする「柴草玲」さんのLIVEです。
20年来の友人である日本を代表するセッショントロンボーン奏者「佐野聡」さんが共演。
ワクワクのステージをお楽しみ下さい!!

[PR]
by bar-queen | 2012-03-06 18:31 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

柳ジョージさん

Hey, hey, hey, darling
Hey, hey, hey, darling

Hey Darling
Please Don't you cry
淋しい顔はよせよ
お前の青い瞳 すねて心裂く
長い別離(わかれ)じゃ ないからさ
涙をふいてくれ

Hey Little Darling
My Lovely Doll
お前のブロンドが
指に指にからんで 別離を惜しむのか
ベッドのぬくもりほしいなら
俺の歌(バラード)に針おきな

Hey, hey, hey, darling
Hey, hey, hey, darling

hey Darling
この口づけは
別れのサインじゃないんだよ
Don't you worry Don't you worry my baby
涙を見せないで
夢の中でも会えるから
微笑み見せてくれ

Hey, hey, hey, darling
Hey, hey, hey, darling



ジョージさん…
d0115919_2343943.jpg

[PR]
by bar-queen | 2011-10-14 02:34 | ぶつぶつ・・・ | Comments(7)

ジョー山中さん@いわきBarQUEEN…お世話になりました。

ジョー山中さんが天に召された。
QUEENには何度も来て頂いて、最高の歌を届けてもらって…
本当に素晴しいシンガーだった。
謹んで 心からお悔やみを申し上げます。

今ネットを開くとジョーさんの訃報がトップに出てきますが、
こんなジョーさんもキチッと見てほしいです。
5月に行われたこの毎日新聞社のインタビューは必見です。
http://mainichi.jp/tanokore/interview/004961.html

いつもQUEENに来て下さる上田正樹さんとのインタビューも必見です。
http://e-days.cc/music/feature/tunein/200910/28619.php?page=1

ジョーさん、あんなにステキな素晴しい時間を…
ありがとうございました。
[PR]
by bar-queen | 2011-08-08 00:32 | ぶつぶつ・・・ | Comments(1)

大人が一人で楽しめる上質の音楽空間@いわきQUEEN

今宵7時からのヴァイオリンとギターのデュオライヴ
先程リハ終了…
なんと素晴しいお二方なのでしょう。
流石はプロ!
感動のリハーサルでありました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「観たかったけど、一緒に行くツレがいないから行かなかった」とか
「一人で行ってもねぇ」なんていう方が結構いらっしゃる。
それも男性が圧倒的に多い。
QUEENは「ライヴレストランバー」なんていう形なので、敷居が高いのだろうか?
そんな事はないはず。
一度QUEENにお越しになれば敷居なんてないのが解って頂けるはずだし。。
遠方からのお客様は皆さんお一人でいらっしゃる。
そして圧倒的に女性が多い。
ご自分の時間を大事に、大切に使っているのがよく伝わる。
結局「ミュージシャンと自分」の大切なひと時なのだろう。

自分も映画は一人で観る。
昔はライヴも一人でよく行った。
(今は休みがないので、なかなか他には行けない)

一つQUEENらしいところがある。
小学生や中学生、高校生が一人でLIVEを観に来て下さるのだ。
もちろん親御さんが時間がなくて、ワタクシに預けていき、終了する時間にお迎えに来て下さるようにしている。
これも大体のライヴ料金を学割で半額にしているし、もともと親子で一緒に何度もLIVEを楽しんでらっしゃる方々だから出来る事かもしれない。

今夜の「ERA」(ヴァイオリンの壷井彰久さんとギターの鬼怒無月さん)も
遠方からのお客様ばかり。
明日の「沢田聖子さん」もたくさんのご予約を頂戴しているが、8割は遠方からのお客様。

ミュージシャンの方々は、自分がQUEENで演ることによって
少しでもいわき復興のためになる事を考えて下さっている。

ファンの方がいわきに来て下さる事を願い、そしてそれを理解してお客様も遠くからいらっしゃって下さる。
いわきでご飯を食べたりお茶を飲んだり、そして近所でお土産も買ってお帰りになって…

ホント、ありがたいです。

地元いわきの方にもう少しLIVEを味わってほしいのが本音であるのだが。

--------------------------------------------------------------------------------
■7/30(土)
■ERA (イーラ)壷井彰久&鬼怒無月
■開場18:00/開演19:00
■¥3,000(D別)
■ヴァイオリニスト壷井彰久(KBB, Pochakaite Malko etc)とギタリスト鬼怒無月(Bondage Fruits, Salle Gaveau etc)のデュオ、ERA(イーラ)。
様々な音楽的引出しと確かな演奏テクニックで、たった二人の演奏とは思えない、壮大で美しく、かつアグレッシヴな演奏を繰り広げ、即興を織り交ぜたライヴパフォーマンスにも定評がある。
プログレッシヴ・ロック、民族音楽、ジャズ、フォークなどを融合したサウンドが老若男女や国境を越えて根強い支持を受けている。

--------------------------------------------------------------------------------
■7/31(日)
■沢田聖子 Live Tour 2011~幸せを探そう~ガンバレ!福島! ガンバレ!いわき!
■開場15:30/開演16:30
■¥3,000(D別)
■涙が出るほど嬉しいタイトルを沢田聖子さんがつけてくださいました。
[PR]
by bar-queen | 2011-07-30 18:25 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

久々のぶつぶつ、Barの親父の独り言を…@いわきQUEEN

震災後、たくさんのミュージシャンの方々から
「避難所かどこかで演奏したいけどそちらはどうですか?」とのご連絡を頂きました。
元々、ラテンベースの高橋ゲタ夫師匠率いるTHE LOW RIDERSが4/11、
サックス奏者の小林香織さんは4/13の予定だった事から、
お二方からは「絶対行きますよ~避難所でもどこでも演りますよ~」と言って下さっていました。

QUEENのHPのその時の告知文です。

■4/11(月)THE LOW RIDERS
【出演】
上侍(ジョージ・g.Vo.)
高橋 ゲタ夫(b.Vo.)
チッコ 相馬(Ds.Vo.)
羽仁 知治(pf.Vo.)
八木 のぶお(Harmonica,Vo.)
d0115919_224670.jpg

震災後やっと電話が繋がるようになった時、高橋ゲタ夫さんからTELを頂戴しました。
「いえぇ~い 無事ですか?LIVEはメンバー全員で絶対行くからね~!QUEENで出来なかったら避難所でも病院でも、どこでも演るからね、みんなに八木さんの音を聴いてほしいんだ」
と仰って頂きました。
「でも原発が…」と私、
「何言ってんだい、俺達は何吸ったってもう全然平気だぜ~い」
という訳で…
11日と12日の昼間は避難所で、
11日の夜はQUEENで、
12日の夜は湯本のこいと旅館で演奏予定です。
避難所の場所は後ほどお知らせ致します。


■4/13(水)小林香織ニューアルバム「PRTECIOUS」発売記念ライブ
d0115919_2252167.jpg

震災後、被害の大きさがニュースに流れるようになってから、小林香織さんから「サックス1本持って行きたい、私は音響もいらないので避難所でもどこでも演奏したいです」と連絡を頂戴していました。
原発の問題もなかなか落ち着かない状況でしたので、なかなか「是非来て下さい」とお答えできずにいました。
特に海岸沿いの皆様の心の痛み、まだ断水などで【日常】には戻っていない いわきですが、予定通り小林香織さんは来て下さいます。
13日と14日の昼間には、避難所でも演奏する予定です。
QUEENでは、どのようなLIVEになるか検討中ですが、今現在の状況をお知らせ致します。

大人気のアルトサクソフォーン、フルート奏者の小林香織さんのLIVEです!
2010年7/2に初いわきLIVE!
今年のお正月には、FMいわきでスペシャルなDJをFMいわきのパーソナリティ「ベティさん」と1時間生放送をしてくれました。
皆様どうぞお見逃しなく!


これが当時QUEENのHP【Live】の告知でした。

さて、その後どうなったかと申しますと…

そして4/11、いわきに「THE LOW RIDERS」がやってきてくださいました。
4月11日と12日の昼間は避難所で、
11日の夜はQUEENで、
12日の夜は湯本のこいと旅館で演奏予定だったローライダース。

4/11は、江名小学校で演奏しました。

pm.5:00過ぎにQUEENに戻る途中、車の中で震度6弱の余震に遭いました。
停電で渋滞の中やっとQUEENに辿り着き「LIVEは生音で演るしかないね」と言いつつ
お客様をお待ちしてみましたが、やはり誰もお越しにならず、
延期にさせて頂きました。

翌日は湯本二中での演奏予定でしたが、いわき市全域 学校は「休校」となりましたので、演奏は出来なくなってしまいました。
こいと旅館の社長さんと別な避難所を探してみると、湯本一小にはたくさんの方がいらっしゃるという事で、急遽演奏する事にしました。
12:30に湯本一小にお伺いして避難所となっている体育館のステージに14:00から演奏の演奏の為にPAをセッティングしました。
14:02「ムーンライトセレナーデ」の調べで緞帳が上がり演奏が始まりました。
そしてハーモニカの八木さんのソロに入りあの優しい音色に包まれた時に…
ドーンと直下型の震度6が来ました。
「仕込み1時間半、演奏4分」というステージでした。
その後全員校庭に避難したのですが、小さい余震が小刻みに続くなか、ゲタ夫師匠が
「校庭でアンプだけで演ろうよ、おじいちゃんやおばあちゃんが不安そうにしているから少しでも紛れればいいじゃない」と仰って下さり
校庭野音LIVEが始まったのでありました。

1曲目のスローなバラードで皆さんの心を落ち着かせ、
3曲目には皆さんをノリノリにさせたローライダース。
余震よりも激しく身体を動かすおじいちゃん、おばあちゃん…
アンコールまで頂戴し、
「いやぁミュージシャン冥利に尽きますネェ」と避難所の皆様の魂鷲掴みのローライダースでした。
その日の夜はこいと旅館で演奏し、おひねりまで頂戴するほどの熱いステージをお届けし、
ローライダースの「いわき余震ツアー」は無事終了したのでございます。



ローライダースの皆様が無事お帰りになった4/12の翌日4/13は小林香織さんのLIVE予定でした。
でも電車も止まり余震も続いていました。
それでも「絶対行きます!」と言って下さった小林香織さんですが、
これはワタクシの方から「高速も電車も不通になりましたし、やっぱり延期にして下さい、」とお願いしまして、
納得して頂きました。
これのリベンジLIVEが先週の7/13に演ったのでありました。
当日お昼に、中央台北中体育館で、非難している久ノ浜中学校と北中の生徒さん全員の前でバリバリのLIVEを演ってきました。
最後には生徒全員総立ちジャンピングのノリノリLIVEでありました。
夜はQUEENでもちろん!ステキな大人のLIVE。
翌日の7/14は小名浜の中村病院でまたまたステキな演奏!
帰りの車の中で、「アレ?この2日間の延べ演奏曲は凄い!」と言った香織さんのせりふが忘れられません。
中学校では中学生ウケする曲をチョイス。
QUEENではニューアルバム「PRTECIOUS」の曲を全曲演奏。
中村病院ではご年配の方向けを選曲。
演奏した曲は30曲以上ではないですか!
あの美しくてかわいらしいお姿、そして綺麗な心、想像を超えるそのプロ根性!
それも終始笑顔で当たり前のようにやってしまう凄さ。
なんてステキな方なのでしょう。


こんな感じで、QUEENはミュージシャンの皆様と共に
音楽でいわきを元気に…なんて大それた事ではなく
音楽という力で、少しでも笑顔になって頂ければとコツコツとやっていきます。


んっ?
ところで「THE LOW RIDERS」
4/11と4/12で1ヶ所演ってないところが・・・
QUEENだけ延期のままではありませんか!
という事でその後何度も調整をして頂いたのですが、何せ大忙しのメンバー達。
5人揃うのが8/8と8/9しかありませんでした。
8日はこいと旅館で、(こちらはクローズです)
9日はQUEENで演ります
いわきに元気玉を届けてくれるローライダース。
3/11から1ヵ月後のあの2日間ドンピシャの「余震ツアー」のリベンジLIVEは8/9(火)です。
是非ともお見逃し無い様に切に願っております
[PR]
by bar-queen | 2011-07-25 02:25 | ぶつぶつ・・・ | Comments(2)

憧れが目の前に・・・

1974年、ちょうど高校を卒業する頃にハイファイセットの「卒業写真」が大ヒットした。
その後の「冷たい雨」「中央フリーウェイ」「フィーリング」の名曲の数々…。
そして、なんといってもユーミンの「あの日にかえりたい」の前奏のスキャット
♪ダーダダダダーダダッダ ダーダダダダー…泣きながら~ちぎった写真を~♪

日本を代表する女性ヴォーカリスト…山本潤子さん!
先程リハーサルが終了し、8時からの本番前のひと時。
あまりの素晴しさに、一人 余韻に浸るワタクシでございます。

今まで大ホールでしか演らなかった潤子さん、
初のライヴハウスツアー!
これは絶対見逃せません。

若い方には「翼をください」のご本人様だよ、というとわかってもらえるのですが、、、
今夜のお客様はやはりワタクシと同年代の方々であります。
お席はもう少々ございますので、お時間の合う方は是非お出かけ下さい。
d0115919_18244299.jpg

[PR]
by bar-queen | 2011-05-25 18:24 | ぶつぶつ・・・ | Comments(0)

必見!

ピストル君は最高だ。

必見!【竹原ピストルのブログ 流れ弾通信】

話は短く… これにて終了^^//
[PR]
by bar-queen | 2011-03-31 01:32 | ぶつぶつ・・・ | Comments(1)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧