THE QUEEN



カテゴリ:未分類( 39 )


明日(1/21・日)14:00~ピアノと6弦コントラバスによるアロマティックコンサートです!!

明日(1/21・日)は・・・
世界の名機 Fodera 6st. contrabassguitarという6弦ベース使いの重廣 誠さんと
ピアニスト錦織貴子さんが、時の狭間に忘れていた景色を想い出す様な心にそっと寄り添う音楽を届けてくれます。
懐かしの映画音楽、ケルトミュージック、オリジナル…アロマティックミュージックをお楽しみください!

d0115919_17250175.jpg
■1/21(日)
■raretones(重廣誠&錦織貴子)
■開場13:30 / 開演14:00
■¥3,000(D別)

■重廣 誠(Bass)
独特な世界を6弦ベースで表現!
世界の名機 Fodera 6st. contrabassguitarを手に世界を駆ける。
バッハの無伴奏チェロ組曲、津軽じょんから、平家物語を始めとした独特なライブスタイルに好評を得ている。
その他、自然をテーマにしたクラシック音楽の作曲、なども手掛ける。
活動はソロ、ユニットで国内外で活躍。

■錦織 咲也(piano)
東京都生まれ。千葉県松戸市在住。
日本大学芸術学部ピアノ科首席卒業。
センシティブな演奏と曲作りに定評があり、共演アーティスト達からの信頼が厚い。


上質な大人のひと時をお楽しみください

[PR]
by bar-queen | 2018-01-20 17:33 | Comments(0)

本日(1/8・月・祝)14:30~新春恒例「小沼寿恵ワンマンライヴ」です!

新年明けましておめでとうとございます
皆さん 健康で穏やかに過ごせる年になりますように!
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます


ライヴハウスQUEEN、新春一発目Liveは・・・
本日14:30~


『小沼寿恵ワンマンライヴ 寿2018歌初め』
■1/8(月・祝)
■開場14:00 / 開演14:30
■¥3,000(1D付)

◆小沼寿恵
★スペシャルゲスト:富澤タク  
★ガスケッツ、片平智久
■いわきをメインに活躍する小沼寿恵さんの毎年恒例の新春寿Liveです。

※小沼寿恵プロフィール
http://www.toshie-konuma.com/

d0115919_01431728.jpg
お席は満杯のようですが、「やっぱりどうしても観たい!!」という方は
0246-21-4128まで電話を下さい。。
無理やりお席を作っちゃいますv(^o^)/


[PR]
by bar-queen | 2018-01-08 08:30 | Comments(0)

憧れのCharさんライヴ決定しました!

Charさんの 2018東北ツアー 3/5(月)に決定しました!
チケットはQUEENで受付けております!
ご予約は…0246-21-4128までどうぞ!


d0115919_04271633.jpg
★日 時
   2018年3月5日(月)
   18:00 open / 18:30 start
★会 場
   いわきアリオス中劇場
★料 金
   全席指定 ¥6,800(税込)
   ※未就学児童入場不可


良いお席はやはりお早めに!
ご予約はTELで、今ならお席が選べます!
0246-21-4128

[PR]
by bar-queen | 2017-12-04 08:30 | Comments(0)

明日(12/3日)は伝説のバンド「The Street Sliders」のHARRYさんのバンドスタイルのLiveです!

明日(12/3日)のQUEEN Liveは・・・

伝説のバンド「The Street Sliders」のHARRYさんのバンドスタイルのLiveです!
http://www.harry-station.com/


d0115919_04282794.jpg

■12/3(日)
■村越“HARRY”弘明 TOUR 2017 “BEAT FAST”
■開場15:30/開演16:00
■¥6,000(D別)
■村越“HARRY”弘明(Vo.G)+真壁 陽平(G)+市川“James”洋二(B)+渡辺 拓郎(藍坊主Dr.)


■村越“HARRY”弘明
1959年1月26日生まれ、東京都出身。本名:村越 弘明。
作詞・作曲家、ヴォーカル・ギターリスト。

1983年3月The Street SlidersでEpicソニーよりデビュー。
数々の伝説を残し、結成20年デビュー17年目の2000年10月29日、日本武道館の公演を最期にその活動にピリオドを打つ。

2001年秋よりギター1本のステージでソロ活動を始める。
2003年ソロデビューアルバム『Bottle Up and Go』、2004年『FOR NO ONE』、
2006年『HOW DO WE LIVE』をリリース。

2008年デビュー25周年、初のセルフカヴァーアルバム『GATEWAY』を発売。
2009年、衝撃の2枚組フルアルバム『狼煙』を発表。その後立て続けに『無常人』、『土と灰』とアルバムをリリース。
新境地三部作。
2013年3月5日デビュー30周年。

2001年ソロデビューから現在に至るまで、
バンドスタイルとソロスタイルを定番とし、毎年全国的にLIVE活動を継続。
オリジナルアルバム、LIVEアルバム、DVD作品等を多数リリース。

2016年10月〜総本数39本全国ツアー”TURNING TIME AROUND”を敢行 。
その独自の詩世界と圧倒的なヴォーカル・ギターで、唯一無比の存在感を放ち続けている。

ソロになってから現在までのライブ並びに作品リリースの詳細は以下をご参照ください。


BIO [HARRYバイオグラフィ]

村越“HARRY”弘明 OFFICIAL WEBSITE: http://www.harry-station.com/
MAIL: office@harry-station.com
Facebook: https://www.facebook.com/harry.station.sns
Twitter: twitter.com/harry_station
You Tube: https://www.youtube.com/user/HARRYSTATION?hl=ja&gl=JP

詳細はこちら↓
http://iwaki-queen.jp/schedules/view/350


[PR]
by bar-queen | 2017-12-02 08:30 | Comments(0)

本日(10/28・土)15:00~サーカスです!


本日(10/28・土)15:00~
名曲『ミスター・サマータイム』『アメリカンフィーリング』が目の前で!!
サーカス 39ツアー in いわき ~デビュー39周年!!あなたに"Thank You"~
洗練された完成度の高いハーモニーで人々を魅了するコーラスグループ「サーカス」の結成39年!Thank Youツアーです!!


d0115919_04000575.jpg

■10/28(土)
■サーカス 39ツアー ~デビュー39周年!!あなたに"Thank You"~
■開場14:30/開演15:00
■¥6,000(D別)
■サーカス(叶正子、叶高、叶ありさ、吉村勇一) ピアノ 鈴木和郎


■サーカス
http://www.soundcircus.co.jp/
・叶正子(デビュー以来の歌姫)
・叶高(リーダー、叶正子の弟)
・叶ありさ(新メンバー、叶高の娘)
・吉村勇一(新メンバー、オーディションで抜擢)

1978年『ミスター・サマータイム』、1979年『アメリカンフィーリング』が大ヒットし、日本の音楽界に颯爽とデビューする。
それまでになかった男女二人ずつ、しかも3人姉弟+従姉というユニークなヴォーカル・グループとして誕生する。
その後メンバーチェンジを経て、現在のサーカスとなる。
洗練された完成度の高いハーモニーは各方面より高い評価をもって迎えられる。


[PR]
by bar-queen | 2017-10-28 08:30 | Comments(0)

10/26(木)は女流Sax Player名雪祥代のジャズライヴです!

d0115919_03425046.jpg

10/26(木)は・・・

仙台発!女流Sax Player名雪祥代のジャズライヴです!
CD『Comfort』が発売翌日Amazon J-Jazz部門でランキング1位を獲得する本格Jazzのgrooveを目の前で体感して下さい!

★必見!!↓
https://youtu.be/9hryHUQrtJ4


■10/26(木)
■名雪祥代サキソフォン
■開場18:30/開演19:00
■¥3,500(D別)
■名雪祥代(AS) 谷川賢作(pf) 小美濃悠太(Bass) 橋本学(D r)


仙台を拠点に活動するジャズサックスプレイヤー名雪 祥代。
■昭和音楽大学・大学院で学んだクラシックの技術に裏付けされた正確なテクニックをジャズでも生かし、その演奏は男性的な力強いサウンドと歌心溢れる女性らしい柔らかな表現の両方を併せ持つと定評がある。

◆名雪祥代(As)SACHIYO NAYUKI
http://www.jazz.co.jp/Mus/nayuki.html
宮城県古川女子高等学校(現・黎明高等学校)出身。
昭和音楽大学(神奈川県)器楽学科管弦楽科へ進学、途 中演奏家コースを選択。
その後、より学びを深めるために昭和音楽大学・大学院へ進学。

大学卒業時、優秀 賞を受賞して卒業、大学主催卒業演奏会に出演ほか、 読売新人演奏会出演、コンセールヴィヴァン新人オー ディションにて優秀賞受賞、受賞者コンサートに出演、 昭和音楽大学オーケストラとコンチェルトソリストとして共演。 
在学中からプロオーケストラでのエキス トラ出演、自身のカルテットなどでリサイタルを開催 する等、クラシックプレイヤーとしての研鑽を積んだ。
2003年仙台へ拠点を移す。...


https://youtu.be/ojKf28VcuIs

◆谷川賢作 (pf)
http://tanikawakensaku.com/

 1960年東京生まれ。ジャズピアノを佐藤允彦に師事。演奏家として、現代詩をうたうバンド「DiVa」ハーモニカ奏者続木力とのユニット「パリャーソ」、また父である詩人の谷川俊太郎と朗読と音楽のコンサートを全国各地で開催。80年代半ばより作・編曲の仕事をはじめ、映画「四十七人の刺客」「竜馬 の妻とその夫と愛人」NHK「その時歴史が動いた」テーマ曲等。88、95、97年に日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞。近年では、06年びわ湖ホール制作 「雷の落ちない村」の音楽監督(コンサートライブCD「雷の落ちない村」13年7月にリリース)ピアニスト舘野泉に組曲「スケッチ・オブ・ジャズ」を献呈。画家、山本容子の絵とエッセイで綴る「Jazzing」の音楽 プロデュース。兵庫県立芸術文化センター制作の音楽劇「赤毛のアン」富山県文化振興財団委嘱作品「少年少女のための交響詩 〜めざめる羽 はばたく四季〜」 (作詩/覚和歌子)2009年3月初演。金沢ジュニアオペラスクール第二期音楽監督。兵庫県立ピッコロ劇団「星つむぎの歌」「ピッコロ版・星の王子さま」映画「カミハテ商店」(2013おおさかシネマフェスティバル音楽賞受賞作品、監督・山本起也) 2015年度船橋市文化芸術ホール芸術アドバイザー。最新刊「パリャーソ・谷川賢作曲集」最新CDはDiVa「うたがうまれる」(TRBR-0016) 音楽を担当した最新映画「袴田厳 夢の間の世の中」(監督・金聖雄)16年2月公開。

谷川賢作オフィシャルサイト http://tanikawakensaku.com/
連載中のコラム「ほめちぎっちゃうぞっ!」http://dot.asahi.com/musicstreet/column/homeru/

◆小美濃悠太(Bass)
http://www.yutaomino.com/
—Contrabass,Electric Bass

1985年、東京生まれ。一橋大学社会学研究科修了。
幼少の頃より続けていたエレクトーンを通じてジャズに出会う。
高校に入学後、ジャズを演奏できる楽器を習得するために吹奏楽部に入部。
コントラバスとエレクトリックベースを平行して学ぶ。
大学進学後、千葉大学モダンジャズ研究会に入部。
本格的にジャズを学び始める。在学中から演奏活動を開始し、現在は東京を中心に首都圏全域で活動している。
サックス奏者 臼庭潤のバンドへの参加を皮切りに、日本を代表する数々のジャズミュージシャンとの共演を重ねる。
ツアー、レコーディングへの参加は枚挙に遑がない。
またジャズ以外のフィールドでも、世界的なボサノバシンガー・小野リサの中国ツアーや、日本を代表する雅楽師・東儀秀樹と、世界的なバイオリニスト古澤巌による全国ツアー、フランスの誇るバイオリニストFlorin Niculescuの国内ツアーなどに参加。

大竹しのぶ主演「ピアフ」、山本耕史主演「ヴォイツェク」、昆夏美 伊礼彼方 廣川三憲主演「星の王子さま」など、ミュージカル・音楽劇での演奏も多数。

自身のプロジェクトとして、2015年にはピアノトリオ"Tre farger"の1stアルバムをリリースし、全国ツアーを成功させる。
翌年2016年にはライブ録音の2ndアルバム"Live at The Glee"も発売。
Tre fargerを通じてヨーロッパのアーティストとの交流を深め、2017年にはポーランド人ドラマーAlbert Karchとの共同プロジェクトで日本ツアーを予定している。

ジャズベースを山下弘治氏、アルコ奏法を高西康夫氏、斎藤輝彦氏に師事。

・2017年3月 シンガーソングライター おおはた雄一とTre fargerのダブルビルツアー
・2016年10月、11月 小野リサ中国ツアーに参加
・2016年 KOKIA『Watching from Above』レコーディングおよびCDリリースツアーにも参加
・2016年8月 akiko 15th Anniversary Tour 大阪公演に参加
・2016年6月 Tre farger『Live at the Glee』をライブ録音、8月にリリース
・2016年5月 広崎うらん主催『REVO2016 SESSION 情熱と生活』に参加
・2016年3月 ポーランドのトランペッターTomasz Dabrowskiと共に日本ツアーを開催
・2015年12月〜2016年1月 音楽劇「星の王子さま」コントラバス奏者として参加


◆橋本学(Dr)
http://manabuhashimoto.com/
1976年2月28日兵庫県生まれ。
幼少時7年程バイオリンを経験。
中学校吹奏楽部にてドラム・パーカッションを始める。
大学入学後モダンジャズ研究会にて ジャズ・フュージョン活動を開始。
在学中にリットーミュージック社ドラムマガジン誌上ドラムコンテスト'98にて 「TOSHI・NAGAI賞」を受賞。
卒業後、インディーズバンド「GANA LOU」「STAY」を経てフリーランス活動へ。
2001年横浜ジャズプロムナード・コンペティションにて 西本康朗カルテットでグランプリ受賞。
2005年~2013年まで橋本学trio(伊藤志宏piano、織原良次fretless-bass)を主宰、作・編曲を手がける。
2010年、台湾・台中Jazz Festivalにて公演。
2011年よりhuman・beatboxにも挑戦。
橋本学trioを解散の後、2013年よりソロ・パフォーマンスを毎回テーマを変えて開始、ツアーも行う。
2014年より毎回メンバーの違う初顔合わせセッション企画「橋ワタシ学」シリーズを開始。
2014年11月、スイスにて4本の公演に参加。
2015年2月、橋本学trio活動再開。
同じく2月、ミュージカル「ラブ・イズ・ミラクル」へ楽曲提供。
使用楽器面ではドラム・セットの解体と木琴・パーカッションを含めた打楽器群の再構築を進める。
2016年、長野県富士見町へ移住。中部甲信地方発信の活動を開始。

近年の参加プロジェクトは、田中信正(p)”作戦失敗”トリオ、西山瞳(p)”NHORHM”、安ヵ川大樹(b)トリオ、コシミハル(vo,p,etc)”Moonray”、たなかりか(vo)”Flowers for Blossom”等。
アヴァン・ポップからトラディショナル・ジャズまで、近年ではピアノ・トリオやシンガーとの共演が多い。


[PR]
by bar-queen | 2017-10-25 08:30 | Comments(0)

明日(10/18・水)は全米34位のジャズボーカル「June Bisantz」Liveです。

10/18(水)は、現在の全米ジャズシーンで活躍する超一流ジャズミュージシャンがニューヨークからやってきます!

■“June Bisantz” Japan Tour 2017

チェット・ベーカーの曲のみを収録したアルバム「it’s always you」が全米、アメリカ・コンテンポラリー・チャートに於いて34位を獲得!
いまアメリカ ジャズ ボーカル界で話題のシンガー“June Bisantz”(ジュン・ビサンツ) のジャパンツアーの1日がQUEENで行われます。!
このアルバムはアメリカの多くのジャズファンの間で愛聴盤と言われてます。
ジュン・ビサンツさんは美術の大学教授でもある画家の顔も持つ異色のシンガーです。

バックミュージシャンは、過去に“久石 譲 ドリームオーケストラ”のレコーディング、コンサートで来日共演し日本にファンも多いAlex Nakhimovsky(p)(アレックス・ナキモフスキー)、
NYで活躍する多くのジャズミュージシャンが住むコネチカット州ナンバーワン ギターリストNorman Johnson(ノーマン・ジョンソン)。
この二人も
ハートフォードの音楽院教授でも活躍しています。


■10/18(水)
■June Bisantz Japan Tour
■開場18:30/開演19:00
■¥5,000(D別)
■June Bisantz(ジュン・ビサンツ・vo)
Alex Nakhimovsky(アレックス・ナキモフスキー・pf)
Norman Johnson (ノーマン・ジョンソン・g)



■JUNE BISANTZ(ジュン・ビサンツ) / Vocal
☆アメリカ合衆国コネチカット州出身

Wedeyan Un,ers ty(ウェスリアン大学)で教員資格取得、Unversity of Connecticu《コネチカット大学)で哲学を専攻。
Caremont Graduate un~ ersity(クレアモント大学院)で絵画の修士学位授与。
画家の顔も持つ異色のシンガー“ジュン・ビサンツ"はハートフォード(コネチカット州)、ブリッジボート,スプリングフィールド(マサチューセッツ州)等々ニューイングランドを中心に活動。
優しくささやき掛ける様な彼女の歌はジヤズファン成らずとも一度聴くと虜になる。
特に、かの名トランペッターでヴォーカリスト“チエット・ベイカー"の曲だけを歌ったアルバム(CD)「Let's FJ h Love」は彼女の魅力を存分に感じる事が出来る秀作である。
画家としても才能豊かなジュンは、「ブルックリン美術館」(ニューヨーク市)を始め「コプリー・ソサエティ・オブアート・ボストン」(マサチューセッツ州)、「ディスカバリー美術館J(ブリッゾホ―卜市)、「ベントン美術館」(コネチカット州立大学)等アメリカはもとより、ブダペスト(ハンがり)などヨーロッパに於いても彼女の作品展が催されている。
またグラフイツクデザイナー、イラストレーターとしてニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス等各地で「Esqttre」や「Vanty Far」など数多くの有名雑誌を手掛ける。
ハートフォード市の公立学校を始めウェスリアン大学、ゲートウェイコミュニティカレッジ(ニューヘーブン市)、マンチェスターコミュニティカレッジ(マンチェスター市)、ハートフォード美術大学等で絵画、イラスト、グラフイッククデザイン、コンピューターグラフィックスの教鞭をとり、現在東コネチカット州立大学のデジタルアートとデザイン学の教授を務める。

云術に造居旨の深い彼女がChet Baker(チェットベイカー)に触発さ才しAlex Nakhmovsky/pianO(アレックスナキモフスキ)、Norman 3ohnson/gutar(ノーマンプョンソン)等を迎え制作したアルバム「Leぜs Fa‖ n Love」は,米国はもとよリフランスカナダスペイン・イタリア等数力国で、絶賛される。
Shhgs Chet Baker Vol.2「It's AIways You」を発表、アメリカラジオ業界誌FMQBのアダルトコンテンポラリーヒットチヤートに於いて6月2週目時点で34位、現在も上昇中。



■ALEXANDER NAKHIMOVSKY(アレックス・ナキモフスキー)/Piano
■ ロシア生れ
6歳から音楽を始め、最初の楽器はバイオリンで後に音楽学校で理論とピアノを学ぶ。
1978年アメリカに移り、1988年にコネチカット州ウエストハートフォードのHartt音楽学校を卒業し、音楽家として活動を始める。

音楽ディレクターとピアニストとして、6つの大陸ツアーを行い、スタインウェイホール ビレッジゲート・ニューヨーク市タウンホール等でも演奏。

コンサートではヴァレリー・ポノマレフ(Valery Ponomarev)〈tp〉、ベニー・ゴルソン(Benny Gdson)<ts〉、ドンブラーデン(Don Braden)〈ds〉、ボビー・ワトソン(Bobby Watson)くas〉、カーティス・・フラー(Curts Fu‖ er)<tb〉、ジミーコブ(」mmy Cobb)くds〉、シーラ・ジヨーダン(Sheila Jordan)くvo>、マイク・スターン(Mke Stern)(gt)等他と共演。

1998年にクレイグ・ハンデイカルテット(The crag Handy OuarteD、2001年ティムアマコストカフレテット(The Tim Armacost Ouartet)でシベリアノボクズネクツとサントペテルスブルグでインターナショナルジャズフェスティバルに参加。
両方のパフォーマンスはBoheme MuJc Lbdに録音された。

2002年ロードアイランドの歌手ショーウモンテイロ(Shawunn Montdro)とモスクワでいくつかのコンサートを行いました。
また、ジャズバイオリン奏者デイビッドゴロシェキン(DaMd Gdoshekn)とニューヨーク、ボストン等でツアーを行いCDの録音。

2004年に再びデイビッドと歌手のシーラジヨーダン(Shdh」ordan)と、ハートフォード インターナショナルジャズフェスティバル、トリントンジャズフェスティバルに参加。

2005年久石譲&新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ「パリのアメリカ人」のレコーディング及びツアーにゲストピアニストとして参加。

ジュン・ビサンツ(June Biantz)くvo〉のチェット・ベイカーの曲のみを収録した「Let s Ftt ln Love」「I s AIways You」で演奏、アレンジ、コ・プロデューサーとして参加、2012年、2016年来日ツアーを行う。

レコーディング、コンサートツアーの傍らコネチカット州ハートフォードのGreater HartfOrd Academy forthe Atsで教鞭をとり後進の育成にあたっている。
理論的で釣合いの取れた、彼自身のスタイルを持つ優秀なピアニストである。
ロシア・シベリア地方の“ジャズヽアット・ザオールドフォートレスインターナショナル・ジャズフェスティバル“バイカル・ウェイブスインターナショナル・ジャズ・フェスティバル"に於いてニューヨークサイドのプロデューサー及びプレイヤーとして参加。


■NORMAN」OHNSON(ノーマン・ジョンソン) / Guitar
■ジャマイカ、キングストン生まれ
ジャマイカ・キングストンで生まれ後にニューヨーク・ブルックリンに移住、その後コネチカット州へ。

ノーマンジョンソンはまるで叙情的で上品な言葉を表現する様なギターリストです。
ニューヨークブルーノートやボストンレガッタバー等の聴衆にも多くの支持を受けています。

コネチカット引1ハートフォードのHartt Mudc(Schod)音楽で」acke McLean/t sax(故人)に師事、ギタリスト作曲家としてBHan Keane賞を受賞。

ノーマンはこれまでDave Brubeck、Bill Mays、Pfill Wilson、Chris Brubeck、Jerry BergonJ等々 数々のサイドメンとしてレコーディングに参加、注目を浴びる。
特に“」une B`antz"のアルバム「Lets FJl h Love」のプレイでは大絶賛される。
ミュージックシーンニューヨークで活躍するミュージシャンが多く住むコネチカットのミュージックシンーンに於いて代表的なギタリストとして評されるようになりました。

2010年にソロCD「r Time st。。d Si‖」をリリース。
”IMPROVI JAZZAT10N NATI0N"は彼のCDは魅力に浴れ、心を奪われる音楽を作るための素晴らしい才能を持つている、と高い評価をしています。
また、」AZZ Chcago netでは、ジョンソンは長年ジャズ・シーンで活躍しているが、彼のソロデビューは素晴らしく、現代ジャズギターシーンに新しいスターが一人現れたと評しています。

レコーディング、コンサートツアーの傍らコネチカット州ハートフォードのGreater Hartford Academy for the Artsで教鞭をとっています。
ハートフォードの音楽院で音楽とダンスの学長を9年務めました。
現在、ニューヨーク、ハートフォード、ボストンを代表するギターリストであります。


彼女のメロウで妖艶な歌の虜になるステキな夜!
QUEENが一夜限りのニューヨークになるひと時をご一緒しましょう!!


[PR]
by bar-queen | 2017-10-17 13:28 | Comments(0)

明日(8/27・日)は岸倫仔「犬猫のためのちょこっとチャリティーライブ」です!

明日(8/27・日)はヴァイオリン奏者 岸 倫仔さんによる
「倫仔アコースティックユニット LINN-ZORTA 犬猫のためのちょこっとチャリティーライブ2017」です。

ライブの収益金、CDの売り上げの一部、募金箱に入れてくださった分と、ライブに来られないけど寄付してくださった分全額を、福島の被災地の犬・猫の保護活動のためにフードや医薬品などの救護物資の購 入、または医療費として寄付させていただきます。
という趣旨のチャリティーライヴです!


寄付先は湯本にある
『NPO法人動物愛護団体LYSTA』さんと

『里親募集型保護猫ふれあいサロンOhana』さんです。

【LYSTAホームページ】
http://www.lysta.org/

【Ohanaホームページ】
http://ohana-cat.com/


震災後ずっと福島の被災地の犬・猫の保護活動のための寄付を続ける岸倫仔さん。
今回初めていわきでのコンサートです。
お時間の合う方はどうかお出かけ頂きたい!と切に願っております。

メンバーの皆さんのプロフィールをご覧ください!
素晴らしいミュージシャンによるステキなひと時をお楽しみください!!


---------------------------------------------------
こちらは岸倫仔さんのブログから・・・

7/11のLYSTAのブログにも載せてもらっています!

ライブ終演後に東京など地方に帰れる時間帯を設定しています。
寄付先の一つである「LYSTA」のボランティアに行かれたあと、
また、二つ隣の湯本駅そばにオープンした、保護猫とのふれあいサロン「Ohna」に寄ってからライブに来られるコースも良し!
いわきには「ハワイアンリゾート」などもありますし、他に日帰り温泉もあるそうです。
ご旅行のついでにライブはいかがでしょうか?
私もただいま、いわき情報収集中〜!
猫とのふれあいサロン「Ohana」に寄らせてもらうのが今から楽しみです。
サロンの様子はこちら
透明キャットウォークを歩く猫たちの肉球を下から見られるんだって・・きゃ~!
「湯本」駅そばには無料の足湯温泉などもあるそうで・・

支援先「かつらお動物見守り隊」(ブログはこちら)のメンバー、TOKUさんのブログ「にゃんにゃん猫にゃん」もご覧ください。
7/20のライブのことやいわきでのライブの8/27のことも書いてくれています。
いわきまでライブに一人で行くのは・・という方、このページで日帰りツアー参加者募集してます!
---------------------------------------------------
d0115919_03301793.jpg
■8/27(日)
■岸倫仔(vil)
倫仔アコースティックユニットLINN-ZORTA 犬猫のためのちょこっとチャリティーライブ2017
■開場14:30/開演15:00
■¥3,700(D別)
メンバー
岸 倫仔 (Violin&Vocal)
円山 天使(Guitar&Chorus)
中道勝彦(Keyboards)
沼 直也(Drums)


■岸 倫仔(Violin)

https://linnnkokishi.wixsite.com/mysite
4月2日大阪府吹田市生まれ。O型。5歳よりピアノを始める。
既にこの頃より作曲を始める。8歳よりヴァイオリンを習い始める。

国立音楽大学器楽科(ヴァイオリン専攻)在学中に「LINN-TETRA」の母体というべきバンドを結成する。
ヴォーカル、ヴァイオリン、キーボードを担当し、自らの曲の発表の場としてライヴ活動を開始する。
大学卒業後、ライブハウスでのサポートを皮切りに、1994年中村雅俊in武道館にて初の大舞台を踏む。
1996年より木根尚登「TALK&LIVE」においては、コーラスも兼ねるヴァイオリニストとして好評を得る。
以降、ストリングスセクションのメンバーとしてはもちろん様々なアーティスト(峰さをり、石丸幹二、今井麻美など)のライブ、コンサート、オペレッタ、ミュージカル(『ナイン』『道化の瞳』『シャーロックホームズ』『ライムライト』)にソロヴァイオリニストとして出演する。
レコーディングにおいてもCM(ソフトバンク・サッポロビールなど)、映画(アンフェア・レイトン教授など)のサウンドトラック、そして多くのアーティスト(福山雅治・宇多田ヒカル・浜崎あゆみ・いきものがかりなど)、舞台作品に参加している。
ヴァイオリニスト以外としても楽曲提供、サウンドロゴなどのスタジオヴォーカリスト、ブライダルミュージックのプロデュースや編曲、ESPミュージカルアカデミーヴォーカルコースにおいてイヤートレーニング、サブキーボードの講師などの経歴がある。
またメンタル心理カウンセラーの資格を取得し、カウンセリングを行う。
2013年10月UTAKAIプロデュース『美しき魔女たち』で舞台女優デビュー。好評を得る。

現在、東京音楽芸術学園の弦楽科コース主任講師として後進の指導にあたり、心理カウンセラーとして『カリキュラム・アドバイジング』の授業を担当している。
ミル音楽教室主宰。ヴァイオリンとピアノ・ソルフェージュのレッスン、女性のためのカウンセリングを行っている。
自身の音楽活動においては、現在までに4枚のすべてオリジナル楽曲のソロアルバムを発表し現在も好評発売中。
一部のプログレッシブ・ロックファンにとどまらず、幅広いリスナーに高く評価され、ラジオ、テレビなどで使用されている。
現在もレコーディングやアーティストサポート等を行いながら、LINN-TETRAのリーダーとしても、またアコースティックユニットLINN-ZORTAでもライブ活動中。

2011年1月末、18年半連れ添った愛猫を亡くしたのをきっかけに日本の犬猫の惨憺たる現状を知ることとなり、愛護活動の一環として“出来ることから”をモットーに、有志プロ音楽家が出演し様々な職業の仲間達がボランティアスタッフとして参加するチャリティーコンサートを企画&実施するグループ『Nyan-PEACE』を立ち上げ、主宰。
2011~2017年2月末までで被災動物を救うために、5回行ったチャリティーコンサートからの寄付、収益の一部を寄付した自身のライブ、CDの売り上げからの総寄付金額は1,529,016円にのぼる。

アグレッシブなエレキヴァイオリンの演奏を得意とするが、必要とされれば、 全くの一人でもアコースティックヴァイオリン1本で演奏してくる気概のもとに演奏活動を行っている。


■円山 天使(Guitar)
https://www.facebook.com/tenshi.maruyama?hc_ref=NEWSFEED
http://maruyama-tenshi.seesaa.net/
1970年生まれ。新潟出身。
ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー、Sphinxバンドマスター。
ロックバンド「SPONGE」で、CLIP RECORDよりデビュー。
解散後、アレンジ、レコーディング、ライブサポートなどの活動が活発に。
現在、藤木直人バンドのバンドマスターとして活躍中。
楽曲への深い理解と、ヴォーカリストの歌に寄り添うギタープレイは、数多くのギタリストの中でも郡を抜いており、年々活躍の場が広がっている。


■中道 勝彦(Keyboards)
http://nacome.sakura.ne.jp/
1971年東京都生まれ。
幼少期はLAで過ごし、帰国後7歳でエレクトーンを始める。
学生時代からCM、ラジオのジングル、BGM などの制作を始め、その後、キーボード演奏に活動の重点を置き、神崎ひさあき、松山千春、ParisMatch、中西保志、辺見えみり、山下徹大、穴井夕子、Soul Lovers 等ライブ サポート、阿川泰子、SMAP、織田裕ニ、ケツメイシ等のレコーディングに参加、
また ゲーム神宮寺三郎シリーズ、AK Live等への楽曲提供等、幅広い音楽活動を続けている。


■ 沼 直也(Drums)
http://blog.livedoor.jp/numakatche/
沼直也 1971年山口県出身。
14歳より独学でドラムを始め、高校卒業後ジャズドラマー・ジョージ大塚氏に師事。
その傍ら音楽専門学校に通い、アメリカ留学の後、1998年友人のサックスプレーヤー藤原大輔とストリートバンド「Phat」結成。
2002年に東芝EMI blue noteレーベルより メジャーデビュー。
二枚のアルバムと一枚のマキシシングルを発表の後解散。
その後、ストリートライブをメインに打楽器だけのセッションを行ったり、スタジオワークやライブサポートなど幅広く活動。
現在、加藤登紀子のレコーディング・ツアーサポート、 桑山哲也のレコーディング、F.I.B Journal、STOUTのメンバーとして活動中。



[PR]
by bar-queen | 2017-08-26 08:30 | Comments(0)

明日(6/25・日)は日本ロック界レジェンドギタリスト山本恭司バンド「WILD FLAG」です!

明日(6/25・日)のゴッキゲンなLiveは・・・
日本のロック・ギタリストの中で常にトップを走る続ける雄、山本恭司。
日本でも伝説的な存在として名高いハードロック・グループ「VOW WOW」とは別に
彼の新境地を示したバンド「WILD FLAG」は、ハードロック・ファンの間でも大きな存在である。
強力なリズムセクションを司った英二、庄太郎の満園兄弟との抜群のチームワーク!
山本恭司は日本ロックギタリストの頂点を更に極め、遥かにビッグな存在となった一方で、
満園兄弟も方々のセッション活動でミュージシャンとして強靭なタフネスを身に付け、今やベテランの風格を持ったプレーヤーとしてその名を轟かせている。

d0115919_13344341.jpg
■6/25(日)
■山本恭司『WILD FLAG』
■開場14:30/ 開演15:00
■¥4,500(D別)
山本恭司(G,Vo) 満園庄太郎(B) 満園英二(Dr)

■山本恭司
http://www.kyoji-yamamoto.com/
ハードロックバンドBOWWOWのリーダーでリードギター&ボーカル。
豪快で圧倒的なサウンドとギターテクニックによりジャパニーズ・ヘヴィーメタル・ムーブメントの先駆けとなった。
デビュー当時はキッスやエアロスミスとのツアーが大きな話題を呼び、その後ロンドンをベースにヨーロッパで3年以上活動、イギリスでチャートインするなど海外での評価も高い。
また、バンド活動以外にもギター・インストゥルメンタル・アルバムのリリースや矢沢永吉のツアーへの参加、ジャズ・フュージョン系ミュージシャンとも数多く共演するなど、幅広い音楽活躍を行っている。
音楽学校メーザー・ハウスの講師としても活躍。


■満園 庄太郎(みつぞの しょうたろう)ベーシスト
http://www.shotaromitsuzono.com/
20歳の時に山本恭司の目にとまりWILD FLAGでデビュー。
その後B'zのサポートメンバーとしての活動をはじめとし、BOW WOW 、flow-warでのバンド活動や、BREAKERZのレコーディング等、数多くのアーティストのサポートをこなしている。
1970年6月17日生まれ。愛知県犬山市出身


■満園英二(Dr)
http://ameblo.jp/5555-0414/
WILD FLAG、BOW WOW、EXCITE3、SADS他で活動の後、The DUST'N' BONEZを中心にさまざまな音楽シーンで活動中。
音楽学校メーザー・ハウスの講師としても活躍。


■山本恭司さんと、満園兄弟によるWILD FLAGが放ち続ける魅力に迫ってみた密着レポートです!
http://www.beeast69.com/feature/29362

[PR]
by bar-queen | 2017-06-24 13:35 | Comments(0)

今夜(5/30・火)はNYからの来日ツアー「クニ三上ピアノトリオ」です!

今夜19:00~のQUEENは…
ニューヨーク在住44年。
ライオネル・ハンプトン楽団最後の専属ピアニスト、デューク・エリントン楽団でも演奏する、クニ三上さんの来日コンサートです!


ニューヨークの香りたっぷり
静かに熱くスゥイングするジャズ
本物の演奏を、目の前で楽しもう
ニューヨークのピアニストがやってくる
Kuni Mikami from New York

d0115919_04373506.jpg
■5/30(火)
■クニ三上ジャパンツアーfrom NY
■開場18:30 / 開演19:00
■¥4,000(D別)
■クニ三上(Pf)林正男(b)木村 紘(ds)ゲスト:暖みえこ(vo)


ジャズの名曲の数々を、軽妙なおしゃべりを交えてお送りする楽しいステージは、子どもから大人まで楽しめます。
個性的なアレンジとハーモニー、美しい音色とテクニックはジャズファンだけでなく、クラシックファンやオーディオファンをも魅了しています。
ゲストにジャズヴォーカリストの暖みえこさんが出演します!!


いつものQUEENが、ニューヨークのジャズクラブになってしまう 夢のようなひと時です!
是非ご一緒しましょう!!

[PR]
by bar-queen | 2017-05-30 08:30 | Comments(0)


いわき駅前にあるライヴハウスです。月に数回大人の為のプロライヴを企画しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
外部リンク
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
フォロー中のブログ
最新のコメント
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
ご担当者様 ..
by eva at 23:58
また来て頂きます。 次..
by bar-queen at 10:28
仕事で行けズ・・・。 ..
by YOP at 13:18
はじめまして! 「竹原..
by 徳之島から at 19:27
加藤さん、今晩もお世話に..
by Z at 00:49
tommy828様 こ..
by bar-queen at 12:38
日曜日は楽しい時間をあり..
by tommy828 at 16:52
こんにちは。平成23年1..
by 清野 at 13:42
メモ帳
最新のトラックバック
venusgood.co..
from venusgood.com/..
venuspoor.com
from venuspoor.com
venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
Bluesに浸ってみませ..
from ブルースを歌い旅するアントニ..
桜塚やっくん 最新情報 ..
from Nowpie (なうぴー) ..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧